製品・サービス

Verint DPA(デスクトップ&業務プロセス分析)


従業員のデスクトップ作業の業務プロセスを分析・可視化。
RPA導入に適した定型業務の洗い出しやRPA導入後の効果測定に有効なアプリケーション。

メーカー名

ベリントシステムズジャパン株式会社(Verint Systems Inc.)

概要

Verint DPA(デスクトップ&業務プロセス分析)は、各従業員のデスクトップ作業の操作情報を検知・記録して、「いつ、誰が、どのような処理手順でアプリケーションを使用しているのか」使用状況や業務プロセスを「可視化」し、業務プロセスの改善点を特定・把握できます。

RPA導入前のRPA適用業務に最適な業務の洗い出し、RPA導入後の効果測定が可能です。

特長

  • 1. アプリケーション分析
  • アプリケーションの使用状況を自動的に分析し、利用率や無操作時間の割合や使用状況を可視化(レポート表示)します。

    アプリケーションの使用状況、使用時間を表示
    アプリケーションの使用状況、使用時間を表示

    従業員毎のアプリケーションの使用状況の割合を表示
    従業員毎のアプリケーションの使用状況の割合を表示

  • 2. 業務プロセス分析
  • 業務プロセスの処理フローを検知し、自動的に分析。業務プロセスを可視化(レポート表示)します。

    従業員毎にアプリケーションの使用状況とプロセスの進捗状況を時系列で表示
    業員毎にアプリケーションの使用状況とプロセスの進捗状況を時系列で表示

    従業員毎に業務プロセスのフローの違いを表示
    従業員毎に業務プロセスのフローの違いを表示

システム構成

  1. ①各従業員PCにインストールしたDPAクライアントから各従業員のデスクトップ作業の操作情報を検知・記録してDPAサーバーに通知。
  2. ②DPAサーバーがアプリケーションや業務プロセスの使用状況を自動分析。管理者PCから様々なレポートを表示。
  3. システム構成図

利用メリット

  • 業務プロセスの効率化
    デスクトップ作業の操作情報から業務プロセスを可視化。最適な業務フローを発見。
  • 従業員の生産性向上
    従業員の業務プロセスの生産性をモニタリング。教育が必要な従業員や業務の発見。
  • コンプライアンスの強化
    業務プロセスを遵守して作業が行われているかどうかを継続的に容易にモニター可能。
  • RPA導入サイクルに有効
    RPA導入に適した定型業務の分析・選定、RPA導入後の効果測定作業に対応可能。

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITエンジニアリング事業本部 エンタープライズ第三部

E-Mail dept-sales3-all@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム