イベント・セミナー(2015年)

2015.08.21(金) 開催終了
標的型攻撃対策セミナー2015
~従来型サンドボックスソリューションの弱点を補う次世代型サンドボックスソリューション~

昨今、標的型攻撃の被害は増加の一途を辿っています。
このような標的型攻撃に対する有効な手段として各セキュリティベンダーから次々とサンドボックスソリューションが提案されてきておりますが、未知のマルウェアの検出に時間を要するという性格から、従来型ソリューションでは未知のマルウェアの社内への侵入を防ぐことができません。

SCSKでは、この従来型サンドボックスソリューションがもつ弱点を補う米国Fortinet社の最新のサンドボックスソリューションの国内での販売を開始しました。
「侵入した後に検知する」から「侵入する前に検知する」へ。
今回のセミナーでは、Fortinet社が提案する新たなサンドボックスソリューションにつき、事例を交えてご紹介します。

是非この機会に、Fortinet社製品のご理解を深めて頂き、今後の商談にお役立て頂ければ幸いです。
多くの皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げております。

定員に達したため、セミナーのお申込みは締め切らせていただきました。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。

開催案内

主催 SCSK株式会社
共催 フォーティネットジャパン株式会社
日時 2015年8月21日(金) 14:30~16:50 (受付開始 14:00~)
会場 SCSK株式会社 豊洲本社(豊洲フォレシア) セミナールーム03
〒135-0061 東京都江東区豊洲3-2-24(豊洲フォレシア)
定員 30名
対象 エンドユーザ様、IT管理者様、セキュリティ担当者様
参加費 無料(事前登録制)

プログラム

  • 14:00~14:30

    受付

  • 14:30~14:35

    開会

  • 14:35~14:55

    Fortinet製品ラインナップのご紹介

    SCSK株式会社

    同社のUTM、無線LAN製品、メールセキュリティアプライアンス、クラウドサービス等、Fortinet社が持つ包括的なセキュリティ・ソリューションと各製品・サービスの特徴についてご紹介致します。

  • 14:55~15:35

    未知のウィルスをブロック! 新コンセプトのサンドボックスを利用した標的型攻撃対策

    フォーティネットジャパン株式会社
    

    標的型攻撃から企業を守るには、運用まで考慮したセキュリティ機器の導入が重要です。 フォーティネット製品で実現する自動化された運用を、事例、競合製品比較を交えながらご紹介致します。

  • 15:35~15:50

    Coffee Break

  • 15:50~16:20

    Fortinet製品での標的型攻撃対策インサイダー

    フォーティネットジャパン株式会社

    Fortinet製品(FortiSandbox、FortiMail,FortiGate)での標的型攻撃対策ソリューションのご紹介及びその実演デモ、また標的型攻撃対策におけるテクニカルアップデートをご紹介致します。

  • 16:20~16:40

    SCSKによるFortiSandboxを使ったPOCのご提案

    SCSK株式会社
  • 16:40~16:50

    質疑応答

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。

※ お申し込み多数の場合、誠に勝手ながら、先着順とさせて頂きます。
※ 受付完了後に受講票をメールさせて頂きます。
※ 受講の際には、受講票とお名刺をお持ちください。

お問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォームソリューション事業部門
ITプロダクト&サービス事業本部
ネットワークセキュリティ部
TEL:03-5859-3038
E-MAIL:fortinet-info@ml.scsk.jp