製品・サービス

Kibit Email Auditor

メーカー名

株式会社FRONTEO

(旧株式会社UBIC)

製品

人工知能【Kibit】によるEmail自動監査ツール

人工知能【Kibit】によるEmail自動監査ツール

株式会社FRONTEO(旧株式会社UBIC)が独自に開発した人工知能【Kibit】が、監査官の調査手法を学習し、監査対象となる関連Eメールを自動で判断し抽出いたします。

一度監査対象としてチェックしたメールを、人工知能が自動学習し、関連メールを厳選して自動抽出するため、監査に要する時間の低減、高スピードでかつ精度の高い監査を可能にし、大幅に監査にかかるコストを削減することができます。

また、当製品は文章を言語の品詞レベルまで分解し、対象者間でどのような言葉を、どのような組み合わせで使用しているかを分析する機能を搭載しているため「行動内容を把握し、重要なものを可視化する」という高次元のメール内容解析を可能とします。

特長

人工知能【Kibit】の特長
  • eディスカバリ支援サービスで十分に実績のある人工知能エンジン。
  • 多言語対応。(英語、日本語,中国語,韓国語)
  • テキストデータの解析に特化(自然言語を理解)。
  • 大がかりなプラットフォームは不要。Windowsでも稼動が可能。
Email Auditorの特長

従来のメール監査サービスは、キーワードによるメール検索のため、キーワードの設定を誤ると、監査対象ではないメールの大量抽出や、対象とするべきメールが抽出されない等、精度の高い監査が困難であったのに対し、当製品は、

  • 高い捕捉率を保ちつつ適切な数量のメールを抽出可能。
  • キーワードを設定不要。
  • キーワードをメンテナンス不要。
  • ヒットしたメールの中で優先度をつけることが可能。
  • 人工知能が社員の監視をサポート。

関連製品

人工知能【Kibit】による ビジネスコミュニケーション データ分析システム

人工知能【Kibit】による ビジネスコミュニケーション データ分析システム

お客様の暗黙知を学んだ人工知能がコミュニケーションを分析し、ビジネスチャンスとリスクを検知します。

KIBIT Knowledge Probeは、人工知能が多忙なエキスパートの業務を支援する、まったく新しいビジネスデータ分析支援システムです。お客様の暗黙知を学んだ人工知能が、社内外とのメールやお客様からのお問い合わせ、口コミなど、コミュニケーションにおける膨大なテキストデータを分析。まだ顕在化していない“予兆”を検知し、見つけたい情報を自動で仕分け・抽出することで、円滑な情報伝達と新たなビジネス機会の創出、リスク回避を支援します。

お問い合わせ・資料請求

ITエンジニアリング事業本部 エンタープライズ第二部

TEL 03-5859-3024
E-mail stnw-support@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム