製品・サービス

Rhinocerosの特長

Rhinoceros(ライノセラス、通称ライノ)は、すべてのクリエイター・デザイナー・設計者に満足頂ける3次元ツールです。優れた操作性による自由曲面モデリングは、デザイナーのアイデア・イメージを損なうことなく表現力豊かな3次元モデルを具現化します。また厳しい製造工程で要求される仕様や高精度のモデリングを容易に行うことができ、コンセプトデザインから製造モデルまであらゆる工程で自由かつ快適なモデリング環境を提供します。

rhinoscreen

fw_nurbs

曲線

11次までのNURBSによる自由曲線を3次元空間上及び3次元サーフェス上に表現することができます。
ポリラインから曲線への変換、円錐曲線、スパイラル・ヘリカルカーブ等を表現することができます。

fw_surftool

サーフェスツール

サーフェスの延長、オフセット、フィレットを作成する等の基本ツールや連続性を制御しながら変形を行うサーフェスのマッチングや、複数のサーフェス群の間に滑らかな(G1,G2連続)サーフェスを生成するブレンド機能を持っています。
サーフェスの次数や、ポイント数の再構築も、偏差を確認しながら簡単に行うことができる強力なツールです。

fw_surf

サーフェス

押出し、回転、ロフト等の基本サーフェスから、複数のカーブ群から作成するネットワークサーフェスまで豊富なサーフェス生成機能を持ちます。
サーフェス作成時は、トリムを含むサーフェスのエッジを3次元カーブとして認識し、高い連続性を保ちながら品質の高いクラスAサーフェスを作成することが可能です。

fw_solid

ソリッド

直方体、球、円柱、楕円体、円錐等のプリミティブソリッドや、3次元カーブに沿って作成するパイプコマンドテーパーオプション等を持つ平面上カーブ、3次元サーフェスの押出しにより基本的な形状が簡単に作成できます。

fw_ana

解析

モデルの勾配や曲率のカラー表示、ゼブラマッピング、環境光マッピング等により、視覚化によってサーフェスの品質を確認できます。また金型や製造モデルではオープンエッジの検出や、修復機能が役にたちます。
測定ポイントとの偏差の視覚表示や面積、体積、重心計算他等多数の強力な解析機能を持ちます。

fw_osnap

Osnap

Osnap(オブジェクトスナップ)は、モデリング時にオブジェクトの端点や中心点、交点、接点等を検出して、精度の高いモデリングをより効率的に行うことの出来る補助ツールです。

優れたモデリング機能と操作性

Rhinocerosは、NURBSモデリングに必要なすべての機能をもちあわせています。ロフト、スイープ、ネットワークサーフェス、パッチ等によるサーフェスの生成、トリム、オフセット、フィレット、ブーリアン演算機能等を用いてサーフェスの編集をすることが可能です。
ネットワークサーフェスや、スイープは2つの曲面を接するサーフェスに対し、連続性G0(位置連続)G1(接線連続)G2(曲率連続)を指定し、滑らかで品質の高いの複合サーフェスを作ることができます。作成したサーフェスは、解析ツールを用いて環境マッピング、ゼブラマッピング、曲率表示により解析することができます。

nwsrf

ネットワークサーフェスで、2つのサーフェス間にG2(曲率連続)となるサーフェスを作成している例

emap

環境マップによる表示

zebra

ゼブラマッピングによる表示

crvana

曲率表示による表示

コンセプトデザインから試作を経た量産化まで

Rhinocerosは、自動車、工業製品、金型の設計に至るまで高精度なモデリングが可能です。コンセプトデザインのみにとどまらず製品として製造モデルの段階まで使用されています。下記は、初期のデザイン展開から原寸モックアップを経た製品化までデザイナーサイドがRhinocerosを活用した実例。澄川伸一デザイン事務所の澄川氏デザインによる東陶機器「大型浴槽PAZ1800」。大海原の海面のうねりの造形をデザインモチーフとしたハイエンド大型浴槽。
澄川氏より゛コンセプトデザインのプレゼン用に作成した形状DATAから、IGES、STLなどの出力による原寸の試作が迅速にできるライノのメリットはデザイナーはもとより設計者、メーカーにとても好評でした。また、ライノでのモデリングの確認、修正作業なども極めてスピーディーに行うことができます。試作が迅速に行われることが次のステップの作業をより確実なものとし、製品までの道のりの安定性とスピード化に大きく貢献すると思われます。

bath1

初期アイデアスケッチ
鉛筆手書きによるスプラインのイメージ検討

bath2

ゼブラマッピングによる歪のチェック

bath3

Rhinoceros上でシェーディング

bath4

Open GLによるクイックレンダリングでスピーディにデザインをチェック
水位のチェックも迅速に行える。

bath5

量産化された製品の写真
東陶機器株式会社
「大型浴槽PAZ1800」

生産効率の向上

Rhinoceros 3.0の新機能、ブロックやワークセッションを使用することによってより効率的なモデリングが行えるようになりました。
ブロックの機能を使用すると、複雑な形状モデルをブロックという一つの要素として取り扱うことができます。例えば、ブロック自体を部品ライブラリーとして、参照し使用することによってデータ自身に負荷をかけることなく大規模なモデリングが可能になります。
ワークセッションは、モデルデータをカテゴリわけされたファイルとして、データを共有しながら編集することが可能です。ワークセッションにより定義されたモデルデータは表示のみとなり、各ユーザは全体(プロジェクト)を見ながら、それぞれ担当するパーツで作業することができます。ワークセッションは、ブロック同様、データを最小化した状態で大規模なモデリングを可能にします。

<ワークセッションを使用した例>

work1work2work3

work4-1
ホイール、ブレーキ、ダンパーをワークセッションで、モデリングしている例;
他部門で変更がかかったモデルは、ワークセッションマネージャーで更新することにより最新データを表示する。

work4-2work4-3

豊富なデータフォーマットのサポート

Rhinocerosの大きな特徴の一つに豊富なデータフォーマットサポートがあります。DXF,DWGはもちろん、IGESやSTEPフォーマットにもサポートしておりRhinocerosを通してCATIA、Pro/Engineer、I-DEAS、SolidWorks等のCADとのデータ交換が可能です。また、Rhinocerosで作成し、取り込んだモデルを精度や密度を考慮したオプションで、STL,OBJ,LWO,DXF等へポリゴンメッシュモデルへ変換して出力することもできます。RhinocerosでCADデータを読み込みCGへポリゴン出力して使用するなどバーチャルなCGとリアルなCADとのブリッジとしての機能を持つ唯一のソフトです。また、高い精度に設定して、STLへ出力することによって試作モデルへ応用することも可能です。

img

*注:出力のみサポート
Rhinocerosでは、ポリゴンの編集はできません。

お問い合わせ

製造エンジニアリング事業本部 デジタルエンジニアリング部

TEL 03-5859-3006
E-mail bp1-sales@ml.scsk.jp

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム