製品・サービス

IPS Path Planner


特長

概要オートマチック & グライダー & コンビネーション
  • ■ オートマチック &イージ ーオペレション
    スタートポジション・ゴールポジションのみの設定で、干渉のない組み付け経路の計算実行が可能となります。専門的な知識は必要なく、だれでもスキルに依存しない経路計画を検証できます。
    特長 オートマチック &イージ ーオペレション イメージ画像1 特長 オートマチック &イージ ーオペレション イメージ画像2
  • ■ ウェイトバランス
    干渉対象物との距離確保を重視するか、最短経路を重視するか、部品の回転自由度を許容するか部品の移動範囲を許容するか、などの指標に対する重み付けをスライダーバーによりバランスを変えて計算を実行できます。
  • ■ パラメータコントロール
    XYZ各軸に対しての許容角度、基準座標の指定など緻密なパラメータコントロールを行うことでユーザーの意思(制約条件)を反映させることができます。
  • ■ グライダー
    特長 グライダー イメージ画像
    部品同士を(接触させて)滑らせながら、手動で組み付け経路検証を行うことができます。
    部品同士が非常に緊密な位置関係にあり、自動経路計算が収束しづらい場合には、グライダーで移動させた位置関係を経由ポジションとしてセットすることで、計算収束を促すことができます。
  • ■ ケーブルコンビネーション
    特長 ケーブルコンビネーション イメージ画像
    IPS Cable Simulationとコンビネーションでシミュレーションを実行できます。例えば、ケーブルに接触しながら部品を分解するシーンを簡単に再現できますので、ケーブルを含めた組み付け性やメンテナンスサービス性のデジタル検証を簡単に行えます。

お問い合わせ・資料請求

製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム