イベント・セミナー(2015年)

2015.07.02(木) アフターレポート
ADVENTUREClusterユーザー会2015

2015年7月2日(木)、株式会社アライドエンジニアリングとSCSK株式会社の共催による「ADVENTUREClusterユーザー会2015」を開催しました。

ADVENTURECluster 新規ウィンドウ は、ADVENTUREプロジェクト(設計用大規模計算力学システム開発プロジェクト=日本学術振興会未来開拓推進事業)の成果をもとに、SCSKグループの株式会社アライドエンジニアリングが開発した大規模並列構造解析システムです。
7回目のユーザー会となる今回は、ユーザー様の先進的な活用事例をはじめ、開発元である株式会社アライドエンジニアリングからの最新バージョンの発表など、充実したトピックスを取りそろえてご紹介しました。

当日は、200名を超える多くのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

セミナー概要

主催 株式会社アライドエンジニアリング、SCSK株式会社
協賛 日本ヒューレット・パッカード株式会社
日時 2015年7月2日(木) 10:30~17:05  17:15~懇親会
会場 東京コンファレンスセンター・品川
〒108-0075 東京都港区港南 1-9-36 アレア品川 5F
対象 1. ADVENTUREClusterユーザー様
2. ADVENTUREClusterにご興味・ご検討いただいているお客様

プログラム内容

  • 10:30~10:35

    開会のご挨拶、将来展望

    株式会社アライドエンジニアリング
    取締役社長 石橋 清人

    開会に先立ち、株式会社アライドエンジニアリング 取締役社長 石橋より、開会のご挨拶とともに「ADVENTURECluster」の将来展望についてご説明しました。

  • 10:35~11:20

    基調講演
    「京スパコンを活用したCAE先端技術検証活動について」

    一般社団法人 日本自動車工業会
    電子情報委員会 次世代スパコン検証WG
    主査
    梅谷 浩之 様

    環境や安全の規制強化が進む中、より一層の開発期間の短縮や開発コスト低減の実現を目的とし、さまざまな条件で性能確認と安全対策のCAEに取り組んでいる自動車業界において、世界トップクラスの性能を持つスーパーコンピュータ「京」の産業利用の実現が期待されています。

    本ユーザー会の基調講演には、一般社団法人 日本自動車工業会の梅谷様にご登壇いただき、「京スパコンを活用したCAE先端技術検証活動について」と題し、ご講演いただきました。日本自動車工業会は、乗用車、トラック、バス、二輪車など国内において自動車を生産するメーカー14社によって構成され、個社では解決できない課題に取り組んでいる業界団体です。中でもデジタルエンジニアリング部会では、業界を超え、新たなデジタルエンジニアリング領域の基盤作りにもチャレンジされています。

    本講演では、10年後には各社が世界最高性能の「京スパコン」と同等のスーパーコンピュータを導入できると見込み、10年後のためのCAEを活用した先端技術検証の取り組みをご紹介いただくとともに、業界団体としてソフトウェア移植、運用改善など、産業界全体での京スパコンの利用推進に向けた活用動向など、さまざまな事例についてご講演いただきました。

  • 11:20~12:00

    ユーザー様事例発表1
    「建設機械の開発におけるADVENTURECluster活用事例」

    日立建機株式会社
    実験解析評価センタ
    主任技師
    星 暁生 様
    

    グローバルな市場で多様化するお客様のニーズに的確に応える製品を迅速に提供していくためには、設計段階でのシミュレーション技術の活用が必須となっています。また、近年の計算機性能の飛躍的な向上により、構造体の強度解析においては単体部品の強度解析からアセンブリでの解析となり、大規模で詳細なモデルでの検討が行われるようになっています。

    本セッションでは、日立建機株式会社様における建設機械の開発品質・開発効率向上の取り組みとして、事前評価CAEの精度向上と実験分析による早期現象解明についてご説明いただきました。また、建設機械用のアセンブリ部品に対するADVENTURECluster適用事例として、大型フレームの応力解析・固有値解析から、ピン連結による大規模接触解析事例、ベアリング取付ボルトの応力解析事例についてご紹介いただきました。

  • 12:00~12:50

    昼食(ランチセッション:10分)
    「SCSK新規取り扱い商権のご紹介 (GRANTA MI : 材料知識共有ソリューション)」

    SCSK株式会社
    製造エンジニアリング事業本部
    解析ソリューション部
    村上 敦

    英国Granta Design社製「GRANTA MI」は、CAE業務効率化のための「材料知識共有ソリューション」です。自動車・航空機の「研究開発から生産技術」にわたるシミュレーションプロセスにおいて、材料知識を一貫して共有できる仕組みを提供可能です。

    本セッションでは、SCSKが本年4月より販売開始した「GRANTA MI」の特長および具体的な活用方法をご紹介しました。あわせて任意のCAEフォーマットへのエクスポート例としてADVENTUREClusterとの連携についてご説明するとともに、CAE製品との連携で発揮される「GRANTA MI」の活用メリットをご紹介しました。

  • 12:50~13:30

    ユーザー様事例発表2
    「スズキにおけるADVENTUREClusterを用いた構造CAEの取り組み」

    スズキ株式会社
    開発・IT本部 技術支援部 CAE推進課
    専門職(課長代理)  強度・疲労解析技術
    小串 俊明 様

    自動車の燃費向上のため、自動車業界ではさらなる部品の軽量化が進められています。スズキ株式会社様では、衝突安全・強度信頼性など、性能と軽量化の両立を高い次元で達成するために試作車を作る前に構造CAEを活用されています。

