製品・サービス

金融機関向けJavaフレームワーク S-FIA

S-FIA(エスフィア)は金融機関におけるシステム開発を強力にサポート致します

概要

S-FIAは、金融機関における迅速かつ高品質なアプリケーションの開発、信頼性の高い安定したシステムの稼働、新しい技術に対する拡張性を備えたJava統合フレームワークです。

概要

S-FIAは、弊社フレームワーク「arvicio2」をベースに、金融機関様向けに新たに開発されたSpring Frameworkベースのフレームワークです。

特長

生産性の向上・標準化の推進・品質/保守性の向上といったフレームワーク共通のメリットに加え、金融共通機能の提供により、効率的なアプリケーション開発を実現致します。

特長

フレームワーク採用のメリット

  • 生産性の向上
    汎用的な機能が用意されており、実装コストの低下による生産性の向上が見込める
  • 標準化の推進
    コードの記述方法が統一できるため、属人性の排除、システム開発の標準化が図れる
  • 品質の向上
    用意されている汎用的な機能は、品質が確保されており、バグが出にくい
  • 保守性の向上
    OSSにおけるバージョン管理や脆弱性対応の一元管理が可能となる

金融機関向けJavaフレームワーク採用のメリット

  • 金融機関に共通の機能をクラス・ライブラリとして実装した金融共通機能の提供により、効率的なアプリケーション開発が可能となる

機能

S-FIAは、アプリケーション稼働基盤、開発基盤、印刷基盤、開発管理基盤から構成されます。お客様のシステムニーズ・システム環境に合わせ、各コンポーネントを選択頂けます。

機能

サービスメニュー

製品導入の環境構築、お客様のシステムニーズに合わせたカスタマイズ、プロジェクトの迅速な立ち上げを支援する研修サービス、サポートデスクなど、フレームワーク導入に伴う様々な課題に対し、幅広い継続的で充実したサポートサービスをご用意しております。

サービスメニュー

本製品・サービスについてのお問い合わせ

金融第二事業本部 金融システム営業部第二課

E-mail s-fia-info@ml.scsk.jp

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム