製品・サービス

IBM XIV Storage System


きわめて低いTCOを実現する、革新的なハイエンド・ディスク

メーカー名

日本アイ・ビー・エム株式会社

事例

概要

常に一貫した高いアクセス性能を実現する、超並列分散アーキテクチャ

IBM XIVは革新的なグリッド・アーキテクチャ・デザインにより、データの自動分散装置、独自のキャッシング・アルゴリズム、その他のイノベーションを採用することによって、ホット・スポットを除去し、高パフォーマンス、信頼性、可用性、拡張容易性を誇る単一階層のストレージを提供し、きわめて低い総所有コスト(TCO)を実現します。XIVアーキテクチャは容量とともにパフォーマンスの拡張が可能なため(手動による調整が不要)、容易に容量を拡張することができます。

ビジネス要求にすぐに対応できる、
使いやすいユーザー・インターフェース

XIVのアーキテクチャでは、手間のかかる性能チューニングやその他の煩雑な運用管理は不要です。
また、わずかなトレーニングあるいは専門知識によって、ボリュームのプロビジョニング作業から複数システムの集中モニタリングまで可能となる、非常に直感的に操作できるグラフィカル・ユーザー・インターフェース(GUI)や統合管理ツールによって、ストレージ管理業務は簡単に、効率的になります。
XIVのGUIは、ボリュームの作成とホストへの割り当てが数十秒以内で完了できるだけでなく、スナップショット、レプリケーションや災害対策、シン・プロビジョニング、XIV以外のストレージからの自動データ移行、レポートやセキュリティ機能など、XIVのあらゆる先進的機能と統合されています。
XIVは、より大規模な環境でのリソース統合管理が可能となるIBM Tivoli Storage Productivity Center(TPC)、Microsoft System Center Operations Manager (SCOM)、Symantec Veritas Storage Foundationをはじめ、SMI-Sをサポートする他の製品と統合されます。

ibm_xiv_img01

ibm_xiv_img02_s

クリックして拡大できます

仮想化環境をより速く、より経済的に
  • XIVは独自のグリッド・アーキテクチャにより、多様なアプリケーションから生まれる大量で、変化が予測 できないワークロードを超並列で処理できる、仮想化サーバー環境に最適なエンタープライズ・ストレージです。XIVはHyper-V、PowerVM、VMware、Xen、z/VM、およびIBM POWER SystemsのVIOS(System iおよびSystem p)をサポートします。
  • VMware社とIBMはGold Alliance Partnershipの関係にあり、テクノロジー面、機能ならびにエンジニアリングにおける戦略的な協業を継続しています。XIVはVMware社のReference Architecture Labに採用され、VMware製品の新機能はその初期段階からXIVとの組み合わせで動作検証されます。
  • XIVはVMwareの持つストレージ関連機能である、VMware Virtual Center Console Plug-in(ストレージ・ビューと管理の自動化機能)、vStorage API for Array Integration (VAAI。VMwareのいくつかのストレージ・タスクをXIVにオフロード)、VMware vCenter? Site Recovery Manager(SRM。信頼性の高いシステム・リカバリを実現する機能)と、広範に統合されています。XIVはVMwareとの災害対策や統合管理機能を含む優れた統合で、より速く、よりシンプルで、より管理しやく、より低コストのエンタープライズ・ストレージ環境を実現します。

ibm_xiv_img03_s

クリックして拡大できます

ホストやアプリケーションのアクセス性能優先度をシンプルにコントロール
  • XIVは独自のグリッド・アーキテクチャにより、多くのホストからのI/Oをほとんどの状況で自動的かつ効率よく処理できます。さらに、たとえばSAPなどのERPシステムに代表されるように、同一のXIVに検証や開発用のホストが同居する環境において本番アプリケーションへの影響を制御したい場合には、より重要なホストやアプリケーションに対しアクセス性能の優先度をつけられる、XIVのQuality of Service(QoS)機能が有効です。
  • QoSでは、ホスト当たりのI/Oの上限値をIOPS(秒あたりのI/O数)あるいはスループット(MB/s等)で設定したパフォーマンス・クラスを最大で4つ作成でき、それぞれのパフォーマンス・クラスにホストを自在に配置でき、上限値の変更やホストの再配置も容易です。
  • XIVのQoS機能は、インターフェース・ノード部分で制御されるように実装されているため、グリッド・アーキテクチャとの相性に優れ、XIVの特徴であるキャッシュ・メモリの高い利用効率もそのままです。

ibm_xiv_img04_s

クリックして拡大できます

柔軟性が高くシンプルに管理できる事業継続性のサポート
  • XIVは、ソフトウェア・ライセンスの追加コストなしで災害対策やリモート・バックアップを実現する同期および非同期の差分ミラーリング機能を利用でき、企業の事業継続性をサポートします。 ミラーリング機能は、サイト間における理論上無制限の距離のレプリケーションを含む、お客様の幅広いレプリケーション要件をカバーします。
  • XIVのミラーリング機能は、ボリューム単位、あるいは複数ボリュームから成る整合性グループ(コンシステンシー・グループ)単位で制御でき、ターゲットとなるXIVとの関係は最大16台まで設定できます。非同期ミラーリングのスケジュール設定は、RPO(Recovery Point Objective。データをどの時点にさかのぼって復旧させるかを示す)を30秒から24時間の間で指定するだけで完了します。この値は、XIVの使いやすいユーザー・インターフェースにより、ビジネスの要求に応じていつでも柔軟に変更できます。
  • また、XIVでは可搬性に優れたテープ媒体を用い、サイト間のサービスやネットワーク帯域へのインパクトなしに初回データ同期を実現する、独自のオフライン初回データ同期機能により、ミラーリング環境をよりシンプルに構築できます。他の多くの手法では、初回データ同期でサイト間のネットワークにすべての保護対象データが流れますが、XIVではスナップショット機能とテープ媒体を組み合わせることで、より狭いネットワーク帯域でも十分な、デルタセットとチェックサムのデータのみを流します。

ibm_xiv_img05

ibm_xiv_img06_s

クリックして拡大できます

お問い合わせ

ITエンジニアリング事業本部 エンタープライズ第二部

TEL 03-5859-3024
E-mail stnw-support@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム