イベント・セミナー(2016年)

2016.09.01(木) 開催終了
OSSユーザーのための勉強会 < OSS X Users Meeting > #15 TensorFlow

SCSK株式会社では、NPO法人トップエスイー教育センターの協賛の下、注目すべきオープンソースソフトウェア(OSS)を題材に、開発コミュニティの当事者とこれからOSSを学びたい人との交流・相互理解を通じて、共に見識を高めるための勉強会シリーズ「OSSユーザーのための勉強会 <OSS X Users Meeting>」を開催しております。

今回は、機械学習・ディープラーニング(Deep Learning)のライブラリ「 TensorFlow 」を題材に、その特長・アーキテクチャ・最新動向・今後の展望についてご紹介いたします。

また今回も、ユーザーからのご意見・ご要望を表明する場として、参加者によるライトニング・トーク(LT)の時間を設けています。
最新のOSS動向に触れるチャンスとして、お気軽にご参加ください。セッション終了後にはささやかな懇親の場を用意しております。

開催要領

主催 SCSK株式会社 R&Dセンター OSS戦略企画室
協賛 NPO法人トップエスイー教育センター
協力 国立情報学研究所(NII)GRACEセンター、Google Inc.
日時 2016年9月1日(木) 18:30~  (20:15終了予定、開場 18:00)
会場 国立情報学研究所 19階 1901-1903会議室
東京都千代田区一ツ橋2-1-2
東京メトロ半蔵門線/都営地下鉄三田線・新宿線「神保町」A9出口、
東京メトロ東西線「竹橋」1b出口 徒歩3~5分
定員 60名
参加費 無料

プログラム

  • 18:30~20:15

    1. 「TensorFlow 概要編」(仮題)
      Google Inc. クラウドデベロッパーアドボケイト 佐藤 一憲
    2. 「Jupyterで始めるTensorFlowプログラミング」
      Google Inc. Cloud Solutions Architect 中井 悦司
      【概要】
      TensorFlowを実際に使ってみたいというエンジニアの方を対象に、最小二乗法の簡単な例を用いて、TensorFlowのコードを書く手順をご紹介します。TensorFlowの実行環境には、Pythonを用いたデータ解析プラットフォームとして人気の高い、オープンソースのJupyterを使用します。
      また、MNISTデータセットに対して99%の正解率を実現する、CNN(畳み込みニューラルネットワーク)の実機デモをお見せいたします。
    3. Q&A、ディスカッション
      ~ 終了後 懇親会(参加無料)~
    4. 参加者によるライトニング・トーク(LT): 懇親会で実施

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社 
R&Dセンター OSS戦略企画室 
「OSSユーザーのための勉強会」事務局
TEL:03-5548-5580