製品・サービス

Oracle EBS最適化サービス


SCSK、B-EN-G、日本ユニシス3社のノウハウを融合

 

お客様の課題

  • アップグレード予算の確保が課題!アップグレードのプロジェクトリスクを排除したい!
  • 維持運用コストは適正なのか? 戦略領域への投資の障害になっている!
  • TCOの最適化が急務!
  • どうすればEBSをより効果的に活用できるのか?(将来性・継続性担保)
  • 最適なソリューションの選択肢が少ない!(既存ベンダに依存傾向)

サービス概要・適用業務・提供サービス

 

SCSK、東洋ビジネスエンジニアリング、日本ユニシスは3社が保有する製品、サービス、ノウハウを組み合わせ、EBSユーザ企業様の効果的なEBS活用を実現するサービスをご提供します。

本サービスでは、アップグレードを契機に未来の姿を可視化し、「システムライフサイクルコストの最適化、競争力・持続性のあるシステム基盤構築」をご提案します。

Oracle EBS最適化サービス 概要図
 

 

特長・機能

  • アドオンプログラムの自動検出およびアップグレード後に問題が発生するプログラムの特定
  • プログラム修正方法の提示
  • プログラムの依存関係を考慮した最も効率的なテスト計画の策定支援、テストシナリオの自動生成
  • プロジェクト実行時におけるタスク進捗状況の提示

導入のメリット・効果

  • 必要な作業が明確になり、アップグレードに必要なコストをプロジェクト計画時点で事前に精緻に見積ることができます。
  • 改修やテストの漏れがなくなり、アップグレードプロジェクトのリスクを軽減することができます。
  • 調査の自動化と改修対象の明確化で、余計な作業が減りアップグレードのコストを削減できます。
  • テストシナリオ自動生成機能によりテストシナリオ作成の大幅な効率向上がはかれます。
  • コード解析機能(Panaya社特許取得済)で、過小テスト、過剰テストを回避できます。(リスク軽減とコスト削減)

関連するトピックス

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム