イベント・セミナー(2016年)

2016.02.19(金) 開催終了
「つながるIoT時代のセキュリティ対策」セミナー
~狙われています。あなたの端末(PC&サーバ)は大丈夫ですか?~

企業で日々作成されるデータは、かつてない勢いで増え続け、ネットワークやスマートフォンの普及によって、より速くより広範囲に共有されています。その一方で、昨今の標的型攻撃や情報漏えい事件がクローズアップされる中、サイバーセキュリティーの重要性はますます高まり、未知の脅威をプロアクティブに防御する対策が求められています。
より巧妙化したサイバー攻撃に対応する為、インテリジェンスなナレッジによって未知の脅威を早期に発見・早期対処する必要があり、即応性のある統合化されたセキュリティ対策により、被害を未然に防ぐことが重要です。

当セミナーにおいて、情報システム部門や製造業における製造現場・工場、設計・技術部門に対してのキュリティ対策として、情報分析型セキュリティ対策、不正侵入防御対策、情報漏えい対策、脆弱性対策など、お客様のセキュリティ・リスク管理を包括的にご支援する製品、サービスを顧客事例を交えてご紹介いたします。

開催案内

主催 SCSK株式会社
協賛 日本アイ・ビー・エム株式会社、トレンドマイクロ株式会社 株式会社ディー・ディー・エス
日時 2016年2月19日(金) 13:30~17:00 (受付開始 13:00~)
会場 ミッドランドスクエア オフィスタワー5F 会議室A
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
定員 54名
対象 IT管理者様、セキュリティ担当者様
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 13:00~13:30

    開場/受付開始

  • 13:30~13:35

    ご挨拶

    SCSK株式会社 ITマネジメント事業部門 西日本ITマネジメント事業本部
    中部マネジメントサービス部 部長 向井 朋昭
  • 13:35~14:15

    「生体認証による情報漏えい対策」のご紹介

    ディー・ディー・エス株式会社
    業務改善と情報漏えい対策を同時に実現。煩雑なID・パスワード認証から皆様を開放し、同時になりすましによる情報漏洩被害を防止し、利便性を向上する多要素認証ソリューションについて顧客事例を交えてご紹介いたします。
  • 14:20~15:00

    「新たな脅威から“現場”を守る方法」のご紹介

    トレンドマイクロ株式会社
    サイバー攻撃等から企業を守るためには、OA環境のみならず、ネットワーク化・企業関連系が進むFA環境等の“現場”対策が重要となります。エンドポイント保護のウイルスバスターをはじめとする従来型の対策に加えホワイトリスト型による保護、そして通信の可視化を実現するセンサー(DeepDiscovery)とQRadarの活用による総合的な対策をご紹介いたします。
    詳しくはこちらをご参照ください。
    https://www.trendmicro.co.jp/jp/business/solutions/ics/#top新規ウィンドウ
    上記リンクはセミナーにてご紹介予定の制御系セキュリティ事故例となります。
  • 15:00~15:30

    休憩

  • 15:30~16:10

    「リアルタイム防御を実現する早期検知対策」のご紹介

    日本アイ・ビー・エム株式会社
    企業の機密情報を狙うサイバー攻撃対策として、組織内のセキュリティ脅威の実態をいち早く検知する 「IBM Security QRadar」の最新情報を活用事例を交えてご紹介します。
    また、内部漏洩対策では、データベースのリアルタイム監視ソリューション「IBM Guardium」をご紹介いたします。
  • 16:15~16:55

    「セキュリティインシデント発見対策の実際と実現のポイント」のご紹介

    SCSK株式会社
    SIEMを活用したサイバー攻撃に対しての早期発見と早期対処を支援する、社内SOC/CSIRTの体制構築・運用ポイントについて、顧客事例を交えてご紹介いたします。
  • 16:55~17:00

    質疑応答

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ 同業他社様からのお申し込みはお断りさせて頂く場合がございます。あらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
中部セキュリティセミナー事務局 (担当: 坂下 、鈴木)
TEL:052-209-7013
E-MAIL:chubu-itm-seminar@ml.scsk.jp