INTERVIEW
齋田 美香

やりたい仕事を
自分でつかんでいける環境がある
製造システム事業本部 製造システム第三部
理学部地球惑星科学科卒
2013年入社

業務を任されて
大きく成長できた

IT業界のなかでも特にモノづくりに注力している企業に興味がありました。その際出会ったSCSKでは、選考途中に社員と交流する機会があり、その際の雰囲気などに魅力を感じました。まるで自分のことのようにいろいろと相談にのってくれて、これから一緒に働いていくならばこういう人たちが良いと思い、SCSKに入社を決めました。
最初はお客様の業務における、定型作業を自動化するシステムの開発を担当しました。学生時代、研究の一環でプログラミングも経験していたので、それほど抵抗なく取り組めました。2年目にはシステムのレスポンス改善を担当したのですが、これが大変でした。スピード低下を引き起こしている要因の調査から始まり、原因を特定した後は改善へのアプローチを検討し、パフォーマンスのテストまで、すべてを一人で任されました。改善方法におけるアプローチもさまざまです。技術スキルが未熟だったので判断が難しかったことを覚えています。作業もとても地道なものでしたね。(笑)最終的には予定期日の約3カ月でパフォーマンスを改善することができましたが、自分で道筋を作っていくという仕事の進め方を経験できて成長を実感しました。

今まさに新しいチャレンジ中

その後も社内システムのWindows10へのアップグレード対応を開発から導入前まで一人で担当しました。さらには、お客様の基幹システムや周辺システムにおける開発案件を横断的な立場で進捗管理や調整も担当することもありました。状況把握のため、関係者にいかに協力してもらうかなど、調整に苦労しましたね。そして今は新しいチャレンジとして、お客様からの要望を受けてその実現にむけた提案をする業務に携わり始めました。日常業務のシステム化など、お客様の要望をリストアップして、それぞれの難易度やコスト、納期などを考慮に入れながら企画し、提案していくのですが、お客様ですら気づいていない潜在的な要望も引き出せるかが肝心です。初めての経験なので楽しいですが、人間関係も大事ですし、経験ももちろん大事な仕事でもあるので、今まさに模索しているところです。

スペシャリストもマネジメントも

本当は技術のスペシャリストになりたかったんです。今もまだその憧れがあります。一方で、多くの仕事を経験して、要望のヒアリングから案件化、開発から導入、その後の運用・保守までのプロジェクト全体を管理するマネジメント、運用管理にも興味が出てきています。SCSKは働き方改革が進んでいて、ネットワークでつながっているどのオフィスでも働けますし、在宅勤務もできます。社内には、産休や育休を取得されている先輩もたくさんいて、とても働きやすい環境です。上司や先輩・後輩にも恵まれているので、これからも自分でやりたい仕事をつかみながら成長していきたいと思います。

採用情報RECRUIT INFO