PROJECT vol.4
保田 信長

高難度システムを担当するスペシャリスト集団

保田 信長金融システム事業部門 事業推進グループ 金融ICT部
工学研究科情報工学専攻修了
2004年入社

「スペシャリストには、効率化と品質維持は当然のベースとして持ちつつ、そこにプラスしていかに新たな価値を生んでいくかが求められている」。金融システム事業部門において、業界を問わず活躍する金融ICTチームに属する保田信長は、スペシャリストの役割をこう説明する。ITスペシャリスト、ITアーキテクトの肩書きを持つ保田は、プロジェクトを立ち上げ、要件定義から設計開発、そしてリリースに向けて開発プロセスを作り、自らもエンジニアとして陣頭に立ちながら、プロジェクト全体のマネジメントを行う。
成熟した技術を使用するプロジェクトだけではなく、「前例のないシステムや新しい技術を導入するなど、難易度の高いプロジェクトにも呼ばれます。システムやプロジェクトを全体的に見ることができる、スペシャリスト集団という位置づけですね」。金融システム事業部門を横断的に、まるで“遊軍”のように機動性高く、必要とされるプロジェクトに参画する、優秀な人材を無駄なく有効活用していると言えるだろう。

情報工学系の大学院出身の保田は、「研究をするだけではなく、人と接するような仕事をしたかった」と入社を決めた。新しいことにチャレンジするのが好きで、入社2年目から、社内で初めて取り扱うネットワーク機器やアプリケーションを採用したシステム構築を担当するなどのキャリアを積んできた。「ネットなどで最新技術をチェックしたり、それを実際に試してみる。社外の勉強会やセミナーにもよく足を運びました」。常日頃から先端知識の把握、研究を続け、実際の業務での提案も行ってきたという。
プロジェクト遂行には技術的な側面だけでなく、コミュニケーションも大切な要素だ。「専門用語を使い過ぎてしまうとお客様も内容を把握できず、本番稼働の段階で話が合わなくなるリスクもある。表現の仕方には、いつも気を付けています」。楽だったプロジェクトはないと語る保田だが、「基盤となるシステムは、トラブルなく動いていて当たり前。ユーザーには見えない裏側ですが、実際に運用が始まって問題なく動いていると嬉しいですし、やりがいを感じますね。技術が好きなので、そこに携われるのが何よりも楽しいです」と誇らしげに語る。

自分自身でいろいろチャレンジしてみて、その経験の中からITの面白みを見出し、感じとってほしい

金融業界において、革新的な金融サービスを生むことが期待されている「フィンテック」など、日進月歩で技術革新が進むIT業界。「お客様の満足度向上をきちんと達成しながら、フィンテックをはじめAIやクラウドなどの新しい取り組みにも積極的に参画し、エンジニアとしてのキャリアを究めていきたい」と抱負を語る保田。就職活動をしている学生に対して「ネット社会となった今は新しい技術に気軽に触れられる環境にあるので、自分自身でいろいろチャレンジしてみて、その経験の中からITの面白みを見出し、感じとってほしい」と奮起を促してくれた。

採用情報RECRUIT INFO