イベント・セミナー(2014年)

2014.10.02(木) 開催終了
次世代の教育を支える「IT基盤とライフログ」 
~ タブレットを用いた授業から学生のライフログとの認証連携まで ~

教育現場での先進的ICT 利活用への取り組みやクラウド環境の利用を通して得られた知見をもとに、研究と教育における利点や課題についてご紹介いたします。また、先進的ICT 利活用を下支えするネットワーク環境、認証の仕組み、さらに教学マネジメントの一助となる学生ライフログについてもご紹介させていただきます。

時節がらご多用とは存じますが、皆さまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催要領

主催 SCSK 株式会社、日立電線ネットワークス株式会社、ファルコンシステムコンサルティング株式会社
日時 2014年10月2日(木) 13:00~18:00 (18:30より懇親会を予定。無料)
 (受付開始 12:45~)
会場 アクロス福岡 会議室 608
福岡市中央区天神1丁目1番1号
定員 50名
対象 本セミナーは大学関係者向けのセミナーですので、SIer、メーカーの方々の参加はご遠慮願います。
参加費 無料

プログラム

  • 13:00~13:05

    主催者挨拶

    SCSK株式会社
  • 13:05~13:50

    ライフログと認証連携

    信州大学 総合情報センター
    副センター長 鈴木 彦文 様

    信州大学における情報基盤について、従来は遠隔地に分散するキャンパスにおいて、高速・高帯域な回線を有するいう特性を生かし、大学内にてプライベートクラウドを冗長構成するなどの対応を取ってきた。しかしながら、クラウドによる管理やシステムの複雑度が増大し、また、災害時におけるDR/BCP対応の煩雑さの増大を招いた。またその一方、大学に存在する様々なデータをそれぞれの担当者が個別に管理しているため、情報を有効に活用することができない。このようなことから大学内の ICTシステムの基盤を見直すのと同時に、ICTシステムの情報を集約するための試みとしてライフログの活用を考えている。本講演ではその取り組みついて述べる。

  • 13:50~14:20

    ライフログと見守り

    SCSK株式会社 吉田 柳太郎

    大学が、保護者に提供する情報は、時代とともに求められるものの内容が変化しております。また情報を保護者に効率よく提供するにはICTの活用が不可欠となっています。しかしながら、保護者に大学側でIDを発行し提供や運用管理していたのでは、管理コストは増加するばかり。このような問題の解決策を信州大学や自治体などで実証実験を行った結果から、ご報告しICT時代のスマホを活用したIDマネージメントのコスト削減を狙った仕組み、「IDフェデレーション機能」をご紹介しながら、保護者の皆様にも、比較的容易にご活用いただけるソリューションをご紹介いたします。

  • 14:20~15:05

    佐賀大学における講義自動収録配信システムの構築

    佐賀大学 全学教育機構 自然科学部門
    教授 堀 良彰 様

    佐賀大学では、全学共有自学自習システムのひとつとして、授業実施スケジュールに基づき自動で講義の様子を収録し、授業の受講者に対して配信する講義自動収録配信システムを構築したので報告する。本システムでは、36教室に設置したネットワークカメラを用いた映像と音声を収録機構と、2教室に設置した専用収録装置を統合し構築した。

  • 15:05~15:15

    休憩

  • 15:15~16:00

    九州大学の教育におけるクラウド型システムの利用

    九州大学 情報基盤研究開発センター
    准教授 伊東 栄典 様

    九州大学はプライベートクラウドを2012年度に導入し、教育研究に仮想マシンを試験的に用いている。2年の運用を経て、研究と教育に適用する利点と問題点が明確になった。必携PC(BYOD)とクラウドの講義利用についての知見や、研究用でのネットワーク的な課題を述べる。

  • 16:00~16:30

    これからの大学無線LAN のあり方
    ~認証システムの導入 ポイントとその事例~

    日立電線ネットワークス株式会社
    茂木 真美

    スマート&マルチデバイス時代を背景に、大学システムの利用ユーザー、利用端末は多様化しています。多くの大学は既に無線LANを導入済みですが、利用デバイスが増えていく中で運用管理には様々な課題を抱えています。本セミナーでは、教育現場に求められる無線LANの認証システムやアカウント管理方法、さらにeduroamを考慮した導入ポイントについて、実際の大学の導入事例を用いながら解説します。

  • 16:30~16:35

    休憩

  • 16:35~17:00

    ワンタイムパスワード認証のマルチテナント管理について

    ファルコンシステムコンサルティング株式会社
    山下 克美

    WisePoint AutehticatorはRADIUS対応のワンタイムパスワード認証サーバーです。新たにマルチテナント管理用の認証サーバー製品としてリリースする事になりました。 1つの認証サーバで複数のネットワークのテナント管理を行う事が出来ます。キャンパス毎に構築されているVPNやLDAPの環境を統合せずに、既存の環境で認証強化を図る事が出来ます。本セッションではマルチテナントの方式についてご紹介させて頂きます。

  • 17:00~17:45

    シングルサインオンを組み合わせた多要素認証方式の検討

    福岡大学 総合情報処理センター
    准教授 中國 真教 様

    シングルサインオンなどの利用者認証は利便性が高まる反面、パスワードの漏えいなどの事故により関連する情報システムの多くが危険にさらされる。対応策として多要素認証の導入が考えられるが、利用者への負担、管理コストの課題が残されている。これらの課題解決を試みる多要素認証方式の検討状況について報告する。

  • 17:45~18:00

    質疑応答

  • 18:30~

    懇親会(西鉄イン福岡 貸しホール/アクロス福岡正面)

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社
ITエンジニアリング事業本部
エンタープライズ第一部 営業五課
E-MAIL:mimamori-info@ml.scsk.jp