イベント・セミナー
(2018年)
2018.10.24(水)

製造現場向けお役立ちセミナー
先進事例に学ぶ現場改善のさらなる一手
~村田製作所での生産性向上と、AI・IoT・シミュレーションの最適な活用法~

製造現場では、重要である生産性・品質・安全に加えて、昨今の人手不足を背景とした現場力維持が喫緊の課題であり、加えて競争力強化・品質強化に向けた更なる現場改善が求められています。

本セミナーでは、村田製作所様での実際の取り組み事例を始め、これらの課題に対峙した、製造現場のお取組みとITの側面からのご支援事例をご紹介いたします。

開催案内

主催 SCSK株式会社
日時 2018年10月24日(水) 15:30~17:45 (受付開始 15:00~)
会場 SCSK株式会社 西日本北浜オフィス アクセス
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル13F
定員 50名
対象
  • 工場責任者、製造責任者及び
  • 生産管理部門責任者
  • 生産技術責任者、工場のIT責任者
  • 各現場推進担当者
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 15:30~15:35

    ご挨拶

  • 15:35~16:05

    「データ取得の壁」を乗り越え実現する、製造現場の可視化

    ウイングアーク1st株式会社
    
    製造業においては現場で刻々と発生するデータを最大限活用し、生産性を高めることが求められています。しかしながら、データを取得する仕組みがない、データが正確でないなど、壁が存在するケースが多々あります。そのような状況においてどのように可視化を実現するか、具体例をご紹介します。
  • 16:05~16:35

    村田製作所様のものづくりノウハウが詰まった 生産性向上ソリューション「m-FLIP」事例紹介

    SCSK株式会社
    労動人口の減少に伴い製造現場での生産性向上は重要課題となっております。村田製作所様が社内で10年以上利用実績があるソフトウェアをベースにした、工場内の設備稼動データ収集から設備の非稼動要因を見える化するソリューションです。他にはない本ソリューションの特徴を事例とともにご紹介します。
  • 16:35~16:45

    休憩

  • 16:45~17:15

    製造業様向け予兆保全・品質管理ソリューション、Falkonryのご紹介

    SCSK株式会社
    AI(機械学習・ディープラーニング)の活用が製造業でも注目されています。Falkonryは時系列のセンサーデータから、ほぼ自動で学習モデルを作成し、設備故障や品質低下の予兆を感知することができます。
  • 17:15~17:45

    工場系システム向けセキュリティ対策ソリューションのご紹介

    SCSK株式会社
    
    IoTの普及に伴いオフライン環境で利用されていた工場系システムがインターネットに接続する時代となり、サイバー攻撃に狙われる事例も増加しています。本セッションでは、想定されるサイバー攻撃から、どのように工場系システムを守るか、実践いただきたいセキュリティ対策をご紹介します。
  •  

    アンケート記入、質疑応答

※ 予告なくイベント・セミナーのタイトル、内容などが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品・サービス名、会社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 本セミナーの対象とならない方、同業他社の方はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
セミナー事務局 ( 担当: 平田 )
E-MAIL:nishieisui-seminar@ml.scsk.jp