製品・サービス

RADIUS GUARD Sの特長

RADIUS GUARD Sは、許可した端末・ユーザーだけに、ネットワークアクセスを可能にするスマートデバイス対応のRADIUS認証・DHCPアプライアンスです。
RADIUS認証・プライベート認証局(CA)・DHCP・申請ワークフローを一つのアプライアンスで提供するため、従来の個別に構築する認証サーバー方式に比べ、導入および運用時の作業負荷と、認証に関わるコストを削減することができます。
また、管理側と利用者側にも便利な機能やツールをそれぞれ用意しており、安全性やコストメリットだけでなく、使いやすさも実現しています。

特長
特長1:小型の筐体1台で200,000ユーザまで利用可能

RADIUS GUARD S は、1つの筐体で200ユーザーから200,000ユーザーまで対応します。
認証を行いたいユーザー数に合わせて、ユーザーライセンスを追加するだけで拡張可能ですので、途中でユーザー数が増加した場合でも、筐体を入れ替える必要がありません。
将来の拡張も視野に入れた導入が可能です。

特長2:組織単位でユーザー管理、属性管理が可能

組織構造のイメージで、ユーザー・端末を管理できます。

r02_ldap_user
特長3:外部LDAP、外部ADと連携可能
特長4:証明書発行機能(CA機能)、スマートデバイス対応証明書
特長5:ID/端末申請・証明書発行ワークフロー機能
特長6:古い未使用アカウント自動削除機能
特長7:2台冗長構成も1Uサイズで横に並べて低スペースで可能
DHCPサーバー機能~ 同一筺体でサポート
DHCPサーバー機能

同一筐体で認証サーバー機能とDHCPサーバー機能を共存し利用することが可能です。いずれの機能も最大ユーザー数、最大のIPアドレス管理数まで余裕で拡張しカバーできますので、低コストで、よりセキュアな運用をサポートします。

特長1:1つの筐体で10,000IPアドレス払い出し可能

複数台の統合管理により、最大100,000IPの管理、運用までサポートします。

特長2:2台冗長に対応

認証サーバー機能、DHCPサーバー機能ともに冗長構成が可能で、遠隔地冗長にも対応しており、障害時もサービスを継続可能です。

※注 DHCPサーバー機能は、オプションライセンスです。別途ライセンスを適用することで利用が可能です。

便利機能~ 導入企業からのご要望を実現
MACアドレス自動入力機能

MACアドレス認証機能を利用したい場合、申請においてPCに馴染みのない方や、スマートデバイスをご利用の場合など、MACアドレスを探し入力することが負担になる場合もあります。
RADIUS GUARD S では、申請ツールにMACアドレス自動入力ボタンが付いており、1クリックでMACアドレス情報を収集し簡単に申請を促すことができますので、楽な運用を進めることが可能です。
(DHCPサーバー機能オプションを利用している場合)

スマートデバイス専用ユーザーツール

スマートデバイスでも操作しやすい入力画面です。

ユーザー様と共に発展するRADIUS GUARD S

様々な便利機能はユーザー様の要望を元に改良や、拡張へと導いております。
RADIUS GUARD S はどのようなお客様も安心して使い続けていただくことが可能な製品です。

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITプロダクト&サービス事業本部 ネットワーク部
TEL 03-5859-3034
FAX 03-5859-3102

お問い合わせフォーム