INTERVIEW
増田 聡子

パートナー企業の中で
一緒になって作り上げていく
通信・公共システム事業本部 通信システム第一部
工学部経営工学科卒
2014年入社

お客様先で社内システムを開発

 大学ではマーケティングやデータ分析の勉強をしており、大学時代の勉強と関係がある職種につきたいとの思いからIT業界を志望しました。学生時代のアルバイト経験を通して、一人でやるよりチームとして仕事をすることが自分には向いていると思ったことと、お客様と一緒に作り上げる仕事がしたいと思い、SCSKに決めました。入社前に感じた歴史ある、多種多様な人がいる会社との印象は、入社後でも変わらず実感しています。
研修を経て通信・公共システム事業本部に配属されてからは、大手通信キャリア向けの仕事に携わっています。この仕事はお客様のデータを利用することも多いため、ほとんどの時間をお客様先で作業しています。お客様先で仕事を進める業務形態は、お客様との情報連携のタイムラグを最小限にできるため、効果的だと感じています。SCSKから100人ほどが、本システム開発に関わっています。

リーダーとして「仲間」を率いていく

担当しているシステムがとても大規模であるため、最初は仕組みを理解するだけでも大変でしたが、改善・改良されていくシステムのテストや検証などを経て、開発分野を担当するようになりました。最初は目に見えない裏の動きの勘どころが分からずに苦労しましたが、周りの人たちの助けも得ながら、なんとか担当業務を対応しました。
その後、システム設計から利用開始されるまでの一連のシステム導入において、開発サブリーダーを担当し、3年目からはプロジェクトの開発リーダーになりました。私が所属している部署はもちろん、同期の話を聞くとSCSKは若手のチャレンジを後押しする企業風土があると感じます。私のチームはみなさん年上で経験も豊富な方たちばかりだったので最初は苦労しましたが、業務を通して議論を重ねていくうちに、今は何でも言い合える「仲間」といった関係を築けたのではないかと思います。

自らの成長が実感できる面白さ

多様なメンバーが多い中で、各関係者と調整しながらチームとしてより良い結果を残していくところが仕事の難しいところだと思います。しかし仕事の経験が増えるにつれてお客様やメンバーから直接相談してもらえるようになり、信頼してもらえるようになることを通じて、自らの成長が実感でき、やり甲斐や仕事の面白さを感じています。また一人の利用者としてお客様の店舗に行った際に、私が携わったシステムが使われているのを見たときはとても嬉しかったのと同時に、担当するシステムの社会的影響力の大きさを実感しました。
私が就職する際は、いろいろな人と関ってさまざまな価値観に触れて成長したいと思い入社を決めましたが、会社という組織に入ると自分の思いがすべて受け入れられるわけではないので、なぜ会社勤めをしたいのかどんな社会人生活を送りたいのかをよく考えて、信念をもって就職活動をしてほしいと思います。

採用情報RECRUIT INFO