製品・サービス

WinActor(ウィンアクター)

業務向けRPAツール

メーカー名

NTTアドバンステクノロジ株式会社

概要

WinActorは、純国産のRPAツールです。

RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことを指します。WinActorは、人がWindows PC上で行う様々な操作を、「シナリオ」として記録・編集し、その「シナリオ」をPC上で動作させることで、人が行う煩雑な操作、大量データを扱う操作などを正確に再現するソフトウェアです。

特長

PCを使用して行うあらゆる業務をWinActor=ロボットに自動実行させることができます。

  1. 1. Windows PC内で動くあらゆるソフトウェアの自動化ができます。
    • WEBアプリやofficeはもちろん、ERPやワークフロー、個別の作り込みアプリまで、何でもシナリオに組み込むことが可能です。
    • ソースコード解析(オブジェクト識別)と画像マッチングの機能を駆使してシナリオ化=自動化を行います。
  2. 2. ノンコーディングなので開発経験が無くてもシナリオ作成が可能です。
    • 開発経験や高度なプログラミング知識を必要とせず、日本語の分かり易いGUI画面から、直感的な操作でシナリオ作成(自動化の準備)が可能です。
    • どのような方でも手軽にRPAを始めることができます。
  3. 3. 複雑な業務分岐もフローチャートで簡単に実現
    • 分かり易いフローチャート形式でシナリオを組んでいくので、複雑な業務でも簡単にシナリオ化する事が可能です。
    • キーボードの入力、マウスのクリック、待機時間の設定、コピー&ペーストなど、人が行うあらゆるPC操作が部品で提供されているので、柔軟なシナリオ作成が可能です。

利用シーン

  1. 業務改善 (効率化、高速化、自動化)
  2. ノウハウの蓄積・活用 (知識・経験価値の平準化、個人ノウハウの組織への資産化)
  3. システム開発の代替手段 (システム間のデータ連携をRPAツールで対応)
  4. 一時的な業務への対応 (期間限定 且つ 大量処理が必要な業務への対応)

利用のメリット

  1. システムでカバーしきれていなかった業務が自動化され、業務効率/品質/コストが改善されます。
  2. 人的リソースの効率的な配置が可能になります。
  3. 単純、反復的なオペレーションから解放され、業務の改善やイノベーション等に取り組むことが可能になります。
  4. 既存システムには手を加えず、業務のシステム化が実現できます。

関連するイベント・セミナー

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第一部

E-mail rpa-sales@ml.scsk.jp

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム