プレスリリース(2014年)

pdf (110KB)
2014.04.21(月)
SCSK株式会社
SAPソリューションをお客様に安心して活用いただくために、
SAP社ホスティングサービス/クラウドサービスの認定を取得

SCSK株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役会長 兼 CEO:中井戸 信英、以下SCSK)は、SAP AG(本社:ドイツ、ワルドルフ、共同CEO:ビル・マクダーモット、ジム・ハガマン・スナーベ、以下SAP)より、「Hosting Services」および「Cloud Services」の認定を取得したことをお知らせします。

このたび取得した「SAP Certified in Hosting Services」および「SAP Certified in Cloud Services」は、サービスのセキュリティレベル、運用に関するマネジメントレベル、基盤設備の堅牢性、クラウドサービスの柔軟性、サポート体制など、SAPが設定した品質基準をクリアしたサービスプロバイダを認定する制度です。SCSKは、同制度の審査に合格、2014年4月21日付で認定を取得しました。

昨今、企業情報システムの基盤としてクラウドサービスの利活用が進んでおり、SCSKのクラウドサービス「USiZE」もすでに310社を超えるお客様にご利用いただいています。また、多くの企業に基幹業務の中核を担うシステムとして支持されている「SAP® Business Suite」を「USiZE」上で利用することにより、初期投資・運用コストを抑えながら、高いセキュリティと品質を確保し、システム移行が可能となります。これらのメリットを評価いただき、「USiZE」上で「SAP Business Suite」を利用されるお客様はすでに10社となっています。

これらのノウハウを元に、SCSKではデータ移行からインフラ運用、そしてアプリケーション運用※1までを「USiZE for SAP Business Suite」として展開し、5年間で売上累計100億円を目指します。

SCSKは今後もSAPとクラウド分野でのビジネスを拡大し、クラウド事業者としてこれまで培ってきた技術を生かし、「USiZE」上で安心・安全のSAPソリューションを提供してまいります。

※1 従来のクラウド運用現場では、問題発生時に原因特定の時間を要し、初動の遅れにより業務やサービスに影響が生じる場合があります。問題対応の初動を加速させるために、SCSKではアプリケーション運用もあわせて提供することにより、アプリケーションとインフラ双方のサポートを実現しています。これにより、問題対応の依頼先が1本に絞られ、迅速な対応が可能となります。

≪エンドースメント≫

SAPジャパン株式会社はこのたびSCSK様がSAP認定ホスティングサービスプロバイダおよび同クラウドサービスプロバイダとなられたことを歓迎いたします。
SCSK様のSAP製品に関する実績と技術力に裏打ちされた取り組みが、クラウド分野におけるSAP® ERPの訴求と市場牽引をさらに加速させるものと確信しております。今後もパートナーシップ連携を拡大しながら、SAPビジネスをさらに推進していくことを期待いたします。

SAPジャパン株式会社
バイスプレジデント
エコシステム&チャネル統括本部
統括本部長
反町 浩一郎様

本件に関するお問い合わせ先

【製品・サービスに関するお問い合わせ先】
SCSK株式会社
基盤インテグレーション事業本部
ソリューション営業部 平、森川
TEL:03-5498-5643

【報道関係お問い合わせ先】
SCSK株式会社
広報部 西広
TEL:03-5166-1150

※SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。