CAREER
座談会-若手社員-

  • HOME
  • 座談会-若手社員-

同期入社の若手社員達
入社2年目が語る、社風、同期の存在、そして目標

小川 匡教
小川 匡教流通システム第一事業本部
システム第三部
理学系研究科地球惑星科学専攻修了
2016年入社
髙瀨 奈々
髙瀨 奈々AMO第二事業本部
ソリューション第二部
総合文化政策学部総合文化政策学科卒
2016年入社
北原 優
北原 優流通システム第一事業本部
システム第三部
理工学部情報テクノロジー学科卒
2016年入社
秋山 拓輝
秋山 拓輝ITエンジニアリング事業本部
エンタープライズ第一部
教育学部教育学科卒
2016年入社

SCSKへの入社の決め手は何でしたか?

小川

もともとパソコンが好きで学生時代にはシミュレーションソフトを活用していました。将来はお客様のニーズをITで実現する仕事に興味があり、IT業界でもSIerに絞って就活をしました。その中でも、いかに効率的に仕事をするかということを大切にしていて、先進的な働き方改革を全社的に本気で進めていたのはSCSKだけでしたので入社を決めました。

一同

いきなりすごく論理的で、しっかりした回答!一気にハードル上がってしまったね(笑)。

髙瀨

私は学生時代に映像編集などをしていたのですが、その経験からお客様とモノを作り上げていくことに楽しさを見出していて、そのプロセスからサービス提供への流れがIT業界での仕事と似ていると思い、就活ではIT企業を中心に受けていました。SCSKは休暇を確実に取得する、残業を削減するということを謳っていて、それを達成してきたと聞いていたので、働きやすい環境だと思い入社を決めました。

北原

それは私も同じですね。IT企業は過重労働というイメージがあって、最初はあまり乗り気ではなかったのですが、大学での説明会でSCSKの話を聞いてみたら、ワーク・ライフ・バランス、働き方改革についてとても真剣に取り組んでいると分かり、イメージがガラッと変わりました。他社でも強調していましたが、実際に改革の成果が出ていると最も感じられたのはSCSKでした。

髙瀨

私たちはみんな同期入社なのですが、他の同期に話を聞いてみても特に女性はワーク・ライフ・バランスを大事にしていた印象がありますね。

秋山

私の入社の動機はちょっと変わってまして(笑)、学生時代にアマゾンの秘境で1週間ぐらい文明から離れた生活をしたことがありました。先住民との出会いもあったのですが、後日その人たちも裏ではスマホを持ってWi-Fiを使っていると聞いて衝撃を受けたんです。ITという仕事の可能性に惹かれ、ITとグローバルという軸で考えたとき必然的にSCSKという選択肢となりました。

研修や今の仕事について教えてください。

髙瀨

技術職として電子部品メーカーのお客様先に常駐して、基幹システムの保守業務に携わっています。お客様や同業他社と一緒に仕事をしている感じですね。私のように文系出身でも技術職に配属されたり、逆に理系の同期が営業職に配属されたりもしていますよ。入社後の2カ月間は社会人のビジネスマナーなど基本的な研修を受け、私の所属する部署の技術職の社員はその後に半年間みっちりとプログラミングをはじめとするシステム開発に関する研修を受けました。私自身、プログラミングは未経験でしたが、研修の内容が業務でとても活かせています。

小川

私は逆に学生時代にプログラミングを経験していたのですが、その経験は仕事で活かせるのは一部でしたね。むしろ研修期間やその後の仕事で得た経験が、技術力向上に役立ったと思っています。
配属先では、SCSK独自のプログラム言語の開発保守をしています。市場調査をしてAIや作業の自動化などの時代を先取りしたニーズに合わせた製品の開発をメインに、展示会やセミナーなども開催していますね。このような技術開発の部署があるのは入社してから知りました。

北原

私は広告サービス系のお客様先に常駐して、すでに提供し導入されているシステムの追加機能を開発しています。お客様の要望をヒアリングして、仕様を決めて設計・開発からテストまで、任された機能のすべての工程を一人で担当しています。勉強しながらの毎日で大変ですが、自分でどうしたら効率よく働けるのかを考えながら仕事に取り組んでいます。このような働き方について、入社前に私が抱いていたイメージと違いはありませんでした。

秋山

ほかの3人はエンジニアですが、私は営業部署への配属だったので、営業研修でヒアリングやプレゼンなどをより実践的に学びました。想定されるシチュエーションでのロールプレイングでは、先輩からいろいろな指摘やアドバイスをしてもらえてとても有意義でした。
今はサーバーやPCなどのハードウェアの社内販売を担当しています。社内のさまざまな部署に向けて、勉強会などを開催しております。

先輩、会社の雰囲気を教えてください。

秋山

2016年入社の同期は162人です。それだけ多いと、全員の顔はなんとなく見たことがあっても、たまに名前と一致しない人もいますね。社内の印象として、チームワークが強いなと思っています。個人個人に仕事を背負わすのではなく、できるだけチームで動こうという雰囲気があるので、誰かが有給休暇を取っていてもほかの人がフォローに入れるような仕組み作りが整っていると感じます。

髙瀨

私はお客様先で勤務しているので、当社オフィスの同僚と会う機会が少なく、そのため同僚とのチームワークを発揮する場がないのですが(笑)、一緒に仕事をする先輩たちは、優しく指導してくれます。ワーク・ライフ・バランス的にオフも充実して、仕事もうまく回る。そのサイクルで、皆さんの心に余裕があるからだと思っています。

北原

私は自分がミスをしたり、仕事で詰まった時のプロジェクト内でのサポート体制が万全だなと思います。ほかには、お客様に合わせて、社員一人ひとりの特性を活かした人材配置がされているなと感じます。

小川

先輩社員のみなさんを見ていると、オンとオフがきっちりしているな、と思いました。そもそも頭の回転の速い人が多いので、働き方改革が進んだことで効率化を追求して、さらにメリハリがついてきたんじゃないかと思っています。

これからの目標、将来の夢を教えてください。

北原

今は技術職ですが、技術を極めて行くか、あるいはマネジメント系に進むかはまだ決まっておらず、今後さまざまな業務を経験する中で見極めていきたいです。このことから、今は自分のスキルを一歩一歩積み上げていきたいですね。まだ2年目ですが、将来的には様々なライフイベントがあった後でも、ずっと働き続けていきたいと思っています。

小川

今後一層技術を磨いて一人前になって、プロジェクトマネージャーとして仕事を回していきたいですね。そして会社が成長できる製品やサービスを開発していくことに貢献して、会社をより大きくしていきたいという思いがあります。

秋山

グローバルで働きたいという思いがあるので、いずれは海外製品を扱っていきたいですね。それもシリコンバレーのような最先端の技術が集まる海外で働きたいと思っています。いずれは、お客様から引き抜きの話が来るぐらいにお客様との信頼関係を築いていける営業になりたいと思っています。

髙瀨

私もこれからずっと、産休や育休の取得後も働き続けたいと思っています。いろんなシステムに携わって経験を積んで、使いづらいシステムを無くしていけるように頑張りたいです。社内で利用しているシステムの中にも、ここを改善すればいいのに!と感じることもあるので、いずれはそれらを改善して、お客様だけでなく、自分の会社もさらに働きやすくしたいですね(笑)。

一同

それ、お願いします(笑)。

採用情報RECRUIT INFO