製品・サービス

Progress Corticon

次世代BRMSBusiness Rule Management System)

メーカー名

Progress,Inc.(国内総代理店:株式会社アシスト)

BRMSとは

BRMSは、定義したビジネルール(業務ロジック)をアプリケーションと切り離し、「ルールエンジン」によってビジネスルールを誰もが分る形で管理・実行することを可能にします。

システムをつくりこまないことで超高速開発を実現

Progress Corticonは、内部設計の段階で、ヒアリングをしながらルールをモデリング、単体テストを行い、モデリングが完了した時点でアプリケーションとして利用可能です。つまり”つくらないシステム”を実現し、内部設計とコーディングの工程を大幅に削減します。

「システムをつくりこまないことで超高速開発を実現」の結果、平均的な導入開発工数 2~10倍圧縮

Progress Corticon(BRMS)導入効果

その1:業務ルールが可視化される
プログラムのソースコードに埋もれていたロジックを、誰もが理解可能な形で可視化できます。ブラックボックス化、属人化が排除され、バグもなくなり、高品質なアプリケーションを実現できます。
その2:システムが柔軟になる
プログラミングが不要で、ルールの変更はGUIで簡単に行うことができます。また、ルールが外出しされていることで、影響範囲も小さくなるため、仕様変更に伴うシステム改修にも柔軟に対応可能です。
その3:ノウハウがシステム化される
業務担当者が持つ知見やノウハウをルールエンジンに搭載することでナレッジ共有、エキスパートシステムとして利用することができます。

Progress Corticonの特長

・特長1 100%コーディングレス!

普段のビジネスで使っている語彙のみを用いてルールを記述していくので、まったくプログラムのコーディングが必要がありません。
プログラミングが読めない業務ユーザーが自身でルールを記述し、ルールのテストまで実施可能です。

・特長2 ルールの論理エラーをすぐに検証!

要件定義時や、設計時に設定したルールの論理性を1クリックで自動検証し、曖昧性や完全性、無限ループの発生を簡単に発見することができます。

特長2 ルールの論理エラーをすぐに検証!(1クリックで曖昧性の確認、1クリックで完全性の確認、1クリックでループの確認)
・特長3 高速なアルゴリズムを実装!

特許取得済み技術である、DeTI(デーティ/Design-Time-Inferencing™)アルゴリズムを採用。従来製品で採用されているアルゴリズムRETE(リート)と比較し、ルール数だけでなく、データの”複雑さ”の増加に対しても拡張性が優れています。

特長3 高速なアルゴリズムを実装!
・特長4 既存システムとの柔軟な構成!

開発したルールはWebサービスを利用できれば、あらゆる言語、BPM製品、ワークフロー製品、開発ツールとシームレスに連携可能です。

製品構成

Progress CorticonはルールをモデリングするStudioと、ルールを実行するServerで構成されています。StudioはクライアントWindows環境、ServerはWindows、Linuxサーバ環境です。オプションとしてDBへ連携することも可能です。

ライセンス名称 概要
Corticon Server ルールエンジン本体です。配布されたルールを業務アプリケーションからの呼び出しにより実行し、判定結果を返答します。
Corticon Studio ルールをモデリングするクライアント製品です、ルールの定義、論理性チェック、テストを行い、開発したルールをルールエンジンに配布します。
Enterprise Data Connect(EDC) オプション製品です。ルールエンジンからSQLコーディング無しに業務データベースへアクセスすることができます。

動作環境

以下をご参照ください。
国内総代理店:アシスト社のサイト

お問い合わせ・資料請求

ITエンジニアリング事業本部 ミドルウェア部 技術第六課

TEL 03-5166-1320
E-mail progress-info@ml.scsk.jp

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム