INTERVIEW
梅山 芳史

自身で考えて動くことを知り
大きく成長できた
事業推進グループ 営業推進部
経済学部経営学科卒
2004年入社

本音をストレートに話してくれた

就職活動をスタートさせたのが時期的にとても遅かったので、とにかくいろいろな企業を回りました。活動しながら、自己分析を進めていくうちに、人に喜んでもらえるような仕掛けづくりをする仕事がしたいと思うようになりました。新しいことにチャレンジするのも好きだったので、最新の技術に触れることができるIT業界に絞っていきました。直接社員から話を聞くことができる社員座談会へ参加した時、社員の方がどんな質問にも答えてくれ、率直に話してくれていると感じたのがSCSKを志望した大きなキッカケでした。また営業ではなく企画業務をしたいと人事の方に正直に話した際に、「これからの仕事に企画は絶対必要だから大丈夫」と強く言い切ってくれて、自分を必要としてくれたと感じることができ、入社を決めました。

悩んだ末に抜本的に状況を改善

これまでに10数回も部署が変わっているのですが、最初はソリューション営業を担当しました。私の仕事はお客様担当の営業と協力して進める仕事のため、まずはお客様担当である営業の先輩に認めてもらうことがスタートでした。製品を勉強し、先輩とコミュニケーションを積極的に取ることで人間関係を築いていきました。1年目はなかなか大変でしたね(笑)。その後に担当したコールセンター業務の請負案件は自分自身にとって大きな転機になりました。当社と付き合いの長いお客様で、引継ぎの際、前任の先輩からは「良好な関係で問題なし」と聞いていたのですが、いざ担当してみると実は問題が山積していて、お客様と現場の信頼関係が非常に悪化していることがわかりました。そこで、1年をかけて議論を重ね、課題を一つずつ整理して解決していきました。当社の技術者とお客様との間で板挟みになって悩んだりもしましたが、最終的にはお客様からの信頼を回復し、お客様にとって、取引額の大きなパートナー企業になりました。この経験から言われたことをやるだけではいけない、状況を言い訳にしてはいけない、また、自分自身で考えて積極的に動こうと考え方が変わりました。その後のすべての仕事の礎になり、本当に大きく成長できた案件でした。

企画という新しいスキルに挑戦

その後は、新会社の立ち上げや広告代理店のような仕事を経て、サービス企画の立案を担当し、クラウドソーシングを活用してゼロから立ち上げる企画も経験しました。営業では事実や状況を分析、分解して問題点を見つけて解決するという道筋がありましたが、企画の分野では新しい発想やひらめきが必要で、これまでの考え方とは大きく異なる面があります。そのスキルを学ぶため、会社の大学院派遣制度で事業企画を研究する専門大学院に行かせてもらいました。今でも学習を日々続けています。将来は学んだことを活かし自分でイチから企画を立ち上げて、先端のITと私の所属する部門の専門領域であるBPO(Business Process Outsourcing)を組み合わせた、まだ世の中に無いサービスを生み出していきたいと思っています。

採用情報RECRUIT INFO