プレスリリース(2017年)

pdf (434KB)
2017.06.23(金)
SCSK株式会社
製造業の現場品質を支える「atWill Template」リニューアル版を提供開始

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:谷原 徹、以下SCSK)は、企業独自の強みを活かしたシステムをスピーディーに構築する生産管理テンプレート「atWill Template(アットウィル テンプレート)」のリニューアル版を、2017年6月23日から提供開始します。

atWill Template

1. 背景

昨今の製造業は、顧客ニーズの多様化による多品種少量生産化や、需要の伸び悩みからのコスト競争力強化など、企業の収益性を向上するための事業改革を迫られている状況です。

取り巻く環境が急速に変化していく中、SCSKは製造業の生産管理をサポートし、さらに成長させるITの提供を「atWill Template」で行います。パッケージでもスクラッチ開発でもないテンプレート導入ならではの価値をご提供するため、「atWill Template」を大幅に機能強化し、リニューアルいたします。

2. 「atWill Template」の概要

加工から組立を一貫して行うお客様の、企業独自の強みを活かし、一元化されたシステムをスピーディーに構築するための業務機能を「業務テンプレート」として搭載しております。業態に合わせて必要な分だけテンプレートをアレンジすることで、迅速かつ柔軟に業務にフィットした拡張性の高いシステムを構築することが可能です。

リニューアル版のテンプレートラインアップ
【リニューアル版のテンプレートラインアップ】

<リニューアルポイント>
  • 加工から組立を一貫して行う製造業のシステム構築ノウハウを、テンプレートとして新たに集約・最適化。
  • 原価計算、品質管理を中心に、“今”求められている先進的業務機能を新たにテンプレート化。
  • システム基盤を最新テクノロジーで刷新し、システム導入の生産性・柔軟性を飛躍的に向上。
atWill Template製品ページ: http://www.scsk.jp/sp/awt/
3. 「atWill Template」の主な特長

(1) 企業レベルで品質状況を見える化し、品質改善をサポート
生産活動で発生する品質情報を一元管理し、タイムリーな共有と改善に向けた情報を速やかに提供します。
ISO9001/IATF16949/GMP/FSMSの要求事項に準拠し、KPIを基準とした品質状況の見える化が可能です。

(2) 正確な原価把握を実現し、工場の収益改善をサポート
正確な原価把握による原価低減活動、標準原価を活用したコスト計画立案を強力にサポートします。直接費の直課、きめ細かい配賦パターンによる間接費配賦により、実態に合った原価算出が可能となっています。
標準原価を用いた予算シミュレーションや、副産物・連産品の原価管理も可能です。

(3) 必要な業務領域だけ使いたいニーズに対応
お客様の要求するシステム化範囲に合った業務システムを実現します。
特定の業務領域のみ必要に応じて部分導入、企業の成長や事業の変化に合わせた段階的導入が可能です。

4. 今後の展開

ものづくりのトレンドに着目し、お客様のニーズを踏まえたさらなる生産領域業務のテンプレート拡充や、IoT技術を利用した製造現場の実績を活用するソリューションの開発・提供を行ってまいります。

5. 価格
提供形態 :クラウドサービス/オンプレミス
月額利用料 :¥390,000~ ※カスタマイズなし、クラウドサービス利用時の価格です。
本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

SCSK株式会社
製造システム事業本部 製造システム第二部 第三課
atWill Template担当
TEL:03-5166-2307
E-mail:atWill_Template-info@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】

SCSK株式会社
広報部 西広
TEL:03-5166-1150

  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。