プレスリリース(2016年)

pdf (148KB)
2016.05.25(水)
SCSK株式会社
「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」の
「Specialization」パートナー認定を取得

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長:谷原 徹、以下SCSK)は、2016年5月9日、オラクルのパートナー認定制度の一つである「Specialization」において、オラクルが提供するクラウド・マーケティング・オートメーションである「Oracle Marketing Automation(Oracle Eloqua)」の「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization」を取得しました。

SCSKは、デジタル・マーケティング分野の取り組みを強化しており、特にマーケティングオートメーションの分野には力を入れて取り組んでいます。その中で、「Oracle Marketing Automation」の導入サービスを2015年から開始し、複数のお客様にご採用いただいています。

こういった同クラウド・マーケティング・オートメーションの構築運用に関する高い技術力と導入実績を、このたびオラクルに高く評価していただき、「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization」認定を取得しました。

今回の取得により、国内で「Oracle Marketing Automation」と「Oracle Service Cloud」の2種類の「Specialization」を取得している唯一のSIerとなりました。

SCSKは、コンサルティングからインプリメンテーション、WebサイトやCRMなど関連システムと連携するためのインテグレーション、運用支援までをワンストップで提供することが可能であり、カスタマー・エクスペリエンス領域におけるお客様の課題解決に向けて総合的に貢献してまいります。

※「Specialization」認定パートナー一覧
http://www.oracle.com/partners/ja/most-popular-resources/specialized-partners-japan-304133-ja.html 新規ウィンドウ

1.「Oracle Marketing Automation」について

「Oracle Marketing Automation」は、世界40カ国、1800社以上の導入実績を持つクラウド・マーケティング・オートメーションです。複数のスコアリングモデルを設定できるスコアリングの柔軟性や、多数の分析・レポーティングのテンプレートを備えていることなどから、マーケティング活動を行うための強力なプラットフォームとして、グローバルビジネスを展開する企業を中心に採用されています。

2.「Oracle Marketing Automation」の「Specialization」認定とは

「Specialization」認定とは、オラクルの製品・サービスを提供するパートナー企業向けに、対象分野における高い技術力と実績をオラクルが公式に認定する全世界共通の認定制度です。

「Oracle Marketing Automation」の「Specialization」認定を取得するには、「Oracle Marketing Automation」においてスペシャリストの保有数やお客様からの推薦、ビジネス実績といった厳しい基準を満たす必要があります。

「Oracle Marketing Automation」の「Specialization」認定取得により、オラクルとの連携を一層強化し、お客様のWebビジネスの実現を支援していきます。

3.今後の展開について

消費者の行動や購入プロセスが複雑化し大きく変化する中、デジタル・マーケティングを活用した販売促進に課題を抱える企業は増加しています。

このような課題に対し、SCSKでは、Webコンサルティングから開発・運用までのフルラインサービスを「WEBSAS(ウェブサス)」というブランドで提供しています。

「WEBSAS」のラインナップに新たに「Oracle Marketing Automation」を加えることで、デジタル・マーケティング分野での提供ソリューションを強化し、今後グローバル展開を進める日本企業のマーケティングの仕組みづくりに貢献します。

4.日本オラクル株式会社様からのエンドースメント

日本オラクルはSCSKが「Oracle Eloqua and Oracle Content Marketing Cloud Service Specialization」を取得したことを歓迎いたします。

企業は、製品・サービスを購買、利用するという一連のプロセスにおけるカスタマー・エクスペリエンスの向上に取り組んでいます。SCSKが「Oracle Marketing Automation」 による効率的かつ精度の高いマーケティング活動を支援するだけでなく、既に実績のあるカスタマー・サポートを支援する「Oracle Service Cloud」と組み合わせ、お客様のイノベーションをカスタマー・エクスペリエンスとして包括的に支援されると確信しています。

日本オラクル株式会社
副社長執行役員
アライアンス事業統括
椎木 茂

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
流通システム事業部門 流通システム第一事業本部 サービスシステム部
Oracle Marketing Automation 担当
TEL:03-5166-2566
E-mail:websas-all@ml.scsk.jp
※2016年6月27日:お問い合わせ先のメールアドレスを websas-all@ml.scsk.jp に変更いたしました。

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 西広
TEL:03-5166-1150

※掲載されている製品名、会社名、サービス名はすべて各社の商標または登録商標です。

※OracleとJavaは、Oracle Corporation 及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。