プレスリリース(2017年)

pdf (228KB)
2017.08.02(水)
SCSK株式会社
会議室利用状況モニターシステム「LeadSession」を提供開始
~IoTを活用し、会議室利用確認を実現~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下SCSK)は、会議室利用状況を自席PCやスマートフォンから確認できるWebシステム「LeadSession(リードセッション)」を、2017年8月14日から提供開始します。

LeadSession
1.背景

SCSKでは会議室の予約のキャンセル忘れにより、実際は会議室が空いているにもかかわらず利用したい人が利用できないといった、予約システムの予約状況と利用実態の乖離を解決するために、会議室の有効活用を支援する会議室利用状況モニターシステム「LeadSession」を開発しました。

本システムは、2017年5月に提供開始したIoTを活用したトイレ在室状況モニターシステム「LeadRest(リードレスト)」に次ぐ「Leadシリーズ(※)」の第2弾サービスです。

  • ※「Leadシリーズ」 ・・・ 設備の“効率的な利用へと導く”ことを目的とし、センサーの情報をもとに、設備などの利用状況を把握するためのIoTサービス。
2.「LeadSession」の概要

各会議室に設置した人感センサーとドア開閉センサーの情報をもとに各フロアの会議室の利用実態をPCやスマートフォンからリアルタイムで把握できる会議室利用状況モニターシステムです。

会議室内に複数の人感センサーを設置することにより、室内のどこにいてもセンサーが感知するような仕組みになっています。

「LeadSession」の概要

「LeadSession」を導入することにより、予約システムの会議室の空き情報ではわからない、「実際に空いている会議室」を「会議室を利用したいその場」で確認できるため、利用者にとっては空いている会議室を探す手間が省けるだけでなく、会議室の利用が流動的になることで、会議室の予約状況と利用実態の乖離を解消することができます。

また、管理者においては会議室の利用状況の傾向分析を行い、増設や撤去など運用改善の検討指標とすることが可能です。

3.「LeadSession」の特長
  1. (1)利用状況を一目で確認

    各フロアの会議室利用状況がアイコンで表示され、空き状況を一目で確認することができます。

    「LeadSession」の特長:利用状況を一目で確認 空いている会議室は緑色アイコン、使用中の会議室はグレーアイコンで表示される

    ※空いている会議室は緑色アイコン、使用中の会議室はグレーアイコンで表示される

    長時間利用を把握することも可能で、設定した時間を超過すると長時間経過のアイコンが表示されます。

    「LeadSession」の特長:利用状況を一目で確認 長期間経過の会議室は赤色アイコンで表示される

    ※長期間経過の会議室は赤色アイコンで表示される

  2. (2)リアルタイムで正確な情報

    会議室の広さに応じて複数の人感センサーを設置し、ドア開閉センサーの技術と組み合わせることで、会議室のリアルタイムで正確な利用状況を確認できます。また「LeadSession」では新たに自動更新の設定が追加され、さらに利用しやすいようになりました。

  3. (3)かんたん設定

    会議室の追加、センサーの追加などを管理画面から簡単に行うことができます。

  4. (4)お客様のご要望に応じたサービスの提供
    1. ①お客様の利用環境に対応

      パッケージ商品のため短期間で導入可能で、機器設置と設定のみですぐにシステムを使用することができます。また、物理サーバのほかにクラウドサーバの用意もあり、お客様の環境に合わせてご利用いただけます。

    2. ②お客様の利用シーンに対応

      長時間利用の表示設定や自動更新の機能設定、設置センターのマスタ登録は画面にて設定可能であり、さまざまな会議室のスタイルやお客様のご要望にも柔軟に対応可能です。

    ■会議室に関する要望例

    • 会議室のドアが、自動ドアなどのスライド形式のため開閉センサーが設置できない
    • ドアがないオープンなミーティングルーム

    →入口に人感センサーを設置し、画面にてセンサーのマスタ登録を行うだけで対応可能

    ■その他、対応可能である要望例

    • フリーアドレスの在席情報を把握したい
    • 一定時間一人で集中して作業できる個室が社内にある場合は、個室の空席照会や、社内で決めた利用時間よりも長時間利用している際の検知を行いたい

※センサーイメージ画像

ドア開閉センサー 人感センサー
【ドア開閉センサー】 【人感センサー】
4.今後の展開

「Leadシリーズ」は会議室の利用状況の確認に留まらず、会議室の予約システムとの連携など機能の拡充を考えております。また、会議室やトイレの利用状況の確認だけでなく、「Leadシリーズ」をさらに拡大し、高齢者向け養護施設や遠隔で暮らす家族の見守り・安否確認、商業施設の防犯対策など、さまざまな利用シーンへの導入を検討してまいります。

SCSKは今後も、時間とリソースの有効活用のため、データを可視化するIoTサービスを多様な場面に展開してまいります。

「LeadRest」に関するプレスリリース

http://www.scsk.jp/news/2017/press/product/20170512.html

関連する製品・サービス
本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

SCSK株式会社
製造システム事業本部 製造システム第二部 第三課 Leadシリーズ担当
E-mail : LeadSeries-Info@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】

SCSK株式会社
広報部 高野
TEL : 03-5166-1150

  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。