    本セッションでは、こうしたデジタル技術を活用したスズキ株式会社様での車両開発のプロセスについて詳細にご説明いただきました。あわせて、自動車開発においてエンジンや金型などの大規模構造CAEに対しADVENTUREClusterを適用した事例についてもご紹介いただきました。

  • 13:30~14:10

    ユーザー様事例発表3
    「ADVENTURECluster活用によるバンパ型費低減の取り組み」

    トヨタ車体株式会社
    プレス化成生技部 第2化成技術室
    樹脂型設計グループ
    大橋 美紀 様
    内川 裕樹 様

    自動車用バンパ金型への投資を低減するために、金型の材料費、加工費、購入品費を削減することに主眼を置くのはもちろん、あわせて成形・塗装・車両組立工程までのすべてで要求される製品品質を達成する必要があります。

    トヨタ車体株式会社様からは、設計・製作工程におけるさまざまな課題に対し、設計品質・金型品質を確保しつつ、低コストをも実現した事例として、鋳物を最大活用した自動車用バンパ金型構造開発へのADVENTURECluster適用事例についてご紹介いただきました。

    トヨタ車体株式会社
    プレス化成生技部 第2化成技術室
    樹脂型設計グループ
    大橋 美紀 様
    トヨタ車体株式会社
    プレス化成生技部 第2化成技術室
    樹脂型設計グループ
    内川 裕樹 様
  • 14:25~15:05

    ユーザー様事例発表4
    「動解析を用いた二輪車転倒時のエンジン部品損傷評価技術の紹介」

    株式会社本田技術研究所 
    二輪R&Dセンター
    第二開発室 第一ブロック
    研究員
    小倉 久功 様

    株式会社本田技術研究所様からは、先進的な二輪車開発におけるADVENTURECluster解析事例についてご紹介いただきました。

    同社では、二輪車の停止時転倒におけるエンジン部品損傷評価技術を確立されました。本セッションでは、この損傷評価において、転倒挙動を機構解析により求め、構造解析についてはADVENTUREClusterの弾塑性を考慮した動解析を行う手法を活用することで、実用的な時間でかつ高い精度での予測をすることが可能となった点について、詳細に解説いただきました。

  • 15:05~15:20

    「HPのワークロード戦略と、CAEに最適な高密度実装HP Apolloシリーズのご紹介」

    日本ヒューレット・パッカード株式会社
    エンタープライズグループ事業統括
    HPサーバー製品統括本部 マーケティング本部
    岡村 清隆 様

    限りない性能向上が求められるHPC分野において、国内・海外での豊富な導入実績、省電力・省スペースサーバーの先行開発や用途に特化した他社にはない製品ラインアップなど、HPはテクノロジーにフォーカスし、スケールアウト、スケールアップ共に最高のパフォーマンスを提供しています。

    本セッションでは、HPのワークロード戦略についてご説明いただくとともに、HPがお勧めする最新製品として、CAEに最適な高密度実装の新世代サーバー「HP Applloシリーズ」をご紹介いただきました。

  • 15:35~16:15

    ADVENTURECluster最新トピックス

    SCSK株式会社
    製造エンジニアリング事業本部
    解析ソリューション部
    川勝 徹郎、今井 雅則

    本セッションでは、ADVENTURECluster最新トピックスとして、鋳造解析ソフトウェア「MAGMASOFT」との連携強化についてご説明するとともに、熱をテーマとした活用事例として、生産技術分野(金型、溶接、疲労)、製品開発分野(エンジン)での解析事例について、詳細にご紹介しました。

    また、新たなサポートサービスとして、Webブラウザから利用可能なQ&Aシステム「SOFTWARE PRODUCT SUPPORT SERVICE(SPSS)」をご紹介しました。

    製造エンジニアリング事業本部
    解析ソリューション部
    今井 雅則
    製造エンジニアリング事業本部
    解析ソリューション部
    川勝 徹郎
  • 16:15~17:00

    ADVENTURECluster「プレポスト、ソルバ最新バージョンの機能紹介」

    株式会社アライドエンジニアリング
    ADVC事業部
    大山 知信、大窪 敏裕

    本セッションでは、ADVENTUREClusterプレポストの新機能として「ADVENTURECluster Builder、Visual」の新機能についてご説明するとともに、ADVENTURECluster ソルバの新機能である形状最適化や薄板部品を解析対象とした計算速度のパフォーマンスアップ例を中心にご紹介しました。また、プレポスト、ソルバのそれぞれの今後の将来計画についてご説明しました。

    株式会社アライドエンジニアリング
    ADVC事業部 大窪 敏裕
    株式会社アライドエンジニアリング
    ADVC事業部 大山 知信
  • 17:00~17:05

    閉会のご挨拶

    SCSK株式会社
    執行役員
    プラットフォームソリューション事業部門
    製造エンジニアリング事業本部長
    上野 裕治

    本ユーザー会の閉会に際し、SCSK プラットフォーム事業部門 製造エンジニアリング事業本部長 上野より、閉会のご挨拶をいたしました。

  • 17:15~

    ユーザー懇親会


    来場者の皆様にお集まりいただき、懇親会を開催しました。

  • 展示スペース


    会場内の展示スペースでは、ADVENTURECluster関連ソリューションについて展示し、ご紹介しました。

※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


当社お問い合わせ先

SCSK株式会社
プラットフォームソリューション事業部門
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部
ADVENTUREClusterユーザー会事務局
E-MAIL:advc-sales@ml.scsk.jp