イベント・セミナー(2015年)

2015.10.15(木) アフターレポート
「EMC FORUM 2015」出展

SCSKは、2015年10月15日(木)、ザ・プリンスパークタワー東京で開催されたEMCジャパン株式会社主催「EMC FORUM 2015 「REDEFINE.NEXT」に出展しました。

EMC FORUM 2015 「REDEFINE.NEXT

「EMC FORUM」は、EMCジャパン株式会社による、業界の動向やクラウドの方向性、ユースケース、ディスカッションなどを満載した1日のイベントです。「EMC FORUM 2015」では、「REDEFINE.NEXT」をテーマに開催されました。

企業が競争優位を確立するためのITとビジネスの新定義、並びにそれを具現化するソリューションの提供を通して、お客様のビジネスの拡大を支援し、これからのITとビジネスをどう定義すべきか、さらにその定義を具現化するための方策を体感いただくため、展示やセッションが行われました。

SCSKからは、EMCストレージ/ファイルサーバ管理ツール/人工知能(AI)による監査ツールを活用した、技術支援サービスについてセッションを行うとともに、展示ブースでEMCストレージと組み合わせて提供する業務改善ソリューションについて来場者の皆様にご紹介しました。

当日は、たくさんのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

開催概要

主催 EMCジャパン株式会社
日時 2015年10月15日(木) 09:30~19:00  (受付開始 9:00~)
会場 ザ・プリンス パークタワー東京 B2F
東京都港区芝公園4-8-1

セッション

  • 16:25~17:05

    「EMCストレージ/ファイルサーバ管理ツール/人工知能(AI)による監査ツールを活用した、技術支援サービスについて」

    プラットフォームソリューション事業部門 ITエンジニアリング事業本部 ストレージネットワーク部 技術第一課
    北野 充晴、遠藤 秀喜

    『ファイルサーバ内のデータが無秩序に保存されている』、『Eメールの監査に人手がかかっている/そもそも監査ができていない』 このような、お客様が抱える課題について、SCSKは、改善に向けての技術支援サービスをご提供致します。
    本セッションでは、北野より「NEC NIASを利用する事により、ファイルサーバの見える化を図るとと共にファイルサーバのフォルダ権限の管理手法」について説明させて頂きました。続いて、遠藤より「EMAIL AUDITORにより、人工知能を利用してメール監査の効率化をはかることによりカルテルやインサイダー取引等の発生リスクを醸成段階から防止すること」をご紹介しました。

    SCSKはこれからも、さまざまなパートナー企業と協力し、お客様に価値あるソリューションをご提供してまいります。

    会場の様子 会場の様子
    SCSK株式会社
    ITエンジニアリング事業本部
    ストレージネットワーク部
    北野 充晴
    SCSK株式会社
    ITエンジニアリング事業本部
    ストレージネットワーク部
    遠藤 秀喜
    会場の様子 会場の様子
  • 展示ブース


    展示ブースでは、SCSKがEMCストレージと組み合わせて提供する業務改善ソリューションについて展示し、ご来場者の皆様にご紹介しました。

    会場の様子 会場の様子
    会場の様子

    SCSKならではの充実のラインナップで、多くの来場者の皆様より高い関心をお寄せいただきました。

  • 主な展示内容

    展示ブースでご紹介した主な展示内容は以下の通りです。

    EMCストレージと組合わせて提供する業務改善ソリューション
    • NIAS 「NEC Information Assessment System」 + EMC ISILON
      “ファイルサーバ肥大化対策ソリューション” の導入支援サービスのご紹介
    • Lit i View 「EMAIL AUDITOR」 + EMCストレージ製品
      “人口知能によるEMAIL監査ソフトの導入支援サービスのご紹介”

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


本イベントに関するお問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォーム事業部門 ITエンジニアリング事業本部 ストレージネットワーク部
立岩
TEL:03-5859-3023
E-MAIL:stnw-support@ml.scsk.jp