イベント・セミナー(2016年)

2016.05.25(水) 開催終了
Autodesk/SCSKによる設計業務フローの未来
~夢あるエンジニアリング環境の創造を目指して~

40 年以上にわたり製造業・ものづくり支援を行ってきたSCSK と、世界的ソフトウェア『AutoCAD』を開発するオートデスク社が合同で、「Autodesk/SCSKによる設計業務フローの未来 ~夢あるエンジニアリング環境の創造を目指して~」と題したセミナーを開催します。

オートデスクの最新テクノロジー 「Fusion 360」
製品設計、製造サイクルの早い段階でさまざまな検討、検証を重ねることで、品質の作り込み、設計の最適化を可能にするデジタルプロトタイプを紹介します。

グローバル化が進む製造業において、さらなる競争優位に向けた企業価値の創出が必要になっています。変化する環境に柔軟に対応しながら、業務効率を向上させるために解決すべき課題は何か。をSCSKがご紹介します。

ご多忙とは存じますが、ご参加いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。

セミナー概要

主催 SCSK株式会社
協賛 オートデスク株式会社
日時 2016年5月25日(水) 14:30~17:00 
会場 オートデスク株式会社 本社セミナールーム
〒104-6024 東京都中央区晴海1-8-10 晴海アイランド トリトンスクエア オフィスタワーX 24F
定員 50名
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 14:30~14:50

    The Future of Making Things (ものづくりの未来)

    講師:オートデスク株式会社
    製造技術の革新から生まれる次世代設計手法/事例
    製品開発において様々な情報やデータがやり取りされる中、3Dデータの作成のみならず、部署間や社外とのやり取りに加え、開発状況の確認にも適切なツールを選択することで、製品開発全体のフローを劇的に向上することができます。また今後は解析やGenerative Designに加え、クラウドテクノロジーが設計フローに積極的に組み込まれることが予想される中、どんなことが可能になり、どんな場面で活用されるべきかを、実際の活用事例を元にご紹介いたします。
  • 14:50~15:30

    Fusion 360にみる、10年後の次世代3D CAD像

    講師:オートデスク株式会社
    3D CAD本来の機能や役割は、幅広い業界ですでにスタンダードとなりつつあります。今後は造型する機能だけではなく、包括的にものづくりを管理することで効率を最大限に高めてくれる3D CADが必要とされるでしょう。Fusion 360はプロダクト イノベーション プラットフォームという概念のもと、製品開発の全てを単一の プラットフォーム上で行うことを目標にしており、近い未来の製品開発フローに向けた、次世代の3D CAD象をご紹介いたします。
  • 15:30~15:45

    休憩

  • 15:45~16:45

    設計システムを活用した経営指標の改善

    講師:SCSK株式会社
    企業競争力強化のため、設計業務のスピードアップや、手戻り防止に関する需要が高まっています。
    本セッションではAutodesk SolutionをベースにしたSCSKの設計システム構築事例を交えながら、 利用法見直しやカスタマイズにて設計システムを強化し 経営指標を改善する際のポイントをご説明いたします。
  • 16:45~17:00

    製品情報、キャンペーン告知

    講師:SCSK株式会社

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 デザインソリューション部
Autodesk製品担当
TEL:03-5859-3006
E-MAIL:acad-team@ml.scsk.jp