プレスリリース(2017年)

pdf (175KB)
2017.01.16(月)
SCSK株式会社
「SAP S/4HANA®」向けサービス「Add-Value」を「Microsoft Azure」上で提供開始
~構築期間短縮とセキュリティ・拡張性向上を実現~

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:谷原 徹、以下SCSK)は、SAPの最新ERP製品「SAP S/4HANA®」導入テンプレートとその関連サービス「Add-Value(アドバリュー)」シリーズを、日本マイクロソフトのパブリッククラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で1月16日から提供開始しました。これによりお客様のITインフラに関わるコストの低減、環境構築期間の短縮、セキュリティや拡張性・柔軟性の向上に大きく寄与します。

1.背景

グローバル化が進み経営環境が変化する中、企業には迅速な業務プロセスの変革が求められており、ITインフラについても低コスト、柔軟性だけではなく、俊敏性が必要となっています。このようなITインフラへの要請に対し、企業の基幹業務領域においてもクラウド対応のニーズが一層高くなっています。このたび、日本マイクロソフトによる、最大32コアCPU、0.5TBメモリを搭載した仮想マシン「Gシリーズ」のMicrosoft Azure東日本リージョンでの提供開始によって、SAP HANA®ワークロードを国内データセンターから利用可能になりました。これにあわせ、SCSKも、いち早く「G シリーズ」におけるSAP S/4HANA、および当社SAP関連サービスの稼働検証を行い、その優位性を大いに活用したサービスを提供する準備を整えました。これにより、お客様のTCO(Total Cost of Ownership:総保有コスト)削減とROI(Return On Investment:投資利益率)の最大化に寄与できるものと考えております。

SCSKは、マイクロソフト認定パートナー(Goldコンピテンシー)であり、ハイブリッドクラウド戦略強化のため、Microsoft Azureを、当社のクラウドサービス「USiZE」のサービスラインアップに追加し、2015年より「USiZEパブリッククラウドモデル(Microsoft Azure)」を提供しております。

Microsoft Azureの多様なサービスメニューを、多くのクラウド環境構築を手がけてきたSCSKのノウハウでサポートし、多くの企業に安心してクラウドサービスをご利用いただいております。

2.サービスの概要と特徴

SCSKが提供するSAP S/4HANA導入テンプレートと関連サービス「Add-Value」シリーズは、下記の通りです。

(1)導入テンプレートについて

①「Add-Value for Accounting」
「SAP S/4HANA」を前提とした実績豊富な会計ソリューション

「Add-Value for Accounting」は、一般会計、債権管理、債務管理を対象にしており、SCSKの豊富な実績・ノウハウをもとに、日本企業の会計業務に必要な主要機能(手形管理、各種自動消込など)をあらかじめ実装したソリューションです。
http://www.scsk-erp.jp/addvalue_accounting 新規ウィンドウ

②「Add-Value for Manufacturing」
組立/プロセス製造業向け業務領域を広範にわたってカバー

「Add-Value for Manufacturing」は、組立/プロセス製造業で必要となる販売、購買、生産、財務会計、管理会計などの多岐にわたる業務をカバーするトータル・ソリューションです。
http://www.scsk-erp.jp/addvalue_manufacturing 新規ウィンドウ

③「Add-Value for 手形管理」
手形管理から電子記録債権まで対応のAdd-Onソリューション

「Add-Value for 手形管理」は、手形管理に必要な計上から決済までの機能に加え、「でんさいネット」対応機能を兼ね備えたAdd-Onをあらかじめ実装したソリューションです。
http://www.scsk-erp.jp/addvalue_tegata 新規ウィンドウ

(2)関連サービスについて

「SAP S/4HANA」の導入やマイグレーションを支援する各種サービスを順次提供します。その第一弾として、「SAP S/4HANA」を使って、自社業務との簡易適合性検証を可能にするPOC(Proof of concept:コンセプト検証)サービスを提供開始します。当サービスを利用いただくことで、上述の各種テンプレートとクラウド環境を活用して早期に検証を実施することができます。また、これにより「SAP S/4HANA」導入プロジェクトにおけるリスクを事前に軽減することができます。
3.提供開始日

2017年1月16日

USiZE(ユーサイズ)について

SCSKの豊富なSI経験やノウハウをベースに、お客様のIT基盤最適化を実現するクラウドサービスです。

①業務特性を考慮し、複数のクラウドモデルを適材適所にデザインします
②システムライフサイクルにおける全てのフェーズをサポートします
③クラウドの特長を活かした高信頼アウトソーシングを提供します

USiZE Webサイト:http://www.scsk.jp/sp/usize/ 新規ウィンドウ

USiZEパブリックモデル(Microsoft Azure)について

企業の業務システムに多くの導入実績があるMicrosoft Azureを、より便利にご利用いただくためのサービスです。Microsoft Azureを活用したシステム構築をご相談や導入、監視運用まで、一括でサポートします。
従量型リソースサービス、利用に関する技術的なお問い合わせへのサポートサービスのほか、日本円での請求書発行により、事務業務の負担を軽減します。
また、Microsoft Azureの多数のノウハウを有するエンジニアによるハイブリッドクラウドに関するコンサルティングから、アプリケーションを含めたインテグレーション、お客様とMicrosoft Azure環境の閉域ネットワーク、監視運用サービスをご提供します。

Microsoft Partner

本件に関する日本マイクロソフトからの発表につきましてはこちらをご覧ください。

http://news.microsoft.com/ja-jp/2017/01/16/170116-azure-dc/ 新規ウィンドウ

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
AMO第二事業本部 鈴木、増田
E-mail:sap-info@ml.scsk.jp

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 牧野
TEL:03-5166-1150

  • ※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
  • ※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。