HOME > 製品・サービス > FortiClientソフトウェアダウンロード
FortiClientソフトウェアダウンロード
最終更新日:2017/8/14

お手数ですが、目的に応じたFortiClientソフトウェアをダウンロードください。

What's new
  • 2017/08/14  FortiClient for Windows v.5.4.4, v5.6.0
    FortiClient for MAC v.5.4.4, v.5.6.0の掲載
  • 2017/05/15  SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2333, 5.2.11)の掲載
  • 2017/03/29  FortiClient for Windows 5.4.3
    FortiClient for Mac OS X 5.4.3の掲載
    SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2332, 5.4.4)の掲載
  • 2016/12/27  SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2331, 5.4.3)の掲載
  • 2016/12/08  FortiClient for Windows 5.0.11の掲載
  • 2016/11/11  FortiClient for Windows/Mac OS X v5.4.2の掲載
  • 2016/11/09  SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2330, 5.4.2)の掲載
  • 2016/08/03  FortiClient for Windows 5.2.6
    FortiClient for Mac OS X 5.2.6の掲載
  • 2016/07/21  FortiClient for Mac OS X 5.4.1の掲載
  • 2016/06/30  FortiClient for Windows 5.4.1の掲載
    SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2328, 5.2.8)、
    Build 4.4.2329, 5.4.1)の掲載
  • 2016/04/20  SSL-VPNトンネルモードツール(Build 4.4.2323, 5.0.13)、
    (Build 4.4.2327, 5.2.7)の掲載
    FortiClient 5.4.0 for Windows, for Macの掲載
補助ツール

MIBファイル/Radius dictionaryファイル/FSSOのダウンロード先はこちら

1.種類

FortiClientの種類は以下のとおりです。

(A). FortiClient SSL-VPN トンネルモードツール(SSL Network Driver)

- 概要: SSL-VPNトンネルモード機能の単体ツール
- クライアントライセンス: 無償
- FortiGate側: 同時接続数ライセンスは必要なし (FortiGate保守範囲内)
- 入手先: 本サイト内

※Windows版のみ、本サイトからプログラムを入手しなくてもSSL-VPNポータルサイトへ
接続すると、適切なバージョンをFortiGate本体からダウンロードしてインストール
することができます。
※MAC版(最終Ver.4.0.2300)、Windows版(最終Ver4.4.2333)の開発は終了しました。
Linux版は4.4.2333以降はFortinet Developer Network契約ユーザのみの配布となり
当サイトでは公開されません。
FortiOS v.5.4.5以降、v.5.6以降のお客様はFortiClientをご利用ください。

(B). FortiClient (スマートデバイス用)

- 概要: スマートデバイス(モバイルデバイス)用のVPNツールです
- クライアントライセンス: 無償
- FortiGate側: ”エンドポイント機能を利用する場合のみ” 接続ライセンスがカウントされます。
 エンドポイント機能を11同時接続以上でご利用のとき、”同時接続の制限解除ライセンス”
が別途必要となります。

※IPsec-VPN/SSL-VPNは無償で利用できます。
FortiGateとのVPN通信についてはFortiGate保守内にてサポートしますが、
個々のクライアントデバイスに対するサポートは致しかねます。
そのため、FortiGateとクライアント端末との切り分けは
導入業者様もしくはお客様にてお願いいたします。
- 入手先: iOS版はApple Store、Android版はGoogle Playサイトから取得できます。

(C). FortiClient Premium (4.0MR2系の製品名 ※4.0MR1以前の旧名称: FortiClient Enterprise)

- 概要: 総合クライアント対策プログラム
  (ウイルス・スパム対策、URLフィルタ、F/W、IPsec-VPN、SSL-VPN、エンドポイント)
  ※SSL-VPNはSSL-VPNトンネルモードツールと同じものがバンドルされております。
- クライアントライセンス: サポートなし -> 無償
               サポートあり -> 有償 (※インストールするクライアント台数分)
- FortiGate側: 同時接続ライセンスは必要なし
- 入手先: 本サイト内

※FortiClient Premiumは無償版のStandard版をインストールした後に
ライセンスキー登録するとPremium版(サポートあり)として動作します。
2011年6月末で、Standard版としての無償配布は終了しました。

(D). FortiClient (4.0MR3)

- 概要: VPN接続機能セット版プログラム(IPsec/SSL-VPN/FortiToken連携/エンドポイント)
- クライアントライセンス: 無償
- FortiGate側: ”エンドポイント機能とWAN最適化機能を利用する場合のみ” 接続ライセンスがカウントされます。
 エンドポイント機能とWAN最適化機能を11同時接続以上でご利用のとき、”同時接続の制限解除ライセンス”が別途必要となります。

※IPsec-VPN/SSL-VPNは無償で利用できます。
FortiGateとのVPN通信についてはFortiGate保守内にてサポートしますが、
個々のクライアントデバイスに対するサポートは致しかねます。そのため、FortiGateと
クライアント端末との切り分けは導入業者様もしくはお客様にてお願いいたします。
- 入手先: 本サイト内

(E). FortiClient 5.0GA系

エンドポイントセキュリティ+WAN最適化機能+VPN機能一体モジュール

FortiClientのウイルス対策ソフト、Webフィルタ機能、パーソナル
アプリケーションFirewall機能が強制インストールされます。
このモジュールをインストールする前に、既にシステムにインストール
されている別のウイルス対策やパーソナルファイアーウォールソフトを
アンインストールしてからご利用ください。
異なる常駐系ウイルス対策ソフトが同一システムに同居すると
システムが起動しなくなるなどの不具合が発生する恐れがあります。

VPN機能のみ選択してインストールするには
インストーラのカスタマイズが必要となりますが、
カスタマイズには有償のライセンスキーが別途必要となります。

※SSL-VPNトンネルモードのみをご利用の場合は、
『SSL-VPNトンネルモードのツール』をご利用ください。

(F). FortiClient 5.2系、5.4系、5.6系

エンドポイントセキュリティ+VPN機能一体モジュール
  ※Ver.5.2、Ver.5.4、Ver.5.6はインストールする機能の選択は無償(標準機能)でご利用可能です。

リモートアクセス(VPN)機能のみをご利用の場合は、インストール時に [VPNのみ]を選択してインストールを行ってください。
[完全]を選択すると、常駐ウイルス対策機能やウェブフィルタリンク機能がクライアントにインストールされます。
異なる常駐系ウイルス対策ソフトが同一システムに同居するとシステムが起動しなくなるなどの不具合が発生する恐れがありますので、インストールする機能についてはご留意ください。

なお、リモートアクセス機能を除くエンドポイントセキュリティ機能(FortiGateからのポリシー配布などの一括管理。FortiClientエージェントによるアクセス制御、ウイルススキャンなどのセキュリティ機能)に対するテクニカルサポートには有償ライセンスが必要です。
FortiGateに標準添付されている同時10接続はトライアル版のため、テクニカルサポートは提供されません。

FortiClientとFortiGateのバージョンマトリックスおよびアップグレードバスは
以下サイトのFortiClient Compatibility Matrixガイド、及びUpgrade Pathガイドをご確認ください。

 

2. FortiClient SSL-VPNトンネルモードのツール(SSL Network Driver)のダウンロード

・SSL-VPNトンネルモードツールは、機能追加・修正されたときにバージョンが更新されます。
・ご利用のFortiGate(FortiOS)バージョンに等しいSSL-VPNトンネルツールバージョンが存在しないときは、同一MRバージョンの最新バージョンのものをご利用ください。
・SSL-VPNツールはメジャーバージョン間であれば下位互換があります。
・Windows版のみ、本サイトからプログラムを入手しなくても、SSL-VPNポータルサイトへ接続するときに適切なバージョンをFortiGate本体からダウンロード・インストールできます。

SSL-VPNスタンドアロンツール(トンネルモードツール) バージョン情報

 

3.FortiClient Premium 4.0MR2 ソフトウェアのダウンロード

FortiClient Premiumの動作要件および詳細につきましては各リリースノートをご参照ください。
FortiClient PremiumはWindows版のみの提供となります。

 

4. FortiClient4.0MR3ソフトウェアのダウンロード

FortiClient 4.0MR3でサポートされるFortiGate(FortiOS)は4.0MR3系です。
FortiClient 4.0MR3の動作要件および詳細につきましては各リリースノートをご参照ください。

ライセンスの注意事項

【FortiGate(FortiOS) 4.0MR3 patch4以降】
"エンドポイント機能を利用する場合のみ" 接続ライセンスがカウントされます。
エンドポイント機能を11同時接続以上でご利用のとき、"同時接続の制限解除ライセンス"が別途必要となります。
 ※IPsec-VPN/SSL-VPNは無償で利用できます。

【FortiOS 4.0 MR3(GA〜patch3)】
IPsec-VPN, SSL-VPN, エンドポイント機能ごとに接続ライセンスがカウントされます。
10カウントまでFortiGateに無償バンドルされております。
 ※IPsec-VPN/SSL-VPNは接続ライセンスが別途必要になります。

 

5. FortiClient 5.0GA系インストーラ(エンドポイント機能付き)

【ご利用上の注意事項】
FortiClientのウイルス対策ソフトがセットで強制インストールされます。
インストール前に既にシステムにインストールされている別のウイルス対策
ソフトをアンインストールしてご利用ください。
異なる常駐系ウイルス対策ソフトが同一システムに同居すると
システムが起動しなくなるなどの不具合が発生する恐れがあります。

VPN機能のみ選択してインストールする場合、
インストーラのカスタマイズが必要となり、カスタマイズには
有償のライセンスキーが別途必要となります。

SSL-VPNトンネルモードのみをご利用の場合は、
『SSL-VPNトンネルモードのツール』をご利用ください。

 

6. FortiClient 5.2系 5.4系、5.6系

エンドポイントセキュリティ+VPN機能一体モジュール
  ※Ver.5.2, Ver.5.4, Ver.5.6はインストールする機能の選択は無償(標準機能)でご利用可能です。

リモートアクセス(VPN)機能のみをご利用の場合は、インストール時に[VPNのみ]を選択してインストールを行ってください。
[完全]を選択すると、常駐ウイルス対策機能やウェブフィルタリンク機能がクライアントにインストールされます。
異なる常駐系ウイルス対策ソフトが同一システムに同居するとシステムが起動しなくなるなどの不具合が発生する恐れがありますので、インストールする機能についてはご留意ください。

なお、リモートアクセス機能を除くエンドポイントセキュリティ機能(FortiGateからのポリシー配布などの一括管理。FortiClientエージェントによるアクセス制御、ウイルススキャンなどのセキュリティ機能)に対するテクニカルサポートには有償ライセンスが必要です。
FortiGateに標準添付されている同時10接続はトライアル版のため、テクニカルサポートは提供されません。