ハイブリッドクラウド

クラウドありきではなく、お客様のICT資産併用も考慮しながら、
柔軟な構成のハイブリッドクラウド環境を構築します

ハイブリッドクラウドとは、パブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスといった環境を自社の業務特性に適した形で組み合わせ、最適なインフラ環境を構築・運用する考え方です。「クラウドファースト」といわれるように、その利便性やコストパフォーマンスが注目され、お客様がシステム改善を考える際には、まずクラウドを検討する時代になりました。 しかし、すべてのシステムがクラウド化に適しているわけではありません。たとえば、物理的に独立していることが求められるなどのシステムは単純なクラウドには向きませんが、キャンペーンサイトのように一時的なアクセスが集中するような環境では、スケールアウト/アップが容易で、利用した分の従量課金というクラウドのメリットを受けることができます。

組み合わせの最適解=ハイブリッドクラウド

お客様の目的、課題に応じて、さまざまな組み合わせによるハイブリッドクラウドがあります。SCSKでは、オンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドと、すべての領域におけるサービスを提供しています。これらのインフラサービスを自由自在に複合し、お客様のビジネス伸展に向け適材適所のクラウド活用を支援しています。

モビリティ(可搬性)

[図] モビリティ(可搬性)

USiZEは、既存システムからクラウドへの移行やクラウド基盤同士の互換性など、ポータビリティに優れたクラウド基盤サービスです。SCSKが独自に開発したシステムコントローラにより、シームレスなハイブリッドクラウド環境を実現しています。

DR

[図] DR

大きな投資が必要だったDR(災害復旧)対策やBCP(事業継続計画)についても、ハイブリッドクラウドの活用によりダイナミックなコストダウンが実現します。DR対策用のシステムをパブリッククラウドに構築することによって、今までにない低コストかつ短期間で実現を可能にします。

ピーク

[図] ピーク

一時的なピークタイムに合わせたインフラの増強は適切な投資効果が得られません。キャンペーンサイトや季節商品の販売のように、瞬間的・一時的に大量のデータを処理する必要がある場合は従量制課金のクラウドが適しています。繁閑の差が激しいシステムについてはクラウドに移行するなど、ハイブリッドクラウドの活用が正しい選択です。

WEB/AP - DB

[図] WEB/AP - DB

重要度の高いデータを扱いながらも、利用者の増減などに応じ、短期間で迅速なシステム拡張を行いたい場合はWeb/APサーバをパブリッククラウドに構築、DBサーバをプライベートやオンプレミスに構築し、柔軟性と機密性を両立させたハイブリッドクラウド環境を選択することもできます。
(Web/APサーバとDBサーバ間の通信が、距離遅延の影響を受けにくいシステムの場合)

IT環境全体最適

[図] IT環境全体最適

ひとつの企業内においても、その業務内容に応じて、さまざまな特性を持つシステム・データを保有しています。その中でプライベートやパブリック基盤など各クラウドに向くシステムと、オンプレミスやハウジングなど現在の環境のまま残すべきシステムとに識別されます。それらの性質に合致するサービスを組み合わせていくことが、TCO削減についても不可欠であり、最適なインフラ環境を構築するための鍵といえるでしょう。

ご相談・お問い合わせ

サービスのご説明をご希望の方は、 お電話もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。

ご相談・お問い合わせ資料請求

  • フリーダイヤル | 0800-500-4000
  • 携帯の場合 | 03-6670-2990

受付時間 月~金 9:00-18:00(祝日、年末年始、当社指定日除く)