USiZEシェアードモデル(千葉・三田)

上場企業をはじめとした基幹系システムに豊富な実績
ITインフラ環境の全体最適化を実現する高信頼のマネージドクラウドです

  • ERP等の基幹系システムをクラウド上にのせたい

  • データの物理的な所在は把握しておきたい

  • メイン環境と同様のDR環境が必要なシステムがある

国内最高レベルのファシリティを備えるデータセンター上に、稼働率99.99%以上の実績を誇るアーキテクチャと運用体制を持った高信頼マネージド型クラウドサービスです。金融機関のお客様への実績ならびに上場のお客様の会計システムをはじめとした基幹系システムにも多数の実績があります。東西のデータセンターの活用により、平常時のランニングコストの抑制と有事の際の実効性を持ったディザスタリカバリ環境を実現します。

稼働率99.99%以上の高信頼クラウド

SCSK独自の仕組みと長年の運用経験を活かし、高い信頼性を実現しています。

安心・安全なサービスを支える仕組み

基本運用をセットにしたマネージド型

本番システムで求められる基本運用がセットになっているため、運用の個別見積りが不要です。

基本運用サービス

ERPのプラットフォームに最適

グローバルで広く使用されているSAPや、SCSKのERPであるProActiveについて、高いパフォーマンス・高可用性での稼働を実現しています。

SAPによる認定

「SAP認定ホスティングサービスプロバイダー」および「SAP認定クラウドサービスプロバイダー」

SCSKは、ホスティングサービスおよびクラウドサービスを用いたSAPソリューションの高度な提供能力を認められ、「SAP認定ホスティングサービスプロバイダー」および「SAP認定クラウドサービスプロバイダー」の認定を取得しています。

ERPマネージドパッケージサービス

導入実績豊富な超寿命ERP「ProActive」をプラットフォーム運用を含めて提供するサービスです。ProActive x USiZE

ERPマネージドパッケージサービス(PDF: 563KB)

[図] ERPマネージドパッケージサービス

安心・安全なサービスを支える仕組み

システム

VMwareのトータルなナレッジを蓄積、安定稼働を提供

万一のシステム障害やトラブルに備え、クラウドを構成する機器やソフトウェアのベンダと協力して、原因究明を行う体制を整えているほか、全ての機器は、十分な冗長性を持たせ、安定的なサービスの提供を図っています。
仮にハードウェア障害が発生した場合は、HA機能を使用してリソースに余裕のある物理サーバに自動的に移行し、仮想マシンは約5分で再起動します。また、予兆監視による手動vMotion運用で、ダウンタイム無しの切り替えを実施します。さらに、IO性能監視により、異常なバーストトラフィックの制限を実施することで、性能面を担保しています。仮想基盤は全世界で使用されているVMware製品を中心に構成され、SCSKでは、VMwareの構築、移行、運用のナレッジを蓄積し、安定稼働を実施しています。

VMware認定プロバイダー

SCSKは、VMware認定サービスプロバイダーです

運用

Webポータルでクラウド運用可視化

国際標準規格のITILベースの運用管理によってPDCAサイクルを回し、IT基盤を継続的に改善します。お客様専任のサービスマネージャが、運用基盤からモニタリングしたお客様の運用状況ログを分析し、より最適なIT基盤への改善を行います。また、サービスの運用状況は可視化しており、お客様はGUI画面で確認することができます。

  • ※ サービスマネージャのご契約は個別相談です
  • ※ Information Technology Infrastructure Library
    英国政府が策定した、ITサービスマネジメントにおいてのベストプラクティスが
    まとめられたもの
[図] Webポータルでクラウド運用可視化

高機密性

SCSKのデータセンターは、ファシリティの信頼性に加えて、優れた設計思想に基づくシステムアーキテクチャ、サービス運営の面においても高い機密性を実現しています。

システムアーキテクチャにおける機密性

仮想マシンの機密性

USiZEは、ビジネスデータの安全な運用に応えるため、機密性と可用性の高いコンピューティング・リソースの保護を達成しています。

  • 同一基盤上で動作している仮想マシン同士は安全に
    隔離されます。
  • サーバ仮想化技術(ハイパーバイザ型)を用い、CPU、メモリ、ネットワークのリソースを分離しています。
  • 同一筐体で稼動しているサーバのリソース利用を適切に制御/制限しています。
[図] 仮想マシンの機密性
ネットワークの機密性

