INTERVIEW
廣田 一馬

個性を尊重して
活かしてくれる環境がある
車載システム事業本部 QINeS営業部
法学部新聞学科卒
2014年入社

システム開発の基本工程から経験

幅広い分野に興味があったので、就職活動ではさまざまな業界や業種を見ていきました。そこで、すべての業界においてこれからの発展のためにはITが必要不可欠ということを感じ、IT業界に絞っていきました。その中で、幅広い事業領域があり、グローバルに活躍できる環境、先輩社員や面接官の方々の仕事に対する考え方などに魅力を感じ、SCSKへ入社を決めました。最初に配属されたのは、大手通信キャリアの業務システムを開発する部署でした。ここでは設計から始まり、開発、テスト、導入まで、システム開発における基本的な工程を一通り経験できたことは、その後のキャリアにおいても大きな財産となっていますね。

フィットするサービスが提供できる

特に入社2年目に業務ツールの開発を担当したのですが、当初はその一部の機能の設計などを担当するはずが、先輩社員が急遽、他プロジェクト担当になってしまったため、私がリーダーを務めることになりました。リーダーとしてお客様との打合せ、プロジェクトメンバーへの指示などすべてが初めての経験で、とても苦労しました。先輩の力を借りながら、なんとかプロジェクトを完了させることができ、お客様からお褒めの言葉を頂いたときの感動は今でも忘れられません。
その後、車載ソフトウェアにおける品質と生産性の向上を実現する自社製品の開発部を経て、現在は営業担当として、お客様向けの企画や提案などを行っています。SCSKの強みは、お客様に「フィットする」サービスを提供できる点だと思っています。従来の手法でお客様の課題を解決できない場合、固定概念に囚われることなく、社内のさまざまな事例や幅広い事業領域、顧客基盤を活用しながら、最適な解決策を導き出します。常に新しいアイデアを歓迎し活用する制度も整っていて、個性が事業に活かされやすい環境なので、私自身も常にお客様視点で先を見据え、自分ならではの付加価値を提供し続けられる存在になりたいと考えています。

オンオフの充実が良い仕事を生む

最近は、限られた時間の中で効率良く業務を遂行するために何が必要か、常に考える癖をつけています。プライベートも充実させ、オンとオフを上手く使い分けることが結果的に「良い仕事」につながっていくと思っています。就職活動では、さまざまな困難にぶつかることもあるかと思いますが、その経験は必ず成長につながるので、最後には「やりきった」と胸を張って言えるように頑張ってほしいと思います。

採用情報RECRUIT INFO