イベント・セミナー(2018年)
2018.07.19(木)

EV/FCV化に向けた 電池開発CAEソリューションセミナー

このたび、「EV/FCV化に向けた 電池開発CAEソリューションセミナー」と題しまして、燃料電池・二次電池などの電池開発に関する製品、コンポーネント、材料メーカー様を対象としたCAEセミナーを下記のとおり開催する運びとなりました。

本セミナーでは、車輌システムモデリング・シミュレーション「IGNITE」、仮想材料ラボラトリー「GeoDict」、設計空間探索・最適化プラットフォーム「pSeven」 の各ソリューションの製品概要と活用事例をご紹介致します。

ミクロ領域からマクロ視点のシステムシミュレーションまで、電池開発プロセスの開発効率化に役立つソリューションをご提案致します。

ユーザー様は勿論のこと、製品導入をご検討中のお客様にもご興味いただける内容です。
是非この機会にご参加頂き、今後の業務にお役立て下さい。

開催案内

主催 SCSK株式会社
日時 2018年7月19日(木) 13:30~17:00(予定) (受付開始 13:00 )
会場 大手町ファーストスクエアカンファレンス アクセス
東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー
定員 50名
対象 燃料電池・二次電池などの電池開発に関する製品、コンポーネント、材料メーカーの研究開発部門の方
参加費 無料(事前申し込み)

プログラム

  • 13:30~13:45

    開会挨拶

  • 13:45~14:15

    1. ハイブリッド電気自動車の燃費向上に向けた制御最適化

    ハイブリッド車輌の燃費向上のためには、バッテリー充電/発電の制御が重要です。
    本事例では、ハイブリッド車輌のMBDモデルを用い、モード走行時の燃費最適化に取り組んだ事例をご紹介致します。
  • 14:15~14:45

    2. リチウムイオンバッテリーの熱マネジメント検討における車輌 MBD

    ハイブリッド、電気自動車のバッテリーシステムには、性能、安全性の面から高度な温度制御が求められます。本事例では、エンジン、冷却システム、廃熱回収を含めた車輌全体の熱マネジメントにMBDを適用した事例をご紹介致します。
  • 14:45~15:00

    休憩

  • 15:00~15:30

    3. PEM型燃料電池におけるマイクロポーラス層付きガス拡散層の実構造再現

    燃料電池では、高いガス拡散率・排水性が求められます。
    燃料電池における異なるスケール(ナノ/ミクロ)であるマイクロポーラス層とガス拡散層の仮想構造物の再現手法及び、その構造体を用いた電池特性の計算事例をご紹介致します。
  • 15:30~16:00

    4. 構造検討による高容量・高出力な二次電池実現に向けたGeoDict活用事例

    昨今のリチウムイオン電池には、コスト削減・高エネルギー密度が求められます。
    本セッションでは、充放電特性の計算を行うリチウムイオン電池用モジュールBatteryDictの製品概要に加え、最適な二次電池開発にむけて電圧分布/リチウムイオン濃度分布などの電池特性を計算し電極構造を検討した事例をご紹介致します。
  • 16:00~16:45

    5. 最新データ分析・最適化ソリューション「pSeven」によるCAE/実験データの最大活用

    pSevenは、独自の機械学習アルゴリズムを用いてCAEや実験データから予測モデルを作成するソリューションです。
    本セッションでは、IGNITEやGeoDictなどのCAEソフトウエアと、pSevenによるデータ分析や最適化手法を組み合わせ、研究開発に活用する方法についてご紹介致します。
  • 16:45~17:00

    閉会挨拶

※ 予告なくイベント・セミナーのタイトル、内容などが変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品・サービス名、会社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 同業他社の方はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション第二部
EV/FCV化に向けた 電池開発CAEソリューションセミナー 事務局
TEL:03-5859-3012
E-MAIL:rs-sales@ml.scsk.jp