INTERVIEW
古泉 文也

経験がコミュニケーションの
大切さを教えてくれた
車載システム事業本部 QINeSカスタマーサービス部
知識工学部 情報ネットワーク工学科卒業
2014年入社

身近な分野に貢献できる喜び

昔からパソコンやプログラミングなどが好きだったことと、ITが社会へ与える影響の大きさを魅力に感じ、エンジニア職を目指していました。SCSKの採用担当者や現場社員の方の雰囲気がとても明るく、仕事を選択するにあたってコミュニケーションも重視していたことから、この会社ならば自分も明るく仕事ができると思い、入社を決めました。
入社以来、車載システム製品の業務に携わっていて、最初は開発業務を担当しました。クルマづくりの開発でもソフトウェアが占める割合は年々大きくなってきており、自動車業界ではソフトウェアの生産性向上と確かな信頼性の確保が急務となっています。こうした状況の中、自動車業界という身近で大きな産業に対して貢献できる車載システム製品の開発に自分も携われていることが嬉しかったですね。

残業に対する意識が
効率的な業務を生む

以前、開発チームのリーダーを任された際に、進捗が遅れてしまったことがありました。チーム単位で分かれて作業を行っていたのですが、チーム間の連携がうまく取れなかったことが原因でした。その後は、チーム間の密な連携を心がけ、問題が発生した際には自分がチーム間の橋渡しとなって早期解決に取り組みました。自分の作業だけでなく俯瞰的にチームの状況を見られるようになり、メンバーとのコミュニケーションの大切さも学べた貴重な経験となりました。
社内の雰囲気はとても明るく、上司とのコミュニケーションにおいても円滑で、しっかりと自分の意見を伝えることもできます。また、長時間労働からの脱却と、心身ともに健康的な働き方を追求する当社では、より生産性の高い効率的な業務が求められています。「自分自身がどのようにすればこの仕事を効率的に進めることができるか」について常に考えるようになりました。いつも一歩先を意識して、あらゆる業務を柔軟に対応していきたいと思っています。

目標はマルチに活躍して
頼られる存在

現在は、開発で経験したことを活かして、カスタマーサービス部に異動しました。これまで携わってきた製品をお客様と一緒に使って仕事をする業務に変わったので、よりお客様に近い立場で働けていることが楽しい日々ですね。これからも開発者や利用者など、それぞれの視点を持ち、貪欲に仕事に取り組むことにより単一分野だけでなくマルチに活躍できる人材を目指して一歩一歩成長していきたいです。その結果、周りから頼られ慕われる存在になりたいです。

採用情報RECRUIT INFO