製品・サービス

Cloud System ENABLER


プライベートクラウドアプライアンス

製品概要

プライベートクラウド基盤構築に必要となるハードウェア、ソフトウェア、構築ノウハウをパッケージ化したアプライアンス製品です。

最小のシステムでスタートできるため初期投資を抑えられることに加え、処理負荷が高くなった場合にはハイブリッドクラウド機能により当社クラウドサービスや他社クラウドサービスを利用することができるため、無駄の無いIT基盤を構築できます。

また当社クラウドサービス「USiZE(ユーサイズ)」で実証済みの基盤構築・運用ノウハウとシステム構成により、他社のクラウドアプライアンス製品に比べ、低リスクで高い品質を実現しながら、初期構築工数、期間の削除を実施することができます。

製品概要

製品・ラインナップ

モデル スターター
モデル
エンタープライズ
モデル
サービスプロバイダ
モデル
ターゲット用途 検証向け 企業向け 大規模事業者
システム規模 32Core 32Core~ 256Core~
仮想サーバ数 20 48
(拡張制限は基本的に無し)
448
(拡張制限は基本的に無し)
実効ストレージ容量 1.2TB プライマリ:1.4TB
セカンダリ:1.4TB
(拡張可能)
プライマリ:6TB
セカンダリ:2.4TB
(拡張可能)

主要コンポーネント

「Cloud System ENABLER」はCitrix Cloud Platformを始め、Arista NetworksやHP Proliant Gen8など最新プロダクトを活用しており、お客様は低リスクで最新テクノロジーを利用することができます。
コンポーネント 採用機器・ソフトウェア
サービスポータル Citrix CloudPlatform
ファイアーウォール Citrix CloudPlatform および Vyatta
ロードバランサー Citrix CloudPlatform および Riverbed Stingray
クラウド管理 Citrix CloudPlatform
ハイパーバイザー Citrix XenServer および VMWare vSphere
サーバ HP Proliant Generation 8
ネットワークスイッチ Arista 7000シリーズ
ストレージ HP 3PAR および VAStorage

特長

(1)ロードバランシング、コンピューティング、ネットワーク、ストレージを自動提供
データセキュリティやコンプライアンスに基づいて定義されたポリシーを厳格に順守しながら、CPUやメモリといったコンピューティング、ネットワークおよびストレージをオンデマンドにリソースプールから自動で提供をします。
(2)クラウドサービスの利用を簡素化
事前に設定した仮想マシンのイメージライブラリから容易に仮想マシンを利用できるため、クラウドサービスの提供を簡素化します。また仮想マシンの一覧や利用されているリソースなど、クラウド環境の利用状況をリアルタイムで可視化しレポートすることが可能です。
画面イメージ1
画面イメージ1
Cloud System ENABLERユーザーポータル画面
(3)新しいクラウド運用環境を提供
クラウド管理、ハードウエア、サービスオペレーションの融合による新しいクラウド基盤運用環境を提供します。システム管理、サービス管理の手間と時間および障害発生リスクを削減し、ダウンタイムを最小化するプロアクティブな運用・保守を実現します。クラウド管理機能およびハードウエア管理機能の双方を標準搭載し、クラウド基盤の運用・障害対応に必要な情報の見える化と迅速な保守・サポートを実現します。これらによりサービス基盤構築時から本番運用までのライフサイクル全般の安定稼働にかかる手間・コストを大幅に削減可能です。
(4)ハイブリッドクラウド対応
「Cloud System ENABLER」は、あらかじめハイブリッドクラウドで使用することを想定し、「Apache CloudStack(アパッチ クラウドスタック)」の商用版である「Citrix CloudPlatform」を活用したオープンなアーキテクチャでデザインされており、RightScale(ライトスケール)社のクラウド管理サービスや弊社製品である「PrimeCloud Controller(プライムクラウド コントローラ)」などのハイブリッドクラウド管理システムとの連携が実証済みです。一つのクラウド環境にとらわれない、拡張性の確保とシステムの最適配置を同時に実現します。
 
利用用途、要求サービスレベルなどにより、実行環境を選択・組合せ

利用用途

(1)プライベートクラウド用途
プライベートクラウド環境にも最適です。企業システムへクラウドコンピューティングのベネフィットを提供し、CIO、IT部門が求める自社ITシステムのクラウド適応を実現することで、IT利用の俊敏性を高め、データセンター稼働の最適化を実現します。企業が求めるセキュリティ要件を満たした専用ネットワークと専用サーバへのアクセスができます。権限管理機能により、部署ごとの利用量に応じた費用請求やユーザー管理、仮想マシンテンプレートライブラリ、セキュリティ管理の設定を容易にします。
(2)パブリッククラウド用途
サービス事業者がパブリッククラウドを運用するのに十分なインフラ技術と管理機能を提供します。「Cloud System ENABLER」の管理機能には、ユーザー管理、サービス管理、クラウド管理、クラウドサービス課金データ管理などが含まれます。
(3)ハイブリッドクラウド用途
SCSKのクラウドサービスである「USiZE」との連携はもちろんのこと、オンプレミスシステムや「Amazon Web Services(アマゾン ウェブサービス)」とのシームレスな連携、相互運用も可能です。

価格

お問い合わせ・資料請求

基盤インテグレーション事業本部 営業統括部

お問い合わせフォーム

サービスに関するお問い合わせ

ご質問、ご相談、お見積もりの依頼などお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム