イベント・セミナー(2016年)

2016.12.02(金) 開催終了
サイバーセキュリティソリューションセミナー2016
~未知の攻撃から組織を守る最新のセキュリティ対策とは~

サイバー犯罪は日々高度化し、深刻な情報漏えい事故・事件を引き起こしています。企業/組織に求められるセキュリティ対策はますます重要な経営課題の一つとなっている一方で、「何から手をつけたら良いのかわからない」「数ある製品の中から、どれが自社に最適なのかわからない」といった声も多く聞かれます。
そこで本セミナーでは、セキュリティのスペシャリストをお迎えし、日本におけるサイバー脅威の最新動向やパロアルトネットワークス社製品およびA10ネットワークス社製品で実現するセキュリティ対策について、事例等をふまえ、わかりやすく解説いたします。

皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

開催案内

主催 SCSK株式会社
協賛 パロアルトネットワークス株式会社、A10ネットワークス株式会社
日時 2016年12月2日(金) 13:30~16:40 (受付開始 13:00~)
会場 SCSK株式会社 豊洲フロント14階 14C
〒135-8110 東京都江東区豊洲3-2-20(豊洲フロント)
定員 50名
対象 エンドユーザ様
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 13:30~13:40

    開会

  • 13:40~14:30

    <第1部>基調講演
    脅威インテリジェンス情報から見るセキュリティ最新動向

    パロアルトネットワークス株式会社 Unit 42
    サイバースレットインテリジェンスアナリスト
    林 薫氏
    

    パロアルトネットワークス 脅威インテリジェンスチーム Unit 42の分析による、日本を狙ったばらまき型や標的型攻撃など、企業や組織が注意すべき脅威の最新動向についてご紹介いたします。

  • 14:30~15:20

    <第2部>
    トラフィックの傾向から考えるセキュリティ対策

    パロアルトネットワークス株式会社
    システムエンジニア
    中川 学彦氏

    ネットワークトラフィック調査の結果を深堀し、そこから見えてきた課題点をサイバー攻撃の流れに照らし合わせることで、実際に起きている脅威を可視化し、対処方法を解説します。

  • 15:20~15:30

    休憩

  • 15:30~16:20

    <第3部>
    SSL通信に隠れた脅威の可視化と防御

    A10ネットワークス株式会社 ビジネス開発本部
    ソリューションアーキテクト
    石塚 健太郎氏

    近年、SSL/TLS通信が多くのWebサイトで利用される一方で、悪意のある攻撃の隠ぺい手段にもなっています。その一方、多くの企業ではセキュリティ機器を用いたSSL/TLS通信の検査は行われていません。本講演では、SSL/TLS通信の可視化するSSLインサイトについて紹介します。このSSLインサイトをPalo Alto Networksの次世代FWと併用することで、高パフォーマンスを維持したままSSL/TLS通信のセキュリティ検査が可能になります。また、近年増大するDDoS攻撃に対する防御を行うソリューションについても紹介します。

  • 16:20~16:30

    <第4部>
    ネットワークトラフィック調査サービス

    SCSK株式会社 ネットワークセキュリティ部
    営業第四課
    釜井 新一

    SCSKにて実施しておりますPalo Alto Networks製品を利用したトラフィック調査サービスを御案内いたします。

  • 16:30~16:40

    質疑応答/閉会(別途、個別相談有り)

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ お申し込み多数の場合、誠に勝手ながら、先着順とさせて頂きます。
※ 受付完了後に受講票をメールさせて頂きます。
※ 受講の際には、受講票とお名刺をお持ちください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォームソリューション事業部門
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークセキュリティ部
TEL:03-5859-3037
E-MAIL:paloalto-info@ml.scsk.jp