運用サービス

クラウド導入後のワンストップな運用サービスで、
運用コストの削減管理部門の負荷の軽減に貢献しています

エンタープライズにおけるクラウド活用において、業務システムの安定のために運用管理は不可欠です。煩雑な運用管理や機器メンテナンスをアウトソーシングすることによって、担当者の手間を劇的に減らし、本来の業務に時間を割り当てることができます。 USiZEでは、SCSKがもつ豊富な運用ノウハウと実績をベースに、運用サービスをメニュー化して提供しています。必要なITインフラの可用性レベルに合わせて、お客様ニーズに最適な運用サービスを選択することができます。

[図] 運用サービス

基本運用サービス

USiZEシェアードモデル(千葉・三田)の標準メニュー価格に含まれる運用サービスです。エンタープライズシステムに必要な窓口・依頼対応・監視通報・障害対応に加え、お客様の要望に応じて、個別運用サービスを追加することもできます。基幹系システムに最適なサービスです。

USiZEシェアードモデル(千葉・三田)に標準実装

USiZEシェアードモデル(千葉・三田データセンター)の仮想マシン利用料に、本番システムに求められる基本運用が含まれているため、運用費用を別途見積もる必要がありません。

豊富な運用メニュー

基本運用のほか、個別に選択できるメニューを幅広く取り揃えています。お客様個別の要件にも幅広く対応できます。

24時間365日の運用監視・障害対応

SCSKデータセンターでは24時間365日の監視運用を実施しています。ITILベースの運用管理を行い、運用状況はwebポータルを通してお客様も確認することができます。

[図] 基本運用サービス
ポータル 運用可視化ポータル
窓口サービス 受付窓口(メール/電話)
依頼対応 仮想マシン関連(追加/削除・電源OFF/ON・クラス変更、CD/DVD-ROMマウント、サーバ専有化)
仮想ストレージ関連(ボリューム追加/削除・容量拡張/縮小)
バックアップ関連(スナップショット世代追加・物理コピーバックアップ・取得時間帯変更・リストア)
監視通報 可用性監視(応答)各サービス使用ポートのTCP接続可否を監視
可用性監視(状態)プロセス稼働・Windowsサーバの稼働・ログ、SSL証明書期限を監視
キャパシティ監視(CPU・メモリ・スワップ容量・ディスク空き容量・ロードアベレージ監視)
セキュリティ監視(セキュリティイベント、セキュリティログの監視)
障害対応 障害対応(基本)仮想マシンの電源OFF/ON ※追加で個別運用可能

パブリッククラウド運用サービス

USiZEパブリッククラウドモデルご利用時の監視・運用を、SCSKが行う月額サービスです。SCSK運用センターが24時間365日の監視運用を行います。お客様のご要望に応じて、監視項目および運用対応レベルを選択することができ、グローバルクラウド導入時のお客様の運用負担を、大きく軽減します。

[図] パブリッククラウド運用サービス
監視概要
パブリック監視サービス 基本監視サービス CPU/メモリ/ディスクの性能監視(警告閾値:80% エラー閾値:90%)
【Windows】イベントログのアプリケーションログ・システムログの警告・エラー
【Linux】/var/log/messagesのワーニングとエラー
ICMP監視
パブリック監視オプションサービス カレンダーオプション 定例的に監視を停止するなどの対応を取る必要がある場合、お客様指定スケジュールに則り、監視を停止・開始する。
例)毎月第3木曜日の20:00~22:00を監視停止
URL監視 指定のURLにHTTPもしくはHTTPSでHEADアクセスし、5回連続で応答コード200が返らない場合、エラーとして検知する。
URLレスポンス監視 指定URLへアクセスし、レスポンスが返ってくるまでの時間を閾値とする。
毎分アクセスし、5回連続でレスポンスが閾値を超えた場合にエラーとして検知する。
Port監視 指定TCPポートの疎通を毎分確認し、5回連続失敗した場合エラーとして検知する。
サービス監視 指定Windowsサービスのステータスを監視する。
個別イベントログ監視 指定Windowsイベントログの監視をする。
ログ監視 指定したログファイルを監視する。
個別プロセス監視 指定プロセスが起動されているかどうかを監視する。
ProviderNotify監視 AWSの場合、CloudWatchの監視イベントも一緒に管理できるようになります。
Azureの場合、Azureの監視イベントも一緒に管理できるようになります。
監視ツールでは、取得できないプロバイダならではの監視イベントを検知できます。
オペレーションサービス
(オプション)
イベント発生通知 運用センターで監視イベント検知後30分以内に指定連絡先に電話連絡する。
リアクティブ対応 監視イベントを検知した後に、指定手順書に則りオペレーションを実施する。
1オペレーション15分以内
SPOCサービス
(オプション)
SPOC基本サービス お電話での依頼/問合せ受け付けを行う。(対応時間:平日9:00-17:00)
特別業務オプション 電話対応以外の申請に対する定型的な対応、作業、および申請に関するサポートを実施する。

ジョブ管理サービス USiZE Job Centric

システムで処理する業務の多様化・複雑化がますます進む中、業務運用を効率化するには、定型業務を自動化し、効率的に処理することが求められます。USiZE JobCentric(ジョブセントリック)は、ジョブ管理ソフトウェアで実績多数のJP1ライセンスとジョブ運用がセットの月額従量サービスです。ジョブ管理をクラウド上にも拡大することで、お客様の運用負荷を軽減します。

月額従量でジョブ管理機能(JP1ライセンス)を利用可能

ジョブ管理ソフトウェアで国内トップクラスの提供実績を誇る「JP1/Automatic Job Management System 3」ライセンスを、USiZEで提供する仮想サーバのリソースに応じた月額従量課金で利用できます。管理マネージャ(ビューコンソール含む)、管理エージェント、SAP ERP連携マネージャをご提供します。 ※管理マネージャ、ERP連携マネージャは、USiZEシェアードモデルのみで提供

複数クラウドのジョブを統合管理

USiZE全てのモデル(プライベートモデル・シェアードモデル・パブリッククラウドモデル)でエージェントの導入が可能です。ハイブリッド環境において、ジョブの統合管理を実現します。

テンプレート活用で設計作業簡素化

ジョブ実行エラー時の対処パターンが含まれたジョブ設計基準の提供により、お客様によるジョブ設計作業を簡素化できます。この設計基準には、ジョブ実行エラー時の対処パターンが含まれています。ジョブ障害発生時、後続ジョブの自動スキップやリカバリジョブ自動実行などにより、夜間などの障害発生直後の対応をなくすなど、お客様の運用負荷を軽減することができます。

[図] ジョブ管理サービス
サービス名 USiZE 課金単位
シェアード
モデル
パブリッククラウド
モデル
プライベート
モデル
ジョブ管理マネージャ ジョブスケジュール管理マネージャ
(ビューコンソール含む)提供
ジョブ管理サーバ毎
ジョブ管理
エージェント
仮想サーバ用エージェント提供(1~2core) ジョブ管理サーバ毎
仮想サーバ用エージェント提供(3~4core) ジョブ管理サーバ毎
仮想サーバ用エージェント提供(5~6core) ジョブ管理サーバ毎
仮想サーバ用エージェント提供(7~8core) ジョブ管理サーバ毎
仮想サーバ用エージェント提供 ジョブ管理サーバ毎
物理サーバ用エージェント提供 ジョブ管理サーバ毎
ERP連携マネージャ SAP ERP連携マネージャ提供(1サーバ目) ERP連携サーバ毎
SAP ERP連携マネージャ提供(2サーバ目以降) ERP連携サーバ毎
監視通報 ジョブ実行結果の監視通知(メール) ジョブ管理サーバ毎
ジョブスケジュール管理ツールの監視通知(メール) ジョブ管理サーバ毎
障害対応 ジョブ実行の障害対応(基本) ジョブ管理サーバ毎
ジョブ実行の障害対応(個別) ジョブ管理サーバ毎
ジョブスケジュール管理ツールの障害対応 ジョブ管理サーバ毎

ご相談・お問い合わせ

サービスのご説明をご希望の方は、 お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせ資料請求

  • フリーダイヤル | 0800-500-4000
  • 携帯の場合 | 03-6670-2990

受付時間 月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)