イベント・セミナー(2016年)

2016.06.08(水) 開催終了
経営リスクであるサイバー攻撃への備え
~セキュリティー最新動向とその対策 第三弾~

企業を狙ったサイバー攻撃は増加傾向にあるうえ、攻撃の手法は巧妙化してきます。一方で、競争力をあげるためのIT投資と違い、セキュリティ投資は成果が見えにくい性質のため、経営層がリーダーシップをとって進めない限り、対応が後回しになってしまう現状があります。
今こそ、より即応性があり、統合化された、セキュリティ対策により、被害リスクを未然に防ぐことが重要です。情報分析型セキュリティ対策 「IBM® Security QRadar」は個別の機器のセキュリティ強化ではなく、企業システム全体を俯瞰して可視化することにより、経営リスクである新たな攻撃に対応する全く新しい手法を提供します。
当セミナーにおいて、昨年末 2015年12月28日に経済産業省より公表されました「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を基に、企業自らがサイバーセキュリティの対応強化の取り組みにお役に立てるサイバー攻撃の現状及びセキュリティ対策をご紹介いたします。

開催案内

主催 SCSK株式会社
協賛 日本アイ・ビー・エム株式会社
日時 2016年6月8日(水) 14:30~17:00 (受付開始 14:00~)
会場 SCSK株式会社 西日本 北浜オフィス セミナールーム (大阪証券取引所ビル13F)
〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-8-16
定員 30名
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 14:00~14:30

    開場/受付開始

  • 14:30~15:20

    サイバー攻撃の経営リスク

    日本アイ・ビー・エム株式会社

    最新のセキュリティ・イベントのレポートをベースに ご説明します。

  • 15:20~16:00

    SIEM(Security Information and Event Management)の目的・必要性について

    SCSK株式会社

    SIEM導入へ向けての考慮事項を ご説明します。

  • 16:00~16:10

    休憩

  • 16:10~16:50

    「QRadar」 × 「Lastline」高度サイバー攻撃対策のベストプラクティス

    SCSK株式会社

    企業の機密情報を狙うサイバー攻撃対策として、「未知のマルウェア早期検知」+「複数の関連イベントの相関分析」で “今、企業が備えるべきベストプラクティス”をご紹介します。

  • 16:50~

    質疑応答

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 同業他社様からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
セキュリティセミナー事務局 (担当: 寺嶋・深野 )
TEL:06-6223-8945
E-MAIL:nishieisui-seminar@ml.scsk.jp