イベント・セミナー(2016年)

2016.09.08(木) 開催終了
「Autodesk University Japan 2016」出展 
~ The Future of Making Things - 創造の未来
Autodesk University Japan 2016

「Autodesk University Japan 2016」は、製造、建築、土木、メディア&エンターテイメントなどの業界において、詳細を見据えながら業務に役立つ情報を「学び」、さらに参加者の方々が「交流」の場としてご活用いただけるカンファレンスです。セッションでは、オートデスク製品の最新テクノロジー動向のご紹介、イノベーションを推進されているお客様による事例、ソフトウェア操作のスキル向上のためのセッションを提供します。

SCSKブースでは、データ管理ソリューション Autodesk Vault と製造原価シミュレーション aPriori をご紹介します。

また、弊社エンジニアによるセッションE-3: Design Automation API による自動作図システムの構築(16:10~17:00) がございます。
是非、「Autodesk University Japan 2016」にご参加ください。

先着50名様(※)に招待券をお送りします。お申込みをお待ちしています。

※ 法人の方に限らせていただきます。

開催案内

主催 オートデスク株式会社
協賛 SCSK株式会社、他「Autodesk University Japan 2016 スポンサー各社」
日時 2016年9月8日(木) 9:50~19:00  (受付開始 9:00~)
会場 ザ・プリンスパークタワー東京
〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1

都営地下鉄・大江戸線「赤羽橋」駅(赤羽橋口)から徒歩約2分
都営地下鉄・三田線「芝公園」駅(A4出口)から徒歩約3分
都営地下鉄・浅草線/大江戸線「大門」駅(A6出口)から徒歩約9分
定員 一般 15,000円(税別)
※先着50名様にセミナー招待券をお送りします。是非、お申込みください。
※法人の方に限らせていただきます。
参加費 無料(事前登録制)

展示内容および見どころ

  • SCSKブース

    Autodesk Vault Professional

    SCSKが提供するAutodeskソリューション
    ・データ管理ソリューション Autodesk Vault のご紹介
    CAD を利用した設計が一般化し、さらなる設計の効率化・企業競争力強化が求められる中、設計データの効率的な管理はますます重要なテーマとなっています。
    Autodesk Vault の機能紹介に加え、SCSK が実際に手掛けた立上げ支援サービスをご紹介します。

    製造原価シミュレーション aPriori
    製品紹介ページ

    3次元CADデータから自動で製造工程を含む製造原価をシミュレーションします。
    世界中のものづくりのノウハウにより自動化を実現し、設計、調達、バリューエンジニアリングなど幅広くご活用頂いております。

  • ブレイクアウトセッション

    16:10~17:00
    E-3 【Forge】

    Design Automation API による自動作図システムの構築

    プラットフォームソリューション事業部門 製造エンジニアリング事業本部
    デザインソリューション部 第一課 シニアエンジニア
    阿部 大如

    当社で継続改善している AutoCAD自動設計の汎用モジュールについて、Forge Platform の Design Automation API を利用しクラウド利用可能な形式に修正しました。
    本セッションでは自動設計のメリット、勘所と既存のプラグインをどのようにクラウド利用可能な形式に改修したか手順をご紹介します。

  •  

    ※セッション一覧に関しては、「Autodesk University Japan 2016」のサイトをご確認ください。

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 同業の方のお申込については、ご遠慮頂く場合がございます。

本セミナーに関するお問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 
デザインソリューション部
Autodesk製品担当
TEL:03-5859-3006
E-MAIL:acad-team@ml.scsk.jp