CAMP

当社は人間性の尊重と社会における人材の育成を企業の社会的責任ととらえています。そして、こどもたちの育成においても積極的にその責任を果たしていくため、社会貢献活動「CAMP」を続けています。

CAMP Children's Art Museum & Park

詳しくはこちら

CAMPとは

CAMPは、ワークショップを通して、こどもたちの「共に創る力」を育む活動です。こどもたちは、ワークショップの創作体験や共同作業、作品の発表を通じて、楽しみながら自分に合った表現方法を見つけ、コミュニケーションの輪を広げていきます。

東京・晴海にある「CAMPスタジオ」をはじめとして、日本各地のSCSKグループの拠点で開催しており、ワークショップを支えるスタッフ(ファシリテーター)には、多くの社員がボランティアとして参加しています。

プログラムは、オリジナルで開発しているもののほかに、国内外のアーティストや研究者、企業・団体とのコラボレーションによっても生まれています。また、ワークショップの開発・評価やファシリテーター養成の方法、ワークショップにまつわる知的財産の尊重と活用など、こどもたちがいつでも良質なワークショップを体験できる社会の実現を目指して、調査研究活動にも積極的に取り組んでいます。

CAMPワークショップ開催実績(2001年4月~2019年3月)

  CAMP あちこちCAMP
開催回数 参加人数 開催回数 参加人数
合計 856 17,652 268 4,265

※あちこちCAMP:CAMPワークショップの普及活動です。CAMPワークショップをパッケージ化し、全国のミュージアムや学校、各種団体に提供しています。

社員参画

CAMPの活動は、日本各地のSCSKグループの拠点にも広がり、各拠点の社員有志が「ファシリテーター」となって、CAMPワークショップを運営しています。ワークショップにファシリテーターとして参加することが、多くの気づきや充実感を得る機会となり、社員自身の成長やモチベーションへとつながっています。

共同開発・共同研究

事例1 東京大学情報学環・山内研究室

「CAMPワークショップの長期的な効果を評価する研究」

東京大学大学院情報学環・山内研究室と共同で、大学生や社会人になっているCAMP卒業生を対象にインタビューを行い、CAMPワークショップに参加した長期的(数年から10年)な効果を評価する研究を行っています。

CAMPワークショップ参加によって期待される効果

  • 新しい世界に対する好奇心の醸成
  • 自分が好きなこと、やりたいことの種の発見
  • 成果よりもプロセスにこだわりを持つ、楽しむ
  • キャリアへの直結
  • 初対面の相手とのコミュニケーションスキルの向上
  • プレゼンテーションへの慣れ
  • チームや組織におけるリーダーシップの発揮

山内祐平研究室との共同研究成果

事例2 特定非営利活動法人Collable

2014年度より、特定非営利活動法人コラブルと「障がいを持つ子持たない子も一緒に楽しめる場づくり」の研究を行っています。2016年度には、共同で新しいワークショップ「CAMPフリフリすごろわワークショップ」を開発、2018年度のキッズデザイン賞を受賞しました。

ワークショップレポート

その他共同開発・研究実績

詳細は「CAMP」のサイトをご覧ください。

その他共同開発実績

その他共同研究実績

活動拠点

  • CAMPスタジオ(SCSK晴海オフィス)
  • その他活動拠点
    • SCSK中部オフィス
    • SCSK北浜オフィス
      • 東京大学情報学環・福武ホール
      • 秋葉原ダイビル

その他グループ会社が主体となり、全国各地で開催しています。

写真:CAMPスタジオ(SCSK晴海オフィス)

写真:CAMPスタジオ(SCSK晴海オフィス)

受賞履歴

メセナアワード2013 受賞

2013年11月、公益社団法人企業メセナ協議会による「メセナアワード2013」において、当社グループの社会貢献活動CAMPが社会創造の実践活動として高く評価され、「学びの玉手箱賞」を受賞しました。

キャリア教育アワード 奨励賞 受賞

文部科学省、厚生労働省、経済産業省の共同主催による「平成26年度キャリア教育推進連携シンポジウム」内で「第5回 キャリア教育アワード表彰式」が開催され、当社グループの社会貢献活動CAMPが、大企業の部で「奨励賞」を受賞し表彰されました。

※「キャリア教育アワード」とは
「キャリア教育アワード」は、産業界による優れた教育支援活動の取り組みとその効果を広く社会で共有し、こうした活動を奨励・普及・促進することを目的として、企業や経済団体による教育支援の取り組みを公募し、優秀と認められる事例を表彰するものです。

その他受賞履歴