イベント・セミナー(2014年)

2014.07.25(金) 開催終了
鋳造/鍛造CAEセミナー2014(大阪開催)

5月20日開催の「生産技術CAEセミナー2014」が、大変好評に終わり、ご参加できなかったお客様から追加開催のお問合せを多数頂きました。
お客様のご要望を受け、名古屋・大阪での追加開催を決定致しました。是非、この機会にご参加ください。

ますます高まる品質向上やコスト低減の要求の中、ものづくりの根幹である生産技術分野での業務改善は大きな意味をもちます。

従来通りの熟練者の勘や経験に頼るのではなく成形プロセスにおける物理現象をコンピュータ上で再現する事でQCDの向上は当然の事、コミュニケーションツールとしても大きな効果が期待できます。

本セミナーは、SCSK株式会社において、長年に渡って培ってきましたCAE技術の経験、知見の集大成として鋳造・鍛造分野にフォーカスし、各CAEツールをご紹介させて頂きます。

ご多忙中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、お申込みいただきますようお願い申し上げます。

開催案内

主催 SCSK株式会社
日時 2014年07月25日(金) 13:00~16:20  (12:30 受付開始)
会場 SCSK株式会社 北浜オフィス 13F
大阪府大阪市中央区北浜1-8-16 大阪証券取引所ビル
定員 満席になり次第終了
対象 鋳造/鍛造CAEの導入を検討・予定されている方
鋳造/鍛造CAEへご興味のある方
参加費 無料

セミナー概要

A会場(鋳造)


  • ○セッション1:
    MAGMA5 v5.2  半凝固ダイカスト/MIM CAE概要

    鋳造プロセスシミュレーションのリーディングカンパニーであるMAGMAの最新版であるv5.2。
    ダイカストや砂型向けの最新機能から、近年注目を浴びている砂中子の充填・硬化シミュレーションなど最新トピックスをご紹介致します。また、半凝固ダイカスト/CAE「SIGMASOFT」もご紹介いたします。
  • ○セッション2:
    2014年リリース予定最新機能の紹介 ~鋳造における自動最適化~

    2014年度リリース v5.3に標準搭載を予定している、最新の機能「最適化」の紹介です。近年、CAEではロバスト設計が求められております。ここでは実際に最適化機能使用した事例をベースとし最適化機能の紹介を差し上げます。
    • 鋳造方案における自動最適化の考え方
    • 2014年リリース MAGMA v5.3に標準搭載される最適化機能の紹介
    • ロバストな鋳造方案を作成するためのDOE(実験計画法)
  • ○セッション3:
    鋳造シミュレーションの解析事例のご紹介

    下記キーワードにFocusしたワールドワイドの鋳造解析事例の紹介を致します。
    キーワード:『鋳造条件(鋳込み温度・形状)の最適化』『生産性の向上』『残留応力』
B会場(鍛造・塑性加工)


  • ○セッション1:
    FORGE概要(1) - 熱間鍛造

    熱間鍛造プロセスのシミュレーションにおけるFORGEの機能、特徴をご紹介致します。
    材料組織予測、自由鍛造などの事例もご紹介致します。
  • ○セッション2:
    FORGE概要(2) - 冷間鍛造

    冷間鍛造プロセスのシミュレーションにおけるFORGEの機能、特徴をご紹介致します。
    高精度な金型解析、絞り加工、スプリングバック予測などの事例もご紹介致します。
  • ○セッション3:
    鍛造シミュレーションの最新情報

    最先端の金属材料研究の成果が取り入れられいているFORGEの最新機能をご紹介致します。CATIAと連携した工具・金型計上の自動最適化機能、高周波加熱・浸炭などの熱処理機能の事例などもご紹介致します。

※ 予告なくセミナータイトル、プログラム内容が変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※ 記載されている製品/サービス名称、社名、ロゴマークなどは該当する各社の商標または登録商標です。


お問い合わせ先

SCSK株式会社
製造エンジニアリング事業本部 解析ソリューション部
〒135-8110 東京都江東区豊洲3-2-20 豊洲フロント
TEL:03-5859-3012
E-MAIL:magma-sales@ml.scsk.jp