ネットワーク仮想化技術は、物理ネットワークに論理分割を実施することで、設備を増やすことなくネットワークの割り当てを可能にします。USiZEでは、仮想ネットワークにも最適なセキュリティ対策を実施し、高機密性の確保を実現しています。

  • 提供するネットワークは、お客様ごとに分離されます。
  • お客様ごとに物理ネットワークポートをご提供し、同一基盤上では、VLAN技術を用いて、お客様ごとの個別ネットワークセグメントをご提供します。
[図] ネットワークの機密性
ストレージの機密性
  • サーバ仮想化技術(ハイパーバイザ)を用い、仮想サーバに割り当てたディスクボリュームが他の仮想サーバから参照できないように、制御しています。
  • サービスご利用終了後は、速やかにデータ消去およびディスクボリューム削除を行います。
[図] ストレージの機密性

サービス運営における機密性

ITILに準拠し、徹底化されたサービス運営品質方針の元、継続的な改善活動や教育訓練、第三者による評価を実施しています。
情報セキュリティにおける社内教育については、当社の全社員および当社業務に従事する関係者が、基本方針を含む「情報セキュリティマネジメントシステム」を理解・共有すべく、「情報セキュリティ/個人情報保護講座」の実施など、教育を徹底しています。

公正な事業慣行への取り組み

当社並びにデータセンターにて取得している主な認証
  • ITサービスマネジメントシステム(ITSMS)JIS Q 20000-1 ISO/IEC 20000-1
  • 情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)JIS Q 27001 ISO/IEC 27001
  • 品質マネジメントシステム(QMS)JIS Q 9001 ISO 9001
  • 事業継続マネジメントシステム(BCMS)JIS Q 22301  ISO 22301
  • プライバシーマーク11820015

2004年のサービス開始以来、サービス運営上の情報漏えい事故はございません。

データセンター

国内最高レベルのファシリティ

JDCCティア4※1およびFISC基準※2に準拠しており、自然災害に強く、セキュリティに優れたデータセンターnetXDC上で運営しています。ハウジングをはじめ、多くのお客様にご利用いただいています。システム監査対応として、現地への立ち入りにも対応可能です。

  • ※1 日本データセンター協会(JDCC)が定めるファシリティ基準の最高値
  • ※2 金融情報センター(FISC)が策定する、金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準

DR対応

平常時の維持費用抑制。万一のDR実効性を確保

東西のデータセンターは、24時間365日有人運用体制で稼働。仮想マシン、ストレージ、ネットワークにおけるDR向け特別サービスメニューの提供により、平常時の維持費用を抑制します。東西同一のアーキテクチャのサービスにて、メイン-バックアップの関係で提供が可能で、インフラレベルでのRPO:2時間以内、RTO:24時間以内という実効性を実現しています。

DRオプション

[図] DR対応

簡単連携

データセンターと直結したクラウドだからハウジング環境と簡単連携

ハイブリッドクラウドを実現するには、双方をつなぐ回線をはじめ、さまざまな条件が整っている必要があります。シェアードモデルは、ラック環境とクラウド提供基盤が同じため、SCSKのデータセンター内のお客様ラックとクラウド環境をL2接続し、同一LANと同じ感覚で使用できます。

サービスメニュー

USiZEシェアードモデル(千葉・三田)は、基幹系システムの運用にも高い実績のある、長期間安心してアウトソーシングできる高信頼マネージド・クラウドです。豊富なサービスメニューを取り揃え、あらゆるビジネスニーズを最適化します。

メニュー表(PDF: 341KB)

組み合わせて使えるサービス

オプションサービス

ご利用の流れ

[図] ご利用の流れ
  • ※ 仮想環境までのネットワークや個別の構築・運用作業は別期間での調達になります。

ご相談・お問い合わせ

サービスのご説明をご希望の方は、 お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせ資料請求

  • フリーダイヤル | 0800-500-4000
  • 携帯の場合 | 03-6670-2990

受付時間 月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)