WORKS
最先端技術への取り組み

  • HOME
  • 最先端技術への取り組み

ITは、ビジネスを裏方で支える存在から
最前線でビジネスを変えていく存在へ。

AIやIoTなど、新しい技術の進歩が加速する中で、SCSKはどのような体制で何に取り組んでいるのか。最先端技術に関わる二人のキーマンに話を聞きました。

インタビュー1来たるべきAI時代に向けて
SCSKが打ち出す新たなビジネス戦略とは?

古宮 浩行
古宮 浩行
上席執行役員
戦略ソリューション営業統括
本部長 兼 AI戦略室 副室長

昨今、AIやIoTといったITのパラダイムシフトが起きており、社会や企業にとって劇的な環境変化をもたらしています。特にAI(Artificial Intelligence/人工知能)については、「AIで何ができるか」という検証のフェーズから、実際の業務に活用し「AIでビジネス価値を生み出す」フェーズに入っています。また、これまでITは表舞台のビジネスを裏方で支える役割が中心でした。しかしこれからは、最前線でビジネスを根本から変えていく存在になると考えています。表舞台でITに何ができるか。それを世界中のさまざまな企業が試行錯誤している最中なのです。SCSKは、こうした変化をチャンスととらえ、AI・機械学習などの先端技術を活用した新たなソリューション開発を進めています。

古宮 浩行

SCSKがAIの研究を始めたのは約30年前です。AIと向き合う歴史の中で、特に技術・ノウハウを蓄積してきた分野が「音声認識・言語分析」と「画像認識・映像解析」です。コンビニを例にとると、裏方を支えるITのひとつ『POS』では、「誰がいつ何を買ったか」を把握することしかできませんでした。それでも価値はあったのですが、当社の画像認識・映像解析技術を活用することで「誰がいつ何を買わなかったのか」まで把握し、適切な商品陳列や個人に最適化された接客対応、新たな商品の企画までを実現できるようになります。また、音声認識・言語分析技術については、コールセンターでの活用が始まっています。例えば、オペレーターとお客様の会話をリアルタイムでテキスト化するのはもちろん、お客様からの問い合わせに対する回答候補をAIが自動でオペレーターに提示します。その結果、迅速かつ的確なオペレーションを可能にし、顧客満足度と生産性を共に高めることが実現できます。また、最先端の深層学習(Deep Learning)技術を活用し、お客様が独自のAIモデルを簡単に作成できる*SNN(SCSK Neural Network toolkit)を自社開発し提供しています。

古宮 浩行

AIができることはたくさんありますが、それらを使って何を実現したいのかというゴール設定をすることが大切です。私たちSCSKはお客様が抱く既存のITに対する不満や、新しいITに対する期待と不安をまず受けとめることが基本スタンス。パートナーとして共にゴールを設定し、新しいビジネスを創り出していきます。

インタビュー2自らサービスを開発して提供していく。
これまでに無かった価値を生み出し、世の中を変える。

岩本 健
R&Dセンター
技術戦略部
技術戦略課長
岩本 健

IoT(Internet of Things/モノのインターネット)とは、「身の回りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。パソコンやスマホなど情報通信機器に限らず、家電や自動車といった今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoTと呼んでいます。さまざまなモノがインターネットに接続されることで、お互いの情報や機能をシームレスにやり取りし、得られたデータから新たな価値を生み出すことができるのです。

岩本 健

日常生活の中でも「IoT」という言葉を耳にすることが増えていると思いますが、多くの企業が、「IoTをビジネスに導入したい」「IoTにより収集したデータの効果的な活かし方は?」「デバイスは持っているが、何とどうつないだらいいのかわからない」など、導入への模索をしています。SCSKにはソフトウェア開発における高い技術力とシステムインテグレーターとしてさまざまな業界固有のIT需要に応えてきた膨大なノウハウがあります。それらを活かし、多様な強みを持つ企業と協業して新たなサービスを生み出す体制を強化しています。独自技術やデバイスに強みを持つ企業と連携することでIoTの新たな活用方法、ビジネスアイデアを具現化し加速させるのです。新しい事業をつくる、サービスをつくる、価値をつくることをパートナー企業やお客様と共に手を組んでいくことで、さらに魅力的でワクワクするような夢ある未来の実現を目指しています。

岩本 健

私たちR&Dセンターは、世の中の新しい技術をどう使うのか、ビジネスにどのように取り入れるかを調査・研究し、事業への活用をさまざまな角度から支援するセクションです。今まさに現場の事業本部で具体的な取り組みが動きだしている最中です。お客様からの要望に応えるだけではなく、自らサービスを開発し提供していく。これまでに無かった価値を生み出し、世の中を変える存在になる。世界の最先端技術を学ぶ意欲があり、自ら主体的に考えて行動する人にとって、SCSKは非常に魅力的な環境だと思いますよ。

採用情報RECRUIT INFO