イベント・セミナー(2016年)

2016.05.11(水)-2016.05.13(金) アフターレポート
「第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」出展

SCSKは、2016年5月11日(水)~13日(金)、東京ビッグサイトで開催された「第19回 組込みシステム開発技術展(ESEC)」 新規ウィンドウに出展しました。

組込みシステム開発技術展(ESEC)は、組込みシステム開発に必要なハードウェア・ソフトウェア・コンポーネントから開発環境までが一堂に出展する専門展です。会場では出展各社より、組込みシステム開発に求められている最先端テクノロジーにフォーカスした多種多様な展示や講演が行われました。

SCSKブースでは、2015年10月から提供開始した、AUTOSAR(オートザー)準拠の国産車載ベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW(クインズ ビーエスダブリュー)」およびその関連製品・サービスを、来場者の皆様にご紹介しました。

QINeS

開催期間中は、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

展示会概要

主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
日時 2016年5月11日(水)~5月13日(金) 10:00~18:00 <13日(金)は17:00まで> 
会場 東京ビッグサイト
東京都江東区有明3-11-1

展示内容

  • SCSKブース

    自動車の環境と安全への対応が求められている昨今、ECU(Electronic Control Unit:自動車制御用コンピュータ)に搭載するソフトウェアは年々高度化し、その開発規模は大幅に増大しています。こうした状況のなか、SCSKは、車載関連IT企業6社と戦略的業務提携を行い、効率的なECU開発を実現する国産BSW(Basic Software:ECUのOS、ドライバ、ミドルウェアにあたる部分)と、関連サービスのワンストップ提供を推進しています。

    SCSKブースでは、「国産BSWで始めるAUTOSAR」をテーマに、AUTOSAR準拠のベーシックソフトウェア製品「QINeS-BSW」と関連製品・サービスについてご紹介しました。また、ブース内で実施したミニセッションでは、「QINeS」のコンセプトやAUTOSARに準拠した開発手法についてご説明するとともに、SCSKが提供するAUTOSAR対応ワンストップサービスなどについて来場者の皆様にご紹介しました。

    会場の様子1会場の様子2

    会場の様子3会場の様子4

    会場の様子5会場の様子6

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

 

お問い合わせ先

SCSK株式会社
車載システム事業本部
QINeS事業企画部 鈴木
TEL:03-6772-9470
E-MAIL:qines-info@scsk.jp