プレスリリース(2017年)

pdf (173KB)
2017.03.14(火)
SCSK株式会社
リゾートトラストグループがグループ会計システムとしてSCSKのProActive E²を採用
~ 企業規模の拡大や将来の環境変化に対応できるERPシステムを構築
安定稼働を実現し、システム管理工数を月間20時間削減 ~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:谷原 徹、以下 SCSK)は、リゾートトラスト株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:伊藤 勝康、以下 リゾートトラスト)を含む、リゾートトラストグループのグループ会計システムとしてSCSKのERPパッケージ「ProActive E²」が採用され、本格稼働したことをお知らせします。

なお、本システムの稼働により、月次決算におけるシステム部門への問い合わせやトラブル対応がほぼ無くなり、旧システムと比較し、月間15~20時間、ERPシステムの運用工数の削減を実現しています。

1.背景

会員権事業を核に、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業、メディカル事業、シニアライフ事業、ビューティ事業など、幅広い領域で事業を展開する「総合リゾート企業グループ」であるリゾートトラストグループでは、旧グループ会計システムの保守サポートの期限切れに伴い、以下の課題を解決するため、新システムへの移行を検討していました。

【旧システムの課題】

  • 多くのカスタマイズを実施しており、バージョンアップが困難
  • システム利用環境の制約により、企業規模の拡大による利用者増へ対応できない
  • 支払管理システムをアドオン開発したが、品質面の課題が多く、システム運用負荷が増大
2.新システムの選定ポイント

SCSKは、リゾートトラストの上記課題を踏まえ、「ProActive E²」による新システムを提案し、以下の点が評価され、採用されました。

  • 新システムに求められる要件に対する適合率が、検討システムの中で、最も高かったこと
  • 各社製品のTCO(Total Cost of Ownership)を比較し、最も投資対効果が高いシステムであったこと
  • 多拠点で分散入力を行うため、経理の専門知識がなくても、ミス無く入力できるシステムであったこと
  • SCSKの業務理解力と提案力が高く、長く付き合っていける、信頼できる企業と判断したこと
3.導入後の効果

リゾートトラストの新グループシステムは、2016年9月に本番稼働を迎えました。 新システム稼働から5ヶ月が経過し、以下の導入効果が得られています。

  • システムが安定しており、問い合わせがほぼ無くなり、ERPシステム運用工数を月間15~20時間削減
  • 会計システムのIFRS対応が実現され、最新の会計基準に対応したシステムを実現できたこと
  • 支払管理業務をProActiveで実現したことで、安定したシステム運用と業務の効率化の実現
リゾートトラスト様のコメント

「ProActive E²」の本番稼働により、当社のシステム導入目的である「企業規模の拡大にも対応できる拡張性の高いシステムの実現」、「業務効率の改善」に向けた、新たな会計システムを構築することができました。

稼働から5ヶ月が経過し、現時点で、すでに旧システムと同水準の日数で月次決算を実現できており、今後「ProActive E²」の習熟度が高まることで、さらなる業務効率の向上が実現できると期待しています。またシステムの品質が高く、安定しているため、信頼性の高いシステムが構築できたことが、安心感につながっています。安定した品質のシステムにより、月間20時間程度のシステム運用工数が削減でき、空いた時間を他の社内システム運用支援に充てるなど、システム運用要員の負荷分散も実現できました。SCSKには、高品質なシステムの提供はもちろん、今後もユーザニーズを踏まえた継続的な機能強化と手厚いサポートに期待しています。

リゾートトラスト株式会社

情報システム部 システム運用課
課長 三津谷 辰博

会社概要
社名 リゾートトラスト株式会社
創業 1973年4月
売上高 1,422億49百万円(2016年3月期連結)
従業員数 5,931名(2016年3月末連結)
事業内容 会員権事業、ホテルレストラン等事業、ゴルフ事業、メディカル事業、その他の事業
本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】

SCSK株式会社 ProActive事業本部

TEL 東京:03-6772-9610 名古屋:052-209-7007
大阪:06-6833-2618 福岡:092-472-5800

【報道関係お問い合わせ先】

SCSK株式会社
広報部 西広
TEL:03-5166-1150

  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。