製品・サービス

DataSpider Servista ERP Adapter for SAP®は、SCSK株式会社が株式会社セゾン情報システムズ社製EAIパッケージ「DataSpider Servista」をベースに開発した、業務基幹パッケージ「SAP®ERP」との連携用アダプタです。

製品コンセプト・特長

低コストなSAP®システム連携ソリューションを実現!

「SAP®ERP」と周辺システムの連携開発には、ABAPなどの高度な技術知識が必要となるため、システム構築を外部ベンダーへ委託するケースが多く見受けられます。

しかし、外部ベンダーへの委託は期間やコスト面での課題が多く、内製化を推進する企業が増加傾向にあります。 そのような背景の中、EAIツールの利用は、高度な知識を必要とせず、GUIで簡単に連携処理を開発できるため、システム連携に必要とされるスキルや時間、コストの大幅なカットにつながります。

「ERP Adapter for SAP®」は、大規模なデータ連携をすばやく実現できるデータ連携プラットフォームである「DataSpider Servista」のアダプタとして、「SAP®ERP」と周辺システムとのデータ連携をよりスムーズに実現できます。

DataSpider Servista ERP Adapter for SAP®の特長

  • 短期間でのインターフェース開発を実現!

    「SAP®ERP」アプリケーションに対し、「DataSpider Servista」からシームレスにアクセスすることができるため、設定とテスト実行のサイクルを迅速に行えます。

    「SAP®ERP」アプリケーション上のデータをその都度確認しながら設定できるため、精度が高く効率的なインターフェースの構築が可能です。

  • DataSpiderの特徴でもある高生産性のGUI開発環境を継承!

    DataSpider Servista」の特徴である視認性、操作性の高いGUI機能を継承しており、マウスのドラッグ&ドロップでの設定が可能です。

  • 低価格のライセンス費用!

    DataSpider Servista」本体を含め、1000万円を切る低価格でのライセンスコストの提供を実現するとともに、高い生産性により構築コストを最小限に抑えることができます。

既存業務や既存IT資産を有効に活用!

マルチプロトコル・マルチフォーマット対応の「DataSpider Servista」を経由して、既存システムとSAPシステムがシームレスに連携することを可能とします。 例えば、メールに添付された注文データのExcel帳票を「DataSpider Servista」が受信し、自動的にSAPシステムの受注伝票を作成するといったことや、SAPシステムからクエリ/テーブル呼び出しで抽出したデータをEXCELファイルに出力し、メールで担当者に配信するなど、今までSAPシステムとの連携が困難であったユーザインターフェースとの連携も可能とします。

SAPアダプタを利用したソリューション例①

SAPアダプタを利用したソリューション例②

機能概要

SAP®が提供する標準インターフェースBAPI®、RFCに対応

BAPI®/RFCを利用してSAPシステムとのデータの送受信を実現します。

SAP RFC 呼出 (SAPへのデータ送信)

SAP RFC 受信 (SAPからのデータ受信)

SAP®が提供する標準インターフェースIDoc、ALEに対応

IDoc、ALEを利用してSAPシステムとのデータの送受信を実現します。

IDoc送信 (SAPへのデータ送信)

IDoc受信 (SAPからのデータ受信)

SAP®のテーブル・クエリに対応

SAPシステム上のテーブルまたはクエリからSAPシステムのデータを取得します。

SAP クエリ呼出 (SAPからのクエリデータ取得)

SAP テーブル参照 (SAPからのテーブルデータ取得)

開発画面イメージ

使いやすいGUI開発環境で、SAP®システムとの連携インターフェースを容易に開発

DataSpider Servista」の特徴であるGUI開発環境の操作性、高生産性を最大限に活かし、容易にSAPシステムとの連携インターフェースを作成することができます。「DataSpider Servista」の既存のコンポーネントと同様の操作で開発が可能ですので、複雑なシステム連携を簡単に行うことができます。

BAPI®、RFC連携の開発イメージ

BAPI®の入力パラメータ(IMPORTパラメータ)、出力パラメータ(EXPORTパラメータ)を自動的に取得することができ、さらには「DataSpider Servista」の変換画面(マッパーコンポーネント)にBAPI®のデータレイアウトを反映することができます。

IDoc、ALE連携の開発イメージ

IDocの入力パラメータ、出力パラメータを自動的に取得することができ、さらには「DataSpider Servista」の変換画面(マッパーコンポーネント)にIDocのデータレイアウトを反映することができます。

SAPクエリ、テーブル連携の開発イメージ

SAPクエリ/テーブルの出力パラメータを自動的に取得することができ、さらには「DataSpider Servista」の変換画面(マッパーコンポーネント)にBAPI®のデータレイアウトを反映することができます。

SCSKが提供するソリューションの強み

豊富なSAPシステムと連携ソリューション実績

SCSK株式会社は、SAP導入案件でのシステム連携ソリューションの導入実績を豊富に持っております。 BAPI®やRFCを利用したインターフェースの開発実績も豊富にあり、そのノウハウをSAP®アダプタにも活かしております。 SAPシステムとの連携の場合、要件を確定するところから非常にスキルと工数を必要としますが、 上流フェーズからのコンサルティングやご支援も行っておりますので、安心してご相談下さい。

動作環境

サポートOS
  • Microsoft Windows Server 2008 (x86/x64)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 (x64)
  • Microsoft Windows Server 2012 (x64)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2(x64)
  • Microsoft Windows Server 2016 (x64)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (x86/x64)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (x64)
  • Cent OS 6 (x86/x64)
サポート DataSpider Servista バージョン
  • DataSpider Servista 4.1以降
サポートSAP®アプリケーション
  • SAP R/3 4.7
  • SAP ERP 6.0
  • SAP S/4 HANA
前提ソフトウェア

SAP® Java Connector 3.0.1

※最新の対応状況についてはお問合せ下さい。

※SAP® Java Connector 3.0.1は、SAPサービスマーケットプレイスから
ダウンロードしてください。

※ダウンロードするにはSユーザIDが必要になります。

<注意> Windows環境のみ

SAP® Java Connector 3.0.1をWindows環境で利用する場合は、Microsoft Runtime DLL を追加する必要があります。

※詳細はSAPノート(684106)を参照してください。

本製品・サービスについてのお問い合わせ

ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア第一部

TEL 03-5166-1381
FAX 03-5859-3097

お問い合わせフォーム

SCSK株式会社は、株式会社セゾン情報システムズの指定販売代理店です。
DataSpider® Servistaは、株式会社セゾン情報システムズの登録商標です。
記載製品の仕様は予告なしに変更する場合があります。

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム