ネットワークサービス

耐障害性に強くコストダウンも可能にするマルチキャリア対応と、
使いやすさとスピーディな開通を可能にしたクローズド・ネットワークを提供します

クラウドの活用に欠かせないのが、柔軟なネットワーク環境です。 USiZEのサービス基盤であるSCSKデータセンターnetXDCは、マルチキャリアに対応しており、インターネットから閉域網・専用線まで、複数キャリアの通信サービス・通信方式に対応しています。また、標準で二重化された閉域網接続サービス「USiZE Connect」では、ネットワークの可用性や安全性の確保はもちろん、早期の開通を可能にしています。
※利用回線により、別途ハウジングスペースなどが必要となる場合がありますので、詳細についてはお問い合わせください。

[図] ネットワーク環境

マルチキャリア対応

特定の電気通信事業者に依存しないマルチキャリア対応のため、耐障害性に強いネットワーク構築が可能です。また、さまざまなネットワークサービスにも対応していることから、コストや品質など、お客様のニーズに応じたネットワークを提供しています。お客様拠点とUSiZE環境の接続方法についても、システムの特性や要件に応じて柔軟に選択することができます。

[図] マルチキャリア対応

※インターネット接続は、USiZEシェアードモデル(netXCloud)、USiZEパブリッククラウドモデルでは標準で利用できます。

ネットワーク仮想化を用いたサービス提供基盤
ネットワークやセキュリティ機能を必要な時に必要な分だけオンデマンドで利用いただけるプラットフォームを整備

ネットワーク仮想化技術を用いて、複数のデータセンターとネットワーク環境を統合し、ネットワークサービスを迅速にご提供できる仮想化基盤を整備しました。高品質なネットワーク・セキュリティ機能を、お客様が使いたい時に使いたい分だけ、スピーディにご利用いただけます。また、データセンターからお客様拠点までのネットワークのエンドツーエンドマネジメントサービスを提供します。
クラウド時代に求められるアジリティ、コストメリット、スケーラビリティを兼ね備えたネットワークサービスで、お客様のIT投資の最適化に貢献します。

[図] ネットワーク仮想化を用いたサービス提供基盤

Cisco社の基盤構築の事例ページへ

クラウドのように、ネットワーク・セキュリティ機能も使いたい時に使いたい分だけ利用しませんか?
USiZE Virtual NW Service

  • クラウドのようにネットワークも
    オンデマンドで使いたい。

  • ネットワークは企業システムの要。
    安定性は譲れない。

  • ネットワーク機器のお守りが大変。
    一元化したい。

バーチャルネットワークサービス USiZE Virtual NW Serviceは、ネットワーク仮想化基盤上に、お客様専用のネットワーク環境を作成し、高品質なネットワークやセキュリティ機能をオンデマンドでご利用できます。必要な時期だけ必要な帯域・性能を活用いただくことで、お客様のIT投資の最適化に貢献します。

[図] USiZE Virtual NW Service

※その他のネットワーク・セキュリティ機能も順次リリース予定です

ネットワーク機能を必要な時に必要な分だけ

1か月単位の課金のため、必要な機能を、必要な時に必要な分だけご利用できます。vLBではスループット性能増減速にも対応し、データ移行時の増速化等、必要な時期だけ必要な性能をお使いいただけます。

最短3営業日でお引渡し

通常、回線開通や機器調達により、構築完了までに数か月要する所、最短3営業日で環境のお引渡しが可能です。
ビジネスのスピーディな展開に合わせた環境構築を実現します。

お客様個別の堅牢な環境

仮想化基盤上に、お客様個別に専用の環境を構築します。また、機器・設備・敷設ルートはすべて完全二重化されており、障害発生時には自動的に切り替わります。また、 24時間365日体制のシステムマネジメント(運用・監視・障害対応)で、お客様システムの安定稼働を支えます。

サービスメニューはこちら

データセンターからお客様拠点までのネットワークをEnd to End で柔軟にマネジメント
USiZE Connect SD-WAN

USiZEやデータセンターが提供する各種サービスと、お客様拠点を接続するネットワークサービスです。広域WANとUSiZEのネットワーク仮想化基盤をシームレスに連携することで、USiZEをはじめとした各種サービスに接続するアクセス回線帯域の拡張と、論理回線毎の帯域制御をオンデマンドで提供します。

[図] USiZE Connect  SD-WAN

柔軟な帯域制御でネットワークコストを削減

帯域変更に3営業日で対応し、課金は1日単位で変更します。これにより「緊急アップデート配信のため、一時的に帯域を拡張したい」「重要な通信は他の影響を受けないように帯域制御したい」等のニーズに応じて、柔軟に帯域を変更できます。回線帯域の利用効率の向上と通信コストの削減を実現します。

拠点別・システム別に独立したネットワーク環境をご用意

1本の引込回線に、複数の仮想ネットワークを作成できるため、アプリケーション毎にネットワークを構築する必要がありません。お客様環境の機器の追加やLAN構成の変更なしに、仮想ネットワークの追加や設定変更が可能です。拠点毎にネットワークを分けたい、システム毎に回線を分けたいといったニーズにお応えします。

運用負荷を軽減するネットワーク・マネジメント

回線開通、運用(監視・障害対応、帯域コントロール、仮想NW構築)、さらに、改善活動(トラフィック収集、分析、定例会) SCSKが代行して設定します。これまでネットワークの運用にかかっていた運用工数を削減できます。

気軽に閉域網を使いたいお客様に最適
月額従量の閉域ネットワークサービス USiZE Connect

USiZE Connect(ユーサイズコネクト)は、USiZE環境とお客様環境をセキュアに接続するサービスです。メニューは、「回線帯域や帯域確保あり/なし」の複数メニューから選択することができ、帯域増減も1か月単位で変更することができます。最短1か月からの利用が可能なため、気軽にかつ柔軟に閉域ネットワークを利用することができるサービスです。

1か月からの短期利用・帯域増減対応で回線コストを効率化

通常、閉域網の構築には納期まで数か月を要するのに対し、USiZE Connectでは、申し込みから開通まで15営業日で実現します。また、1か月単位の利用が可能なことに加え、回線帯域増減速にも対応しています。テスト用などの一時利用やデータ移行時の増速化など、必要な時期だけ、必要な帯域幅だけを利用できます。

高い信頼性

SCSKのネットワークサービスの設備・回線はすべて冗長化されており、障害発生時には自動的にフェイルオーバーを行います。万が一のシステム障害発生時にも、ほとんど中断の心配がないサービスの提供により、お客様は安心してクラウドサービスを利用することができます。

ハイブリッドクラウドを促進

パブリッククラウドとの閉域接続により、プライベート環境とのハイブリッド利用を促進します。インターネットなど公衆ネットワークにエントリーしないことで、パブリッククラウド基盤をよりセキュアな通信環境で活用することができます。

[図] USiZE Connect

メニュー品目

サービス名 帯域/サービスレベル 適用サービスモデル 備考
USiZE Connect for netXDC 5Mbps USiZE シェアードモデル
(千葉データセンター/三田データセンター)
一部帯域確保のベストエフォート
10Mbps (1Mbps確保)
100Mbps(10Mbps確保)
300Mbps(30Mbps確保)
USiZE Connect for AWS 10-100Mbps (10Mbps単位で選択可) USiZEパブリッククラウドモデル(AWS)
100-1000Mbps(100Mbps単位で選択可)
USiZE Connect for Microsoft Azure 10/50/100/200/500/1000 Mbps USiZEパブリッククラウドモデル(Microsoft Azure)
USiZE Connect for Mobile ベストエフォート スマートフォン、タブレット、モバイル端末 [標準提供]
  • 認証機能
  • ユーザ管理機能
  • ユーザ管理ポータル

ご相談・お問い合わせ

サービスのご説明をご希望の方は、 お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせ資料請求

  • フリーダイヤル | 0800-500-4000
  • 携帯の場合 | 03-6670-2990

受付時間 月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)