INTERVIEW
古林 隆宏

調査開発している分野に
社会がついてくる喜び
R&Dセンター 技術開発部
理工学研究科修了
2010年入社

「変わっていかなくてはいけない」
という言葉に衝撃を受けた

人の役に立つ仕事がしたくて就職先を探しましたが、当時はちょうどリーマンショック直後でどこの会社も採用枠を絞っており、とても厳しい就職状況だったので興味がある会社にはすべてエントリーしました。そのような中、企業説明会で「これからは仕事を受注するだけではなく、サービスを開発して提供していく側に変わっていかなくてはいけない」と言い切っていたのがSCSKでした。システム開発会社がそれを言ってしまうのか、と強烈なインパクトを感じ、一層興味が湧くとともに、入社したい会社になったことを覚えています。

将来性のある技術を
調査開発していく

入社以来ずっと技術開発の部署、いわゆる「R&D」を担当しています。もっとも当社の場合、研究寄りというよりも常に事業化を視野にしていて、世の中の新しい技術を当社のビジネスにどう取り入れるかを調査研究しています。また、実際に調査した技術を用いた開発を行うこともあります。たとえば、社内向けのシステム連携プログラムの作成に当時の先端技術であったHTML5を利用し、複雑な設定を直感的に行えるUIを実現しました。調査開発した新しい技術については、社内でプレゼンテーションを行い、開発や運用を行う部署で利用してもらうことが多いです。お客様に直接プレゼンテーションをした機会は、実はほとんどありません(笑)。印象に残っている出来事としては、実際の開発に携わったタブレット端末を使った教育アプリが、教育現場で使われたことを新聞に取り上げられたことです。これは、とても嬉しかったですね。

現在の研究テーマはAIです。まだ発展途上の技術なので、英語で書かれた文献を調べたり、海外で行われるカンファレンスに出席するなどして情報収集から始めて理論を学び、実際にサンプルを作って動かしてみたり、開発から検証に至るまでを研究しています。現代のAIで用いられるディープラーニング(深層学習)では、良質なデータを蓄積することが肝になってくるかと思いますが、これは少数の天才的プログラマだけで行われるのではなく、一般のいろいろな人が関われることが特長であり、とても面白みとともに将来性を感じています。

新しい技術は自分たちで見つけてくる

調査開発していく新しい技術は、社内からの要望や提案、または職場のメンバーたちが自ら見つけてくることから始まることが多いです。せっかく調査した技術も、時期尚早で求めているものと合わずにビジネスとして実現しないこともあるのですが、逆に調査開発している技術に社会のトレンドが追い付いてきたときは、方向性は間違っていなかったのだと、自信を深めるとともにやり甲斐を感じます。
職場では勤務時間をフレキシブルに選択できるので、定時で帰ることに罪悪感はなくなりました。また、在宅ワークもできるので、自宅と職場が離れている私の環境にとって、とても助かっています。就職活動を通してさまざまな社会の仕組みや会社を垣間見ることができますが、これはとても貴重な機会だと思うので広い視野でいろいろ見聞を広めていってほしいと思います。

採用情報RECRUIT INFO