CAREER
座談会-女性社員-

  • HOME
  • 座談会-女性社員-

女性社員の視点
ライフステージに合わせた働き方、目指す未来

河野 有香
河野 有香AMO第三事業本部
テクノロジーサービス部
総合文化政策学部総合文化政策学科卒
2012年入社
大塚 由貴
大塚 由貴流通システム第三事業本部
流通・CRMサービス部
法学部政治学科卒
2004年入社
石塚 千晶
石塚 千晶人事グループ
人事企画部
教育学部理学科卒
2017年入社
小林 千紗
小林 千紗SCシステム事業本部
海外ビジネスソリューション部
工学部
2008年入社

面接でじっくり話を聞いてくれたのが決め手

大塚

学生の頃からモノづくりに憧れがありました。そこで、SIerのなかでもいろいろな仕事ができそうなSCSKの選考を進めたのですが、採用過程で個人面接が1時間ぐらいあったのです。そこでいろいろと話を聞いてくれて、自分のことをわかってもらえた気がしたし、社員の雰囲気から働きやすそうな会社だなと実感しました。

小林

私も1時間の面接はとても印象に残っていますね。ほかの会社での面接では、会社側の聞きたいことを聞かれて、試されている印象が多かったのですが、SCSKではじっくり時間を割いてくれて、一番リラックスして話したいことを伸び伸びと話すことができました。入社後に同期がそれぞれの適性に合った部署に配属されていたように思えて、選考過程でよく自分のことを理解してくれたのだろうなと思いました。

石塚

私もSCSKは学生一人ひとりをしっかり見ている会社だなと感じています。一方で、相手に自分のことを知ってもらうためには、自分自身がSCSKのことをしっかり理解している必要があると思います。面接ではお互いの理解を丁寧に重ねていくことで、双方にとって有意義な時間になると思います。

河野

私の場合は就活当初、どのような仕事をしたいかという具体的なイメージができていませんでした。模索するなかで、とにかく多くの人に会おうと思い、SCSKに入社したゼミの先輩から始まり、いろいろな社員に会いました。どの方も親身になって相談に乗ってくたりアドバイスをくれて、この会社ならやっていけるという手ごたえを掴みました。

働き方改革が着実に浸透してきている

小林

2011年に会社が合併し、その翌年から働き方改革が本格的に始まりました。それまでは残業が当たり前だったので、仕事がまだまだ残っているのに会社からは早く帰るようにと言われて、仕事の進め方や自分の意識を変えることに苦労しましたね。それが定時に帰るというリズムができて、限られた時間のなかで、効率よく仕事をするように意識が変わってきました。

大塚

たしかに当初のみんなの雰囲気は残業を減らすなんて無理だろうという感じでしたね(笑)。ノー残業デーすらも実施が怪しかったほどでしたが、会社が本気で働き方改革を推進したことで、定時後の会議などもなくなり、だいぶ残業時間が削減されました。システム開発の現場では納期があるので、どうしても残業が発生しそうな場合でも、増員などの対応をしてくれるようになりましたね。

河野

私は夫が元社員で他社へ転職してしまったのですが、離れてみて制度の充実ぶりを痛感したらしく、いつも羨ましいと言っていますね(笑)。

育休後も一線に戻れる女性の働きやすさ

大塚

私の夫はまだ社内にいるんですが(笑)、会社の制度を理解してくれているので助かっています。週に一度は2歳半の子供のお迎えをしてもらっていますね。元々仕事を辞めるつもりは全くなく、1年間育児休業を取得して元の職場に復職しました。初めての経験だったので、どのようなタイミングで短時間勤務からフルタイム勤務に戻せばいいのか分からなかったのですが、会社の人事からは徐々に慣らしてからフルタイム勤務に戻したほうがよいというアドバイスをしてくれて助かりました。

石塚

SCSKではダイバーシティ推進課という専門部署があります。社員一人ひとりの多様な個性や価値観を活かすために、女性の活躍も推進しています。例えば、育児休業後の職場復帰セミナーの開催や子育てだけでなく介護の両立も支援しています。同課には、育児休業の取得経験がある女性社員もいますし、きめ細かい配慮ができるようになっていますね。

大塚

私も職場復帰セミナーを受けましたよ。最近、女子学生から転勤を望まないという声を多く聞きます。でもその後に結婚した旦那さんが転勤になるかもしれない。そんなときにほかの拠点へ異動して仕事を続けるという選択肢もあると思います。会社選びでは、数年後だけではなく、さらに先の人生も考えて柔軟な働き方ができる会社ということも大事なポイントだと思います。

小林

私の部署でも育児休業明けの女性社員の多くが元の現場に復帰しています。どうしても突発的な残業が発生する部署もありますが、そのような部署での勤務が難しい女性社員が希望に合った部署に配属してもらえたケースが身近にあったので、結婚しても辞めるつもりはないですね。むしろ、制度が整いすぎているので、旦那さんに頼られ過ぎてしまうのではないかと心配です(笑)。

河野

私は結婚してまだ数カ月なのですが、以前に担当していた業務は24時間365日システムを稼働しつづける必要があり、その部署のまま出産や育児をすることは自分には厳しいと思ったこともありました。そこで、将来を見据えたうえで営業から技術職へキャリアチェンジしました。育休を取ってもまた戻ってきてほしいと思われる人材でありたいと思っています。

これからの目標、将来の夢

大塚

キャリアプランを詳細に作っても結婚や出産により思い通りには実現できない場合もあると思うので、今は1つには絞りたくはないと思っています。一方で、女性の働きやすさもあり結婚・出産後のキャリアの選択肢はとても多いと思っているので、いざ進路が決まった時に実力を発揮できるように今は視野を広げてさらにスキルを向上したいと思っています。

石塚

まだまだ新人なので偉そうなことは言えませんが(笑)、人事担当としてまずはSCSKの事業や特徴をしっかり理解して、自分の言葉でSCSKの魅力を学生さんへ伝えていきたいです。そして、私を見た学生さんがSCSKに入社したいと思ってもらえるような人材になりたいですね。

河野

以前にお子さんが3人いる女性社員が育休のたびに部署の上司に復帰を熱望されているという話を聞いてから、その先輩にとても憧れています。私もこの人と仕事をしたい、育休を取得しても早く戻ってほしいと思ってもらえる人材になりたいと思います。

大塚

女性は特に結婚や出産などでライフステージが変わると思うんです。当然周りの見方も変わってくることもあるかと思いますが、その中でも自分らしさを失わず、たとえ制約があるなかでも仕事の目標感を持って前へ進んでいきたいと思いますね。なんかとてもうまく締まった感じでしょ?(笑)。

採用情報RECRUIT INFO