研究開発向け材料開発CAE GeoDict(ジオディクト)

お問い合わせはこちら
メーカー名:Math 2 Market GmbH 
(マス トゥー マーケット)
研究開発向け材料開発CAE

リチウムイオン二次電池や燃料電池、濾材、繊維複合材、織物、紙などのさまざまな多孔質材料構造の生成を容易にし、それら構造を用いた材料特性や機能評価を最適化できる革新的な材料開発総合パッケージソフトウェアです。

トピックス

特長

GeoDictは、従来から行われている試料や、テストピース有りきの材料開発プロセスと、併用または置き換えをすることにより、新素材や高機能材料の開発プロセスを標準化し、開発にかかる膨大なコストや時間を大幅に削減することができます。

GeoDict

機能

GeoDict® は、これまで3次元CADシステムで生成することが困難であった様々な材料構造の幾何形状を簡単に生成し、コンピュータ支援により微視的構造が影響する様々な材料特性をシミュレーションします。
パラメータの入力と乱数により、様々な仮想材料の構造を生成することはもちろん、3D-SEMやFIB-SEMなどで得られた実際の試料のCT画像から3次元構造を再構築することも可能です。得られた構造は、独自のソルバーもしくは他社汎用ソルバーにて計算することができます。

<対象材料>

  •  繊維複合材(ガラス/カーボン繊維強化プラスチック等)
  •  不織布やフェルト
  •  濾材/フィルタープリーツ
  •  リチウムイオン二次電池や燃料電池の構成材(GDL、MPL、CL等)
  •  DPFやセラミック(焼結材等)
  •  織物基布やロープ
  •  フォーム材/発泡材/断熱材
  •  スポンジ(海綿)
  •  
  •  岩石
  •  粒子最密構造
  •  (人の)肺

<特性予測・構造分析機能>

  •  熱/電気伝導
  •  圧力損失
  •  機械的特性
  •  細孔径分布
  •  拡散
  •  透過率
  •  飽和度
  •  フィルター効率/フィルター寿命
  •  パーコレーションパス
  •  表面積
  •  バブルポイント 等
GeoDict

動作環境

ハードウェア環境

CPU

2GHz(Intel® Xeon® または Core i7 プロセッサ)

物理メモリ

8GB(推奨: 16GB以上)

HDD容量

インストールには300MBの空き容量が必要(推奨: 40GB以上)

グラフィックス

  •  画面解像度:1280 x 1024 以上、色:24-bit 設定
  •  128MB以上のDRAMメモリを搭載するOpenGL 2.0以上対応品(256MB以上を推奨)

ソフトウェア環境

Windows環境

Windows 7 Professional, Enterprise, Ultimate SP1以降

Windows 8 または 8.1 Professional, Enterprise

Windows 10 Home / Pro ※Current Branch for Business (CBB)

※64-bit のみ対応

Linux環境

glibc 2.12 以上のLinux

(Red Hat Enterprise Linux 6.X または 7.X, SuSE 12, Ubuntu 12)

※64-bit のみ対応

動画

 

導入企業

開発元

GeoDict® (ジオディクト)は、欧州最大の応用研究機関フラウンホーファー研究機構で誕生した新材料開発のための総合パッケージソフトウェアで、開発元はドイツのMath2Market GmbHです。

 
  • 掲載されている製品、会社名、サービス名、ロゴマークなどはすべて各社の商標または登録商標です。

製品・サービスに関する
お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりなど
お気軽にお問い合わせください。

製造エンジニアリング事業本部
解析ソリューション第一部
TEL:03-5859-3012
E-mail:geodict-sales@ml.scsk.jp
お問い合わせフォーム
お問い合わせはこちら