製品・サービス

CTOS for BMS


卸・メーカー様向け流通BMSサービス

お客様の課題

  • 流通BMSを導入している得意先に早期対応したい。
  • システム運用の固定費増大を抑えつつ、得意先や受注件数の増減に業務を合わせたい。
  • 流通BMSと現行レイアウト間の繁雑なフォーマット変換に柔軟に対応したい。

サービス概要

CTOS for BMSは、お客様のEDI環境に合わせて流通BMSに対応できるサービスです。 CTOS for BMS(シートス フォー ビーエムエス)概要図
※1 CXCHANGE(Commerce eXCHANGE)はSCSKのインターネットEDIプラットフォームです。
※2 「流通BMS」は財団法人流通システム開発センターの登録商標です。
※3 主な小売業様の標準テンプレート詳細につきましてはお問い合わせください。

適用業務・提供サービス

流通BMSを導入している得意先の受注業務に特化したサービスです。
流通BMS形式のデータをお客様の環境に合わせた形式へフォーマット変換してお渡しいたします。
また、お客様の環境で作成されたデータを流通BMSに対応した形式にフォーマット変換します。

特長・機能

《集配信機能》
得意先の発注システムで作成されたデータをSCSKグループデータセンターのEDIサーバーで代行受信し、受注企業に一括配信します。また、受注企業のシステムで作成されたデータを一括集信し、得意先に代行送信します。

《フォーマット変換機能》
EDIサーバーが持つプロトコル/フォーマット変換機能により、流通BMSプロトコル/フォーマットと受注企業プロトコル/フォーマットを相互に変換します。

《対応プロトコル》
流通BMS:ebXML、AS2、JX手順
従来型EDI:J手順、全銀手順、全銀TCP/IP手順、FTP手順

《流通BMS対応バージョン》
基本形(1.3)、百貨店版(2.1)

《その他機能》
流通BMS形式データを変換する場合のお客様へ提供するフォーマット形式は、固定長、CSV等でのご提供も可能です。
固定長に関しては、全てのBMS項目を含んだSCSK汎用フォーマットを標準でサポートします。
大手小売様のJ手順フォーマットにも対応します。

導入のメリット・効果

  • 流通BMSに関する自社システム変更費用を抑えることができます。
  • 複数の得意先様からの受注に関する運用負荷を軽減することができます。
  • 受注に関するシステム投資費用を、固定費から従量による変動費に変えることができます。
 

関連サービス

 
 
 

お問い合わせ・資料請求

